購入オプション

Kindle 価格: ¥1,320

(税込)

獲得ポイント:
78ポイント (6%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

シェアする
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

[広瀬 友紀]のちいさい言語学者の冒険-子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

ちいさい言語学者の冒険-子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー) Kindle版

5つ星のうち4.4 95個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,320
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「これ食べたら死む?」どうして多くの子どもが同じような、大人だったらしない「間違い」をするのだろう?ことばを身につける最中の子どもが見せる数々の珍プレーは、私たちのアタマの中にあることばの秘密を知る絶好の手がかり。言語獲得の冒険に立ち向かう子どもは、ちいさい言語学者なのだ。かつてのあなたや私もそうだったように。 --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

広瀬/友紀
ニューヨーク市立大学にて言語学博士号(Ph.D.in Linguistics)を取得。電気通信大学を経て、東京大学大学院総合文化研究科准教授。研究分野は心理言語学・とくに言語処理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
--このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07H2SZP7N
  • 出版社 ‏ : ‎ 岩波書店 (2017/3/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/3/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 2787 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 126ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 95個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
95 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年5月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 感動、感動!冒険途中に、点が線でつながった!
2019年5月24日に日本でレビュー済み
日本語教師という仕事柄、そして4歳児の母として、気になってしょうがないトピック、「言い間違え」に、「どこで覚えてきたんだ?」という言い回し、それに「おかしな独自ルール」! この理由を解き明かそうと、日夜息子を観察しブログに書いてきたわけですが、あぁ、こんな研究をなさっている先輩ママさんがいらっしゃったとは! 

さて、「先輩ママ」と呼ぶのは恐れ多いほどの研究者である広瀬友紀さんは、東大の准教授であり、執筆当時7歳の息子さんをお持ちのお母さん。我が子の発言をじっくり観察しながら(そして楽しんで)、言い間違えが起こる理由をアカデミックな観点で解説くださっています。例えば「消せれる」「お出かけしれる」は、「可能=られる」を自分なりにルールした「過剰一般化」という現象であって、多くのお子さんが経験すること。私も、息子の「ジャンプすれる」「おやすみすれる」が、我が子だけかなと思っていたら、これは言語獲得のためのシナプスがつながりつつあるプロセスなんだなと「安心」しました。

そして、あるあると頷いたのが、「蚊に刺された」を「カニに刺された」との言い間違い。最近は、息子も「カニ」じゃないと強調したいのか、「蚊っていう虫に刺された」というようになり、あぁ、モニタリングの時期にいるのだなと感動しています。その感動の渦中にいること、むちゃくちゃ嬉しい!

広瀬さんの文章は、とても温かみがあって、ほのぼのとした漫画を読んでいるような感覚です。それでいて、言語学の知識の海にいつのまにかはまってしまっている。一気にファンになりました! そして、これからの息子の成長が楽しみになりました!
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2017年3月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
46人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年3月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年9月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年1月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年2月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年7月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
問題を報告

この商品には、不適切な内容が含まれていますか?
この商品は、著作権を侵害していると思いますか?
この商品には、品質または書式設定の問題が含まれていますか?