中古品
¥ 298
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

だれでもわかる地域通貨入門―未来をひらく希望のお金 単行本 – 2000/5

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 298
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1990年代後半、円やドルなどのように国際的に使われるお金は、国際金融市場の中で不安定な姿をさらけ出しました。混乱する世界経済の中で多くの国と人々が苦しんでいます。一方で、世界的文学者ミヒャエル・エンデが提起したお金に対する問いかけが多くの人々の共感を呼んでいます。このような時代の流れを背景に、最先端の経済学者から商店街のおじさん・おばさんたちまでが注目する新しいお金と人の関係が生まれ始めています。世界の2600ものコミュニティで試みられている「地域通貨」の実験がそれです。日本でもすでに各地で地域おこしのツールとして試みられています。「地域通貨」とは一定の限られた地域の中でのみ発行し、信頼に基づいて流通するお金のことです。本書ではこれまでのお金の歴史と問題点を簡単に説明した後、「地域通貨」について説明しています。世界各地で行われている実例を紹介し、また自分たちで「地域通貨」のシステムを立ち上げたいという人のために、その方法も紹介しています。

内容(「MARC」データベースより)

一定の限られた地域の中でのみ発行され、信頼に基づいて流通される「地域通貨」について解説。これまでの通貨の歴史と問題点を指摘し、世界各地で使われている「地域通貨」の実例を取り上げて紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 174ページ
  • 出版社: 北斗出版 (2000/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894740117
  • ISBN-13: 978-4894740112
  • 発売日: 2000/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 254,863位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
地域通貨、あるいは商標的だが「エコマネー」について書かれた本は既に何冊かあるが、前者については「通貨」の面を意識しすぎて複雑な理論展開をしようとしているものも見られるし、後者については地域通貨と違ってこんなに優れていると提唱者が語ったりしているもののその根拠が特に説得力のある形で示されているわけでもなく、こういうふうに使いたいとか、最近の流行の言説を単にちりばめているだけで理論化されていないとか、よほど勉強しなければかえって頭が混乱してしまいかねない恐れもある。
その点、この「だれにもわかる地域通貨」は、外国の事例も踏まえ基本を押さえて書かれている感があり、このテーマについて興味をもって調べていくために読む「最初の一冊」として最もふさわしい本ではないかと思う。
地域通貨をあくまで「通貨」として取り扱うのなら「取引」という要素が欠かせなくなり、通常のお金とどう違うのかなど、シンプルな理論づけができない。しかし「互酬・互恵」をサポートするツールとして考えるのなら、代金に相当するものが支払われることで決済が完了するのでなく、たとえば田舎から送ってきた食べ物をおすそ分けするときのように、あげること自体がこちらもうれしいのであって、対価とかは関係なしにあげた時点で「取引」は終了しているのである。これに限らず、相手に何かを提供すること自体が自分にとってのうれしさであり報酬で
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/3
形式: 単行本
「地域通貨」は、平成12年度版の国民生活白書にも取り上げられ、最近とみに衆目を集めている地域やコミュニティの中で通用する決済手段である。本書はその多様な類型や実践方法について平易に解説したハンディな入門書である。
本書において、「地域通貨」は、ボランティア活動を支える手段であるのみならず、地域経済や生活のあらゆる場面での価値交換を可能にする媒介手段として描かれている。そこからはグローバル化して膨張しすぎた「貨幣」への危機意識が汲み取れる。
本書では、コンパクトな分量の中に、日本全国各地で始まっている多様な地域通貨の実践例が紹介されるとともに、外国での事例が歴史的背景や理論的考察を交えて分かり易く展開されており入門書として、価格も手頃で妥当であり、最適。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、たしか代官山で、若者達が月1回あつまってカフェーを開催していたのですが、丁度9.11の後でしたので、盛んに集まり議論して、とても面白いスペースを作っていたのですが、その時にいろいろなブースがあり、またこの地域通貨も実際に利用して運営されていて、その時に手に入れたものです。とっても優しく解説してあり、お金の歴史も見えてきます。
地域通貨は、1830年あたりに始まり、1929年世界大恐慌が起こった時期に様々な地域で導入されました。その理論的は背景になったものはシルビオ・ゲゼル氏の自由貨幣運動だそうです。この考え方の特徴は、貨幣の価値が劣化するということにあり、ようするに、お金を手元に持っていると、価値が下がっちゃうということなのです。今はお金を預けると利子を生むのですが、持ってたら減っちゃうということなんですね。自然界と同じ法則の元に、お金が劣化するということで、流通がうながされてゆくということなのですね。ある限られた地域で信頼にもとづき発行される通貨です。
さて、この地域通貨、モモで有名なドイツの作家ミヒャエル・エンデが投げかけたお金に対する問いかけから、世界の多くの人たちの共感を呼び現在2600以上のコミュニティーで使われているということなんです。
ミヒャエル・エンデといえば、ルドルフ・シュタイナーの影響を強く受けている人です。もともとシュタ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 中村重郎 投稿日 2014/3/9
形式: 単行本 Amazonで購入
地域通貨について、基本的な考えが分かる本。ただしそれ以上ではない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告