中古品
¥ 1,396
中古品: 良い | 詳細
発売元 共栄企画
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】(ただし、帯の状態に関しては保証いたしかねます)◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】ページ側面にヨゴレ・スレが少しあります。ページ周辺と紙面に日焼けが少しあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

だからWinMXはやめられない 単行本 – 2003/7/2

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,137
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   世界中で猛威を振るう、P2Pサービスによる著作権物の違法な流通は止むところを知らない。レコード・映画業界は躍起になって自分たちの収入基盤を脅かすP2Pサービスを食い止めようとしているが、そんなことはお構いなしに流通している。

   国内で最も普及しているP2Pサービスの1つであるWinMXも、その目的がどうあれ流通しているファイルはほとんどが違法な著作物だ。本書はそんなWinMXにハマっていった1人の実在する人物の体験記を元に書かれており、主人公が自分の欲するファイルを探し求めてファイルを検索し、仲間を募り、交渉し、駆け引きをしていく姿を赤裸々に描いている。

   この世界に存在するルールや仲間内で生じるリスペクト、さらに独自のアングラ語の数々はなかなかに圧巻であり、この主人公がファイル交換用に光回線を導入し、さらにマシンを強化していく姿にはファイル収集にかける強烈な執念を感じる。そして自分が必要なファイルから交換に必要なファイル、取引に必要な稀少価値のあるファイルの収集へと変化していき、生活の中心がWinMXにシフトしていくさまも見所である。

   最後の「だからWinMXは辞められない」という章がなかなか秀逸だ。ここで述べられるWinMXに対する主人公の思いには、P2Pの原点と著作権業界との折り合いの1つの方針が図らずも見出せるのもおもしろい。

   本書はファイル交換ツールを知るためのアプローチとしてなかなかユニークであり、アングラの世界に触れたことがある人なら共感を覚えること間違いなしだ。アングラの世界を覗いてみたい方、また逆にファイル交換を目の敵にしている方にもこの世界を知るとっかかりとしておすすめである。(斎藤牧人)

内容紹介

インターネット・ユーザーなら誰もが知っているP2Pファイル交換ソフト「WinMX」。たった1年半で「神」と呼ばれるようになった青年の実体験を追いながら、違法コピー、著作権違反、不正公開……と悪評高いその実態をすべて記した問題の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: インプレス (2003/7/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844318004
  • ISBN-13: 978-4844318002
  • 発売日: 2003/7/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,137,917位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Pataro 投稿日 2013/7/7
形式: 単行本 Amazonで購入
とくに新しいこともなく、
知られていることをダラダラと書いているだけ
当時の技術的なことはあまり書いてはなく
しりたくもない津田 大介の人間関係がだらだらと書いてあり読む気が失せます
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
WinMXがこんな世界だとは思ってもみなかった──2年ほど前、友人に私的な動画のデータを送るために使ったことはあったが、著作権を無視するような悪名高きソフト(?)という認識しかなかったのである。
それから1年ほど経って有名になってきてはいたが、「何故こんなにみんなハマるのだろう…?」と疑問に思っていた。しかし、この本を読んで目からウロコが落ちるがごとくその疑問が解決した。WinMXの世界で何もわからなかった男が、自分で共有ファイルを作成するに至るまでのジレンマや成長の過程は楽しく、もう少し足を踏み入れていれば、きっと自分もハマっていたハズと共感できる面も多々あった。
ネット上でのルールやマナー、情報収集の方法もさることながら、P2Pの本来のあるべき姿についても垣間!見ることができた。また、WinMXだけでなく、「収集することに精を出す男」と、「それに呆れる女」といった人間模様の描写も面白く、何度か読み返したい内容だった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ある特定の分野をとことん極めた人の情熱や執念には感心させられるものだが、この本の中にもそんな気持ちを抱いてしまう人間がいることに驚いた。映画の翻訳に納得がいかないから自分で字幕を付けてしまう字幕職人と、動画のエンコードに精通した動画職人がそれだ。彼らの英語力やスキルはきっと本物なのだろう。
WinMXを経験したことがないせいか、私にとってこの本の序盤は不快感のほうが先行した。「お前は何様だ!」とツッコミを入れたくなる連中がしばしば存在したからだ。しかし、主人公がレベルアップするにつれて強者たちが登場し、前出の職人が登場するころにはすっかり感嘆していた。
そして何よりも、主人公にとってWinMXが「タダで映画や音楽が手に入るオイシイツール」から、高度な知識や技術!を認め合った仲間同士で語らう快感を味わうための「コミュニケーションツール」へと変貌していく過程が非常に興味深い。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/7/16
形式: 単行本
わたしも以前WinMXにハマったことがありますが、「子鯖」の世界まで踏み入れることはありませんでした。この本は、そんな子鯖の世界を覗くことができる有意義な本です。しかも、主人公は実在の人物なのですから、説得力は抜群。それに、とても読みやすい文章が、WinMXへの理解を加速させてくれます。WinMXを知らない人は、「こんな世界があるのか」と驚嘆すること間違いなしです。「P2P」は、人類の価値観を覆す強烈なインパクトを持つ技術だと感じました。日本でも2ちゃんねる発の「Winny」という匿名性の高いP2Pソフトが爆発的な勢いで普及しつつあります。これからも目が離せない分野ですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
すでにPDF版のものを読んでしまったのですが、本も購入することにしました。
自分のMXライフと重なるところもあり、登場人物にかなり共感するところがありました!!   WinMXを未経験の人もぜひ読んでみて欲しいです♪
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック