通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
だから医者は薬を飲まない (SB新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 総合商社川口
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ご覧頂き誠にありがとうございます。●中古品の為外観に若干の使用感あります。中は折れ、破れ、汚れ、書き込み等なく綺麗な状態です。OPP袋に入れて発送致します。●注文確定後迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

だから医者は薬を飲まない (SB新書) 新書 – 2015/11/17

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 550

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • だから医者は薬を飲まない (SB新書)
  • +
  • その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書)
  • +
  • 薬で病気は治らない (PHP文庫)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“薬は毒"“処方で金儲け"とか言う以前の大問題だ!
患者には処方しながら、自らは薬を飲まない本当の理由



「薬漬け医療」の裏側で、
患者には薬を出しても、
自分では飲まない医者の存在がある。

これは「薬は毒だから飲まない」
「どうせ医者は処方するだけ儲かるから」
といったことだけで語られがちである。

だが本当は、臨床・研究・教育を司る医学部、
検査基準を作る厚生労働省、
新薬を開発する製薬会社といった
薬漬け医療を生み出す現行の制度、
さらには患者に薬を出さねばという強迫観念といった
医者を取り巻く環境がそうさせているのだ。

一方で、医者は職業がら
患者や老人の死と向き合う機会が多いことから、
「薬を飲んでまで長生きしたくない」
「自分や家族には飲ませたくない」
と内心思っている
薬嫌いの医者も多いのも事実である。

本書は、老人医療に携わり多くの患者の実態を知り、
『医学部の大罪』『だから、これまでの健康・医学常識を疑え! 』
などの著作がある著者が、
多くの医者があまり語りたがらない
「薬を飲まない本当の理由」を解き明かすことから
日本の薬漬け医療の実態に迫る最新刊。

内容(「BOOK」データベースより)

「薬漬け医療」の裏側で、患者には薬を出しても、自分では飲まない医者の存在がある。これは「薬は毒だから」「処方するだけ儲かる」といったことだけで語られがちである。だが本当は、臨床・研究・教育を司る医学、検査基準を作る厚生労働省、新薬を開発する製薬会社などがそうさせているのだ。一方で、患者の死と向き合い、「薬を飲んでまで長生きしたくない」と思っている医者も多い。本書は医者が薬を飲まない本当の理由を探り、日本の医療の実態を明かすもの。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2015/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479738459X
  • ISBN-13: 978-4797384598
  • 発売日: 2015/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,686位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Hideki@Japan トップ500レビュアー 投稿日 2016/1/17
形式: 新書 Amazonで購入
【概要】
(分野)医療行政
(頁数)序文&目次14頁 + 本文210頁
(出版日)2015/11/17

 本書は、普段の診療で投与される薬剤が、「なぜ過剰に処方されるのか?」を皮切りに、医師の診断の成果育成や、現状の医療行政自体に疑問を投げかける内容です。特に後半の医療行政(特に医局)を絡めた言説は辛辣で、2002年から連載されていた佐藤秀峰 氏の「ブラックジャックによろしく 1」を連想させます。

※和田氏は、東京大学理科三類から医学部を卒業した秀才であり、専門は高齢者医療だそうです。10年以上前からよく受験本で見かけましたが、昨今は医療関連の本もよく書いているみたいですね。

【内容】
 本書の切り口は現場の
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
病院に行くと、適当に診察されてあっという間に薬だけ渡される。ここ数年、自分にしろ家族にしろ、病院に行くとこの様な扱いばかり受けてきました。
また、子供が風邪を引いた時をきっかけに、薬の副作用を自分で調べるようになりました。
医師は、副作用のリスクがある薬でも平気で渡してくるので正直嫌気がさしてきていて、最近は風邪では病院に行くのをやめています。
そんな、病院や医師、そして製薬業界に不信感を抱いている折に、この本を手にしました。

すると私の体験の原因が氷解しました。
この本は政治家も読むべき本です。
日本の医師会や製薬業界は、日本人を殺す、あるいは苦しませながら生かす、このどちらかを選択させているにすぎず、真に人の健康や幸せを考えているとは到底思えません。もちろん個人個人では良識ある医師もいますが、私利私欲のために人を犠牲にしている、老いぼれ医師が牛耳っている業界なのです。

社会問題としてもっと問題視されてよいし、そのために本書は足がかりになるでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本の医者は薬を出したがる割には自分では薬を飲まない。
なぜなら薬には副作用があると医者は認識しているからだ。
薬をあまり出さない国であっても、薬の副作用で入院する人は全体の20%程を占める。
なのに、薬を減らす研究などは日本では歓迎されない。
それは学会の頂点に立つボスが利権が集中する業界構造の問題である。
一方アメリカでは保険会社が薬を減らす研究にお金を出している。
問題を構造的に捉えて、どこに問題があるのかを改めて考えさせられる内容だった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近になって、このような話がいろいろな人から聞くようになりましたが、全体像をわかりやすく説明してもらったのは初めてです。頭の整理になりました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告