¥ 1,728
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
だからピアノを習いなさい〜子どもの生き方が変わる正... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

だからピアノを習いなさい〜子どもの生き方が変わる正しいピアノの始め方〜 単行本 – 2016/9/19

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/19
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 2,441

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • だからピアノを習いなさい〜子どもの生き方が変わる正しいピアノの始め方〜
  • +
  • ピアノの先生が知っておきたい 導入期の指づくり・音づくり・耳づくり 『はじめてのギロック』でぐんぐん育つ表現力と
  • +
  • 目からウロコのピアノ指導法~譜読みが苦手…は克服できる! 先生も生徒も楽しいレッスン~
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 90pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ピアノを正しく学ぶと、子どもが大きく伸びる!

ピアノを学ぶことで、子どもの心身は大きな成長を遂げます。
本書は、ピアノを習う意義からその効用、習う時期の重要性、右脳と左脳を生かした練習法などまで紹介します。
北海道から沖縄まで年間170回を超える講演を行っている著者による、これまで誰も語らなかったピアノ教育法。
お子さんに何か習い事をさせたいと思っている方、現在子どもにピアノを習わせている保護者の方、そしてピアノ指導者が、
確信をもって子どもをピアノに向かわせるための必携の1冊です!

「私は、いずれやめても良いから子どもたちにピアノを習ってほしいと思っています。
ピアノをやっていれば、ほかの楽器を習う時にも進歩が速いとも言われます。
また音楽学校では副科としてピアノがあるので、
ほかの楽器を習うようになったとしてもピアノは幼いうちから習っていた方は有利です。
大人になってからピアノを習おうとしても、なかなか思い通りに弾けません。
しかし幼いうちに一度でもピアノを習っておくと、楽譜、鍵盤、音、指の動きの連携がうまくいきます。
13歳くらいまでピアノをしっかり習っていると、大人になってからまたピアノを始めても練習次第ではよく弾けるようになります。
幼い時に習ったピアノテクニックが潜在的に身についているのです。
ですから、子どもたちが将来ピアノを弾きたくなった時に、改めて弾ける喜びを与えるためにも、
たとえ一度やめることになったとしてもピアノを習わせるべきだと思います。」
――「あとがき」より

[目次]
■1章 ピアノを習う理由
習い事をする理由
音楽が今こそ必要な理由
なぜピアノを習うと頭が良くなると言われるのか
ピアノを習うと身につく力
ピアノ演奏時の身体の状態について
子どもの能力を高めるには上達を目指すこと

■2章 ピアノ学習に効果的な時期
ピアノを始める時期
ゴールデンエイジとは?
ピアノにおけるゴールデンエイジ
聴覚のゴールデンエイジ
記憶力のゴールデンエイジ
楽譜を速く読むためのゴールデンエイジ
リズム感を磨くゴールデンエイジ
音楽を考えるゴールデンエイジ
練習方法に対するゴールデンエイジ
ソルフェージュを学ぶ時期

■3章 ピアノ学習の注意点
ソルフェージュとリトミックの違い
リトミックの落とし穴
絶対音感について
ピアノに必要なソルフェージュ
女の子と男の子の違い
兄弟による違い
ピアノを学習する日本人のハンデ

■4章 子どもを伸ばすピアノの先生とは?
良い先生とは?
叱るということ
ピアノの先生の選び方

■5章 ピアノ楽譜の選び方
教材の選び方
クラシックピアノの楽譜の選び方
子どもが弾く楽譜の選び方
コピー譜は避ける

■6章 楽器の選び方
アコースティックピアノと電子ピアノ
構造の違い
上達度の違い
耐久性の違い
電子ピアノの利点
グランドピアノとアップライトピアノの違い
ピアノには調律が欠かせない
ピアノメーカーの選び方
中古のピアノ購入の注意点


内容(「BOOK」データベースより)

ピアノを学ぶことで、子どもの心身は大きな成長を遂げます。ピアノを習う意義からその効用、習う時期の重要性、右脳と左脳を生かした練習法などまで紹介。北海道から沖縄まで年間170回を超える講演を行っている著者による、これまで誰も語らなかったピアノ教育法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 172ページ
  • 出版社: ヤマハミュージックメディア (2016/9/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4636930754
  • ISBN-13: 978-4636930757
  • 発売日: 2016/9/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,396位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ページ数はあまり多くはありませんが、とても良い本だと思います。
ピアノを教えて30年近くになりますが、この本に書かれていることは、正しいと思いますよ。
というか、子供の成長に有益になるようにレッスンされているピアノの先生が少なすぎます。
ピアノコンクールも利益追求の一つの産業ですから。決して才能発掘の場ではありません。
週に一度、30分のレッスンで子供の様々な側面に有益な効果が得られるはずはありません。
週いち30分レッスンの悪しき風習を定着させたヤマハがよく出版したなあ、と思います。
子育て中のお母さま、必読です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
目次を眺めて購入しましたが、その項目の多さに反してだいぶ薄い内容だなあ、というのが率直な感想。本そのものも薄いし、文字が大きいです。この手のピアノの本はあまり有益な情報は書かれてないし(そして当たり前すぎることがわざわざ書いてある)、感情やイメージで語っている、気休めみたいなものが多い。というのは何度も経験していたはずなのですが。。。自身がピアノを習ったことがなく、でも子供にはピアノを習わせてみようかな、と思っている親御さんには参考になるのかもしれません。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
漠然と感じていたことが簡単にわかりやすく、でも科学的に書かれていておもしろかったです。ピアノ指導者におすすめ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ピアノを弾ける脳とそうでない脳があるような気がします。弾ける人は頭がいいか変人かのどちらか。もし、我が子があまり上達しなくても子供を責めたりしないでほしい。うちの子供はソコソコピアノが弾けるのでコンクールなどで賞もとり、その道の大学も行かせましたが、とにかく時間とお金のとの戦いです。管楽器や合唱など人生を通して楽しめ人と交わることの多い楽器を選択する方が賢いです。ピアノはピアノが置いてある場所でしか披露出来ないので、ちょっとしたイベントに呼んで貰う事も少なく、練習に時間がかかるので孤独との戦いです。人前で弾けたらかっこいいと思いがちですが、なかなかそんなチャンスはありません。
ピアノをやるなら他の習い事や勉強、スポーツとバランスを取ること。はじめはピアノでも、違う楽器を選択することをお勧めします。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告