通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
だから、論語を学ぶ (WAC BUNKO 295) がカートに入りました
+ ¥280 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注意:この商品は併売(HN)のため品切れの際はご容赦ください。商品の状態も展示疲労している場合があります。包装後、都内より発送いたします。(単行:新着)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

だから、論語を学ぶ (WAC BUNKO 295) 新書 – 2019/6/9

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥994
¥994 ¥736

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • だから、論語を学ぶ (WAC BUNKO 295)
  • +
  • 万葉集のこころ 日本語のこころ (WAC BUNKO 297)
総額: ¥1,988
ポイントの合計: 20pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

こんなに読みやすく、よく分かる!
「知の巨人」の二人の結論
人生で大切なことはみんな論語が教えてくれた!

「この本は読後感が大変さわやかで、心が洗われるような気がする。自信を失って浮遊状態にある日本人にとって、孔子の『論語』と、渡部・谷沢両先生の本書の教えは最高の人生指南だと思う」(日下公人「解説」より)
●社会生活をきちんとしていれば教養は自ずからつく
●友だちになろうと思われる人間になれ
●自分より劣った者を友にする人は成長しない
●人生とは八割以上が待つことである
●偽善のメッキは必ず剝げる
●「信」がなければ何事もなし得ない
●賭博の借金は必ず返すのが紳士の条件
●これだけは許せないという基準を持つ
●露骨な批判を嫌う日本社会の雰囲気
●実力があれば隠れたままで終わることは考えられない

プロローグ 『論語』の魅力
『論語』の凄み──谷沢
座談の中で触れた『論語』──渡部
中島敦の『弟子』にあらわれた孔子の姿──谷沢
カントと通じる孔子の理性──渡部

1 余力
親を養うということ──渡部
社会生活をきちんとしていれば教養は自ずからつく──谷沢

2 改心
寒風吹きすさぶ中に立つ決意──谷沢
友だちになろうと思われる人間になれ──渡部
自分より劣った者を友にする人は成長しない──谷沢
過ちを改めた清水幾太郎の態度──渡部
過ちを改めた者に対する非難の論法──谷沢

3 距離
友と付き合う二つの態度──谷沢
媚びる恭しさは辱められる──渡部
媚びる態度は利己主義から出てくる──谷沢

4 待つ
人生とは八割以上が待つことである──谷沢
昼行灯で終わる覚悟──渡部
人の危うさを知り、信用できる者を見分ける力──谷沢

5 評価
最終的に世間は自分を見てくれる──谷沢
偽善のメッキは必ず剝げる──渡部
欠点を匿そうとするところに偽善が生じる──谷沢

6 大物
「器」の人と「器」でない人──渡部
「器」の人の限界──谷沢

7 学ぶ
頭にはめられた箍をはずすことが必要だ──谷沢
お手本となる河合栄治郎の勉強法──渡部
思い込みの燃料は功名心という汚い根性──谷沢
大学で学ぶ意味の一つは謙遜を知ることにある──渡部

8 信用
「信」がなければ何事もなし得ない──谷沢
金を誤魔化さなければ極貧に陥ることはない──渡部
賭博の借金は必ず返すのが紳士の条件──谷沢
借金返済に出てくる日本の国民性──渡部

9 批判
これだけは許せないという基準を持つ──谷沢
「一視同仁」は人間にできるものではない──渡部
露骨な批判を嫌う日本社会の雰囲気──谷沢

10 利益
商取引の根本は相互利益である──谷沢
自分の利ばかりを図ると怨みを買う──渡部
官僚は民間をいじめて音を上げさせたあと、利を持って天下る──谷沢

11 世間
人は人を認めたがっているものだ──谷沢
実力があれば隠れたままで終わることは考えられない──渡部
世間は人を探している──谷沢

12 運
この世には人力で防げない悪運がある──谷沢
運命のうちの何割かは理に合わないことが起こる──渡部
努力しても駄目な場合は、運が悪いと思ってあきらめろ──谷沢

13 楽しむ
楽しむ者は心が広く温かい──谷沢
「オタク」は「好む人」にすぎない──渡部

14 学者
理想の学者像とは何か──渡部
知ったことを嚙みしめて味わう境地──谷沢
本当の読書家の資格──渡部

15 自信
「自信」には思わぬ幸運を引き寄せる力があるかもしれない──渡部
人間の智恵など小さいものだ──谷沢
孔子を大きく感じさせた言葉──渡部
マイナス感情を起こす余地のない考え方──谷沢

16 吝嗇
ケチは人間好きの要素が欠落している──谷沢
貧乏でもケチにならない生き方がある──渡部
人付き合いを育む心──谷沢

17  師
君子のイメージ──渡部
縁ある者に親切にする──谷沢
学校以外で触れ合う師を持つ──渡部

18 信頼
政治の根本は「計算」でなく「感情」である──谷沢
「信頼」が崩れたとき、政治は成り立たなくなる──渡部
「空気」におもねる日本の政治家──谷沢
邪悪な光に頼って出てきた二世議員たち──渡部

19 志
志を売らずに生きて栄えを得た人──渡部
五十年を耐えて生き抜いた人への尊敬──谷沢
怪しげな道にわざわざ入らない生き方──渡部

20 融通
「四つの勿れ」の戒め──谷沢
「上善は水の如し」に通じる精神──渡部

21 時間
時間には二つの種類がある──渡部
時間に負けないための智恵──谷沢
時間に負けないものは何か──渡部

22 熟成
人生の芽、穂、実の三段階で評価する──谷沢
駄目なら三年でクビを切るアメリカの大学──渡部
血で血を洗う競争の生産性──谷沢
早熟を讚えるのはいかがなものか──渡部
若いときの印象が強すぎることで起こる錯覚──谷沢

23 若さ
「畏友」の正しい使い方──谷沢
四十代で世に聞こえない人が大きな仕事をするのは難しい──渡部
若いころからこつこつと積み重ねることが大切である──谷沢
四十歳になると自分の価値は下がると思え──渡部
問題意識の差が能力に出てくる──谷沢

24 理想
人生を楽しむひととき──渡部
仕事に追われていると気持ちが素寒貧になる──谷沢

25 正義
身内をかばうのは人間として最低限の倫理──渡部
「正義」は人を闘争に駆り立てる──谷沢
「ライト」と「ナチュラル」──渡部
両方が成り立つようにはからうのが「直」の論理──谷沢

26 勇気
「蛮勇」というマイナスの勇気がある──谷沢
戦うことができるから調停する力が出てくる──渡部
一生を通じて輝く勲章を手に入れるチャンスをつかまえる──谷沢
「仁者」と「仁なき勇者」──渡部

27 議論
議論に勝つためだけの論を相手にするな──谷沢
虫のいい話を真に受けてはいけない──渡部
責任感のない相手と議論をしても、らちがあかない──谷沢

28 親疎
親しい人に情報を漏らさない人は世間から捨てられる──谷沢
何事も人を選ばなければいけない──渡部
親密度を増すシナリオ──谷沢

29 努力
努力の第一歩は「どうしようか」と考えることである──渡部
「やらないための論理」をつくりあげる人──谷沢
幸運の確率を高くする方法──渡部
運を招き寄せる人間のタイプ──谷沢

30 気概
「名を残す」という志は人間にとって重要である──渡部
男を殺す悪妻の論理──谷沢

31 器量
「成功した人の手」と「成功しない人の手」──渡部
不渡り手形をなんべんもつかむ懲りない面々──谷沢

32 モラル
支配欲が「究極の人間モラル」を妨げる──谷沢
「恕」とは「他人の心の如し」──渡部
リラックス・タイムの場所──谷沢

33 過ち
日本社会でストレートな責任追及は難しい──谷沢
過ちを認め、改めることを避ける性質──渡部
陸軍、海軍なきあと、残った災いはエリート官僚集団──谷沢

34 好学
「フレッシュな材料」を集めて考える──谷沢
博く学ぶために雑書を読む──渡部
雑書として『論語』を読む──谷沢

35 友人
よい耳学問と悪い耳学問──谷沢
耳学問はありがたい──渡部

36 習慣
いい習慣はいい人生をもたらす──渡部
人間は習慣でできあがっている──谷沢

37 知識
知識は使うと減るものである──渡部
話に「体温が出ているボキャブラリー」があるか──谷沢
日に新たにやっていく心構え──渡部

38 博打
飽食無為は博打よりも悪い──谷沢
博打にかける歯止め──渡部

39 藝
多藝は好ましくない──渡部
自分の道を絞る──谷沢

40 持続
人生は持続力が大切だ──谷沢
人生の書としての『論語』──渡部

エピローグ 心に住む『論語』
古典中の古典『論語』──谷沢
『論語』を読む楽しみ──渡部

解説 日下公人

あとがき 渡部昇一

出版社からのコメント

本書は、二〇〇〇年一月にPHP研究所より出版された『人生は論語に窮まる』を改題して二〇一二年にワックより刊行した『いま、論語を学ぶ』を『だから、論語を学ぶ』と再度改題したWAC BUNKO版です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: ワック (2019/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898317952
  • ISBN-13: 978-4898317952
  • 発売日: 2019/6/9
  • 商品パッケージの寸法: 11.3 x 1.5 x 17.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,857位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2019年7月28日
形式: Kindle版
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告