通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
だから、そのデザインはダメなんだ。 Webサイトの... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品につき、若干の使用感、傷みがあります。状態としてはかねがね良好です。検品には万全を期しておりますが、検品漏れなどがあれば、ご一報ください。対応致します。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応です。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
17点すべてのイメージを見る

だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる 単行本 – 2016/4/22

5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,500

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる
  • +
  • なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「使いにくい」Webサイト、どうすれば改善できる! ? ○×形式でポイントや考え方をわかりやすく解説。

本書は「ユーザー視点」に立った使いやすいWebサイトを作るための、
ユーザーインターフェース設計(UI設計)や情報デザイン(情報構造の設計)などについての考え方を、
レイアウトやコンテンツ、ユーザビリティ、Webマーケティングなどの観点から解説したものです。

見開き2ページ単位の構成になっており、記事テーマに即した良い例・悪い例のサンプル(Webページ)を使って
○×形式で比較することで、難しいテーマをできるだけ具体的にわかりやすく説明しています。

また、良い例・悪い例で述べた事柄をさらに深く理解していただくため、
各テーマを詳細に掘り下げた解説記事も加えました。

Webサイトの目的は「見てもらうこと」だけではなく「使ってもらうこと」であり、
ひいてはユーザーに何かしらの「価値」を提供するためのものです。
本書では、そうした考えにもとづき、使う側の視点に立った
「本当に使いやすい」Webサイトのあり方・考え方を実践的に伝えています。

「使いやすさ」「わかりやすさ」の重要性が増す現在のWebサイト制作に携わる、
すべての方に読んでいただきたい書籍です。


〈本書の解説例〉
・操作の直前に切り替わってしまうローテーションバナー
・クリックする気にならないどれも同じに見えるメニュー
・閲覧性・操作性が最適化されていないレスポンシブ対応サイト
・要点が伝わりにくくユーザーを疲れさせる記事構成 ほか

〈本書の特長〉
・難しいテーマを○×形式の具体例で明解に解説しています。
・「なぜ、良いのか・悪いのか」の理由をきちんと説明しています。
・具体例を豊富に掲載しており、現場の実務に活用できます。

〈こんな方におすすめです〉
・Webサイトの設計・デザイン・編集・ディレクションを行う方
・WebサイトのUI設計や情報構造設計に携わる方
・ユーザビリティやインフォメーション・アーキテクトに関する知識を身につけたい方

〈本書の章構成〉
CHAPTER 1 レイアウト・インターフェース
CHAPTER 2 コンテンツ編集・設計
CHAPTER 3 ユーザビリティ
CHAPTER 4 サイト設計・マーケティング戦略

内容(「BOOK」データベースより)

作り手や運営側の「作りたい」サイトをユーザーに押しつけてはいませんか?本書では、情報デザイン設計の第一線で活躍する著者が、ユーザー視点に立った「本当に使いやすい」Webサイトを、○×形式でわかりやすく解説しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: エムディエヌコーポレーション (2016/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844365827
  • ISBN-13: 978-4844365822
  • 発売日: 2016/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 24.5 x 18.2 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 175,484位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
架空のWebページを用いて、改善すべきポイントと改善案を見開きページで解説する本。
Webページのデザインを行うに際し、辞書代わりに使うと便利。指摘事項も適切なことを言っていて勉強になった。

ただ、本として全く美しくない。デザインの解説本と思えない。

・「NG例」「良い例」を表すシンボルが、年配の男性のイラスト、×・◎の記号2種類(大小)計3種類必ず記載されている。
  紙面にのせる情報を限定しているなか、これほど冗長に情報を入れた意図を知りたい。
・左ページ左下の×・右ページ右上の◎、位置にばらつきがあり、かつ、その意図が一切読めない。
・年配の男性のイラスト、何の意図があってこれにしたのか。執筆者の自画像とも似つかない。
 このイラストも、ページごとに位置が統一されていない。

情報の選択の仕方、置き方に全く繊細さを感じず、この著書は理論じゃなくて感性だけでやっているのか…?と不安になる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
わりと参考になる点は多いのだが、まず抜本的に構成を見直したほうが良いと思う本。

本の構成としては、
まず例があって、どこがダメなのかの説明、改善例、が数ページ続いて、
区切りのコラムでそれまでの例の詳細な説明、となっている。

何がダメかというと、とにかく例が分かりづらい。
次に本の構成が行ったり来たりして読まないといけないようになっている点。

それらしい架空のサイトを頑張って作ったのは評価したいが、
まず一番に悪いサイトの例が目につく、
Pointとだけ書かれていて何がポイントなのかパッと分からない、
数ページたどってから、タイトルが主体でそれを読まないと
PointとCheck!と書かれている内容がどうつながっているのかも分からない、
そして区切りのカラムまで読み進めなければ筆者が何を伝えたいのかが分からない、
カラムを読んでからまた前のページのサンプルサイトを見直して納得する、
という感じで、およそ良い構成とは思えない。

次の版での大幅な改善に期待したい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
題名はネガティブだが、内容は非常にポジティブ。

各テーマについて、良い例/悪い例が見開きで提示されいる。
経験に裏打ちされているそれらの具体例は非常に納得感の高いものだった。

自分がWebサイトやWebアプリを使っていて不満に思ったこと、親切だなと思ったこと、思い当たる節が数多くあった。
思い当たりつつ、では製作者側として自分ができているかというと話はまた別。
しっかり意識しないと陥りやすい点が指摘されていたので、その意味でも良かった。

これだけでも十分に価値のある本だが、本書の真価はここではない。

この本の真価は、デザインの「なぜ」がきちんと提示されている点だ。
悪い例が「なぜ、悪いのか」、良い例が「なぜ、良いのか」が明確に示されている。
それを頭に置くと、記事の具体例から外れたケースでもその考え方を応用して適用できる。
この点が本を読んだ効果を劇的に高めると考える。

さらに、読んでいて好感が持てたのが「ユーザに役に立つものでなければならない」という理念が一本筋として通っているところだ。
これがいたるところにまぶされ、ひしひしと伝わってくる。
大切だが、時に他のことに目が曇り、見失うこともある
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「同じコンテンツ」を「表示の仕方やレイアウト」を変えることで良くなる本かと思っていました。
実際には「要約したほうが」「具体的に記述」と、デザイン以外のアドバイスが結構ありました。(もちろん、有益な情報もたくさんありました)

他には、ビフォーとアフターの解説が解りづらいページがいくつかありました。(同じ箇所に矢印があるのに、デザインはまったく同じとか)

あと、個人的に見出しフォントの「た」と「い」が嫌いでした…。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告