中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

だから、あなたも生きぬいて 単行本 – 2000/2/21

5つ星のうち 4.3 98件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,470 ¥ 1
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   80万人の中学生がいっせいに不登校を始める小説『希望の国のエクソダス』を2000年に発表した作家の村上龍は、NHKの討論番組で、教師や親たちに「あなたは子どもにどんな人生を望みますか」と問いかけた。雇用不安、学歴社会の終焉など、既存の社会システムの崩壊に直面した大人たちが、子どもの未来に対し鮮明なビジョンを持ちえずにいることは、村上が彼らから明確な答えを得ることができなかったことにも象徴されている。

 「いじめによる自殺未遂」、「非行」、「極道の妻」と人生のどん底を体験してきた著者が、29歳で弁護士になるまでの軌跡を描いた本書は、変わった経歴を持つ女性の単なる「波瀾万丈記」ではなく、いじめ体験や、司法試験受験の際の勉強法などが克明に記されているように、子どもたちが直面するであろう問題に対して、具体的な対処法を伝えることに主眼が置かれている。本書が100万部を越えるベストセラーとなったのは、「いい学校からいい企業へ」といったモデルが通用しなくなった20世紀末の社会が、即効性のある新たな人生のモデルを切望していたからだろう。

   村上は自身の作品の主人公の中学生に、日本には「希望だけがない」と発言させた。本書は「やればできる」という「希望」を提示する。両者は「生きぬく」、つまり、自らの意志でサバイバルせよというメッセージを発している点で共通しているが、現実を生きぬいてきた著者の言葉にはより力強い説得力がある。(中島正敏)

内容紹介

いじめ、割腹自殺未遂、極道の妻から弁護士十四歳の時にいじめを苦に割腹自殺を図る。転落の人生をたどり、十六歳で暴力団組長の妻に。現在の養父に悟され二十二歳で離婚。司法試験に合格し、現在は弁護士

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 260ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062100584
  • ISBN-13: 978-4062100588
  • 発売日: 2000/2/21
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 98件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,356位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
私の生きる原点になった良書です。人間として、根元から強く生きる
秘訣が書いてあります。是非、一読して頂きたい大平さんのご本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 麻生邦博 投稿日 2013/4/18
形式: 単行本 Amazonで購入
凄い人生です!でも一般的に共感できる部分も多々あり、

生きるという事、人生を考えるうえでの参考になります。

勉強法の参考にもなるのではないでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久しぶりに読みかえした。
読んでいて痛々しい。
妙に詳しい箇所とスッポリ抜けてる箇所が、まだら模様のように記されている。
素人が書いてるので止む得ないと思うが、記述されていない部分を想像していると痛々しい。
まるで行間から血が滲んでるようだ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とんでもない底辺からの大復活・・・・
人生やけになったり諦めたりしないでチャレンジすることが大切だと思いました。
理解して協力してくれる人は、必ず現れる。
 だけど残念なのが、いい人なんでしょうけど、本質的な性格の悪さが出ている気がします・・・・。
私の気のせいだといいのですが・・・、
弁護士として本当の人格者であれば幸いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大平光代さんが、この本を出版したとき、私は勿論、私の知っている人たちもおどろいた。皆、ビックリしたのだ。多くの人は「大平さんのように弁護士になるぞ!!」と叫んだ。ともかくわかりやすく自分の生い立ちを語ってくれている。そして、司法試験に挑戦した大平さんがどんな本を読んだのか、強い関心をもった。「たのしい英文法」(林野滋樹:三友社出版)を読み始めた人も多かった。大平さんのような奇跡の人にならなくてもいい。生きぬくのだ。多くの人に勇気を与えた。大平さんも大変だろうなと思った。テレビで大平さんが活躍している姿を拝見した!ますます、「生きぬくのだ」と頑張る人が増えてくることであろう。すごい人生を歩かれている人。それを注目している大勢の人たち。すごくひとの生き方に影響力をあたえる本である。私は「生きぬいて」のところだけ大切にしようねと皆に話している。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
作者があまりのいじめに耐え切れず、登校拒否を起こした時のこと。
もうとても隠しておけなくなって、仕方なく親に話し、
親は学校に抗議をした。

登校して職員室に行ってみると、担任の先生のそばに
いじめの首謀者であるA子が立っていた。
そして、担任の教師はこう言った。
「仲直りの握手をしなさい」

作者は、担任の先生のその言葉に強い違和感を覚えたという。
仲直り?
それではまるで、対等の立場の二人が喧嘩をしたみたいではないか。
喧嘩ではない。自分は一方的にいじめられていたのだ。

案の定、これで更に恨みを買った彼女は、
その後も引き続きいじめられることになる。
「ちくり」という新たなネタを悪口に加えられて。

いじめを受けている本人は、その事実を親や学校に言うことは
かなりの勇気を要する。彼女もそうだった筈である。
それなのに。

一人ぐらい、いじめを親に訴えた生徒が
どんなに追い詰められていたか、切羽詰っていたか、
推し量ってあげられる先生がいなかったのだろうか。
いじめを訴える生徒の存在など、
学校側にとっては所詮厄介者に過ぎ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私たちの周りに異常に努力する人、頑張る人っていませんか。私自身もそういった人たちの一人ですので、そういう人って、暗い過去があったのではないかと思ってしまいます。

私自身もそうなのですが、恵まれない境遇にいる時の、この現状を打開したいという感情には、もの凄いものがあります。コンプレックス、恨み、怨念、負けん気、色々ありますが、そういった負の感情は、その人の潜在能力を極限まで引き出し、本当に人を狂ったように努力させることがあります。それが健全かどうかはわかりませんし、程度問題ですが、世界中の偉人と呼ばれる人の中にも、不遇な環境で育った方は多いと思います。そういった不遇な環境で育ったからこそ世の中の賞賛が得られたというのもあるのでしょうが。

本書の中にもありますが、若い頃の苦労は買ってでもしろというが、あまりに苦労や不幸が強烈だと、性格が歪み、ひねくれ、前向きに努力する気力等も失われてしまう。これは事実だと思います。全く苦労したこともない人も問題だが、苦労しすぎるのも問題なのですが、自分では苦労の量というのは調節できないのが、人生の難しいところですね。

著者と同じ境遇で、再び前向きに努力しようという精神状態に戻れる人間は多くはないと思いますが、これは、養父である大平氏の力が本当に大きかったのだなと思います。私は、著者も凄い
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー