中古品
¥ 42
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 たのしい科学
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 内部概ね良好なコンディションです。中古品につきカバー僅かないたみ 小口よごれ等ございます。【通常24時間以内に発送いたします。土、日、休日にかけてのご注文は翌営業日の発送になる場合がございます。予めご了承ください。2016/01】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

た・か・く・ら ハードカバー – 2007/11/27

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 42

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

本書は、人物観察眼の鋭さから「シンガーソングライター界のファーブル」「ギターを持った日本野鳥の会」などと異名をとる嘉門達夫氏が初めて書き下ろす、亡き友に捧げた私小説である。
〜あらすじ〜
春めいて来たある朝、突然、幼なじみの高倉から電話があった。「オレ、肺がんであと三ヵ月って医者に言われてん。それにしても四十七やで。ちょっと早すぎると思わへんか?」すべての物事を判断する基準が「オモロい」か「オモロない」かだった高倉。とにかくコイツが死ぬまで、オモロくせんとイカンと思った僕は「おえ!高倉、葬式の最後に死んだ本人がビデオで挨拶するってオモロいと思わへんか?」と言うと「おお、オモロいがな!そんなんやってくれんの? やろう! やろう!」と言う事になり・・・・・・。
子供の頃の一大イベント「大阪万博」の想い出とともに綴られる、可笑しくも切ない友情物語。

内容(「BOOK」データベースより)

高倉と過ごした子供の頃の一大イベント“大阪万博”の想い出とともに綴られる可笑しくも切ない友情物語。著者が初めて書き下ろす、亡き友に捧げる私小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 196ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2007/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594055389
  • ISBN-13: 978-4594055387
  • 発売日: 2007/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,705位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
いまや若手芸人の文芸本がブームになっているけど、昔の芸人??のほうがやっぱり話芸があるなぁ?泣かせるよなぁ。友人の死がテーマなのに、何故か笑ってしまうなんて不思議な本。今みたいに1+1が2なんてことも無く、ゆるくていい加減な価値基準の中で毎日を送り、なんでこんな奴とつきあってるのみたいなこと言われても、しょうがないよ昔から友達だから、くらいが判断基準の友情って、やっぱいいな。私小説だからかな?そんな感じが沢山ちらばっていて、泣き所が判んないんだけどいつの間にか泣けてる、やっぱり不思議な本だなぁ。同じ年代だから、大阪万博のあたりなんか「そう!そう!」って思わず言っちゃった。中高年には、かなり支持されるかもね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
amazonのなか見!検索で第1ページを読んで、続きを読みたくなってたまらずポチってしまいました。

学生時代の文化祭のステージからそのまま芸能界に入ったような嘉門 達夫氏。
少年時代の自身と親友との日々を回顧し追想する中で蘇る、ばかばかしいことに全力で面白がっていた同級生達との懐かしい邂逅。
誰もが持っている心の中の卒業アルバムにそっと触れるようなノスタルジーとちょっと切なくなる思いで胸が温かくなって本を閉じました。
人の死が中心テーマなのですが、終始ヒューマニズムにあふれていて、大笑いしたり気がつくと鼻の奥がツーンとしたり・・・
あのキラキラした高度成長期の空気が全編に漂い、読んでいるひと時、その時代を同時に生きているかのような感覚を経験できるタイムマシーンに乗れる本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
嘉門達夫記念館ができるのが待ちきれず、
ブックカバーの高倉コレクションを手元に置きたくて、本書を買いました。

嘉門達夫の切れのよさは、詩に現れる。

 明るい未来を信じてた 豊かな時代を目指してた 希望があふれてた
 すべてがキラキラ光ってた 平和が続くと思ってた あの日に帰りたい

                          『明るい未来』より

小説なのか詩なのか、フィクションなのかノンフィクションなのか
そんなことに拘わらず、同じ時代を呼吸してきたものとして、
同じ世代の者として、高倉さんを記憶に留めておこうと思います。

散文には論理性が必要だとすると、
これは散文として読んではいけない。“私”小説とも呼べない。
あるときの状況と情感が編まれた、“詩”なのだと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
説明に書かれている通りに丁寧に梱包もされており、中身も本当に綺麗な状態でした。
本の内容としては・・・子供の頃からテレビで見ていたふざけた替え歌を歌っていた嘉門達夫さんと、その友人の話を懐かしい時代の思い出を交えて語り口調で書かれており、大変読みやすい感じです。
一気に読めます(笑)子供の頃から成長して大人になっても変わらぬ友情と主人公の高倉さんと嘉門さんをはじめとする周りの友人達との心温まる内容に「自分がもし癌になったら周りの友人はどう接してくれるのだろうか?」と複雑な気持ちにもさせられました。
笑って泣ける1冊だからと勧められての購入でしたが、確かに笑って泣けました。何度も読むという内容ではありませんが読んで良かったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
誰もが心当たりのある「た〜くら〜」こと、この本に出てくる嘉門達夫の幼馴染の
高倉義和さん。
氏は小さい頃に周りに一人は居たと思われる、隠れキャラ的存在で、なんとも憎めない
性格ながら抜け目無く美味しいところだけをさらって行く人のようです。
この物語は「た〜くら〜」さんからの嘉門達夫への一本の電話からはじまります。
それも、末期がんで余命3ヶ月という告白。。
重い話題を面白おかしく一気に駆け抜ける、「た〜くら〜」さんと嘉門達夫とその
取り巻き達。そのフィナーレたる葬式を『たかくらの祭り』に仕立てるために奔走し、
実際に成し遂げる。
ハチャメチャな内容ながら、「た〜くら〜」さんと取り巻きと熱い思いを羨ましく
眺めて感動しました。
内容充実であっという間に読めてしまうのですが、さすがに一読すると二度目は
恥ずかしくて読む気がなくなりました。
買って読むほどの濃度は無いかもしれません。しかしながら、忙しい中でお祭り感覚の
ノリを普段、余り感じることができない方は、何やらノスタルジックで生きる
楽しさに浸れる本書を一読されてみるのもよいかもよいかもしれません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック