通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好ですが、中古品のため多少の日焼けや傷みなどはご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫) 文庫 – 2009/7/30

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 320
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 843
¥ 843 ¥ 377

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫)
  • +
  • 有坂銃―日露戦争の本当の勝因 (光人社NF文庫)
  • +
  • 日本海軍の爆弾―大西瀧治郎の合理主義精神 (光人社NF文庫)
総額: ¥2,334
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ戦前日本の自動火器は、つねに欧米製品に半歩手前まで追いつけどもリードすることはできなかったのか―幕末の『甲鉄』艦に搭載されたガトリング砲から、四式戦闘機『疾風』の20ミリ機関砲まで、近代日本の自動火器の歴史を辿り、西洋技術をとりこむべく苦闘をかさねた日本兵器技術者たちの姿をともに描く。

内容(「MARC」データベースより)

常に欧米製品に半歩手前まで追いつくことはできるけれども、リードすることはできなかった戦前日本の自動火器。その根本には、われわれ日本人の言葉足らず-目に見えぬものを説明し想起させる言葉の足りなさがあった…。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 322ページ
  • 出版社: 光人社 (2009/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4769826133
  • ISBN-13: 978-4769826132
  • 発売日: 2009/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 491,468位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
11年前、版元の休業とともに絶版となりながらも復刻が待たれていた一冊である。
南部麒次郎と言っても、今や銃器ファンにしか記憶されていない名前だが、明治、大正、昭和と生きた兵器技術者、そして製造企業家としての彼の足跡を通じて日本における自動式銃器の歴史を浮かび上がらせるという大変に興味深い切り口の軍事技術史である。
19世紀後半以降、短時間に1正面に対して投射する火力の多寡が戦争の勝敗を決するようになると、その目的のための機関銃、機関砲、自動銃の良否に各国が鎬を削るようになった。そんな中で一刻も早く列国に追いつくことを至上命題とした日本軍もなんとか国産化した優れた自動火器をそろえようとしたが、いつもあと少しというところで劣後してきた。それはなぜか。
高度に精密化する兵器を大量生産するにはそのための公差に対する厳密さをまるでいつも水を摂取するように自分達の血潮として自ら叩き込む習慣を身につけねばならないが、日本軍と日本の技術者はそれに失敗したのではないか。これが著者が問いかける仮説である。
この問いかけは、経済、社会の高度情報化の中でやはりソフト面で少し水をあけられている今の日本にとっても今日的課題といえるのではないか。この本を叩き台にそんなことを議論できると言う意味で復刊されたことを歓迎すべき良書の一つといえる。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 近代日本で使用された機関銃についての歴史。幕末に輸入されたガトリング砲から艦載された25ミリ対空機銃までを扱う。前半部分までは当時の国際社会情勢等とからめて話が進むので面白かったのであるが、後半に入ってからはスペックの説明が多くなっている上に図版や写真が一切無いのが辛かった。何かの設定資料として使用するのであれば力強い味方となってくれるであろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書によれば、「東京砲兵工廠の設計課長に南部麒次郎が就任し、翌一九二〇年七月から、三年式機関銃を7.7ミリ化する研究に着手したときには、これからの重機関銃は飛行機や装甲車も撃つのだと見通す戦史眼/戦術眼は、なかった……」と。
日華事変の初期、中国軍が装備するチェコスロバキア・ブルーノ社製機関銃(鋼材、工作機械ともにチェコから輸入して中国でノックダウン)にアウトレインジされた日本軍は、慌てて92式7.7mm弾を使用する99式小銃、機関銃に切換え対抗しようとしたが、日本の工業力では、ときすでに遅く、全面切換不可能に終わって、第2次大戦の最後まで三八式用6.5mm弾と2系統の併用を強いられるはめに陥った。そのせいで、弾薬補給に大変な混乱をきたしたことが日本軍敗因の有力な一つとさえいわれている。
歩兵装備には有坂銃を改良したていどの6.5mm系小銃、機関銃で何ら差支えなく、いっそう強力な銃弾が必要ならば、機関銃中隊のみの配備とすれば何も問題は生じなかったはずと誰でも考えつきそうなのに、世界の軍事専門家が揃って首を傾げるような大失敗を日本軍がやらかしたというのも、じつは、飛行機や装甲車が登場する戦場というのを想像することに失敗したのが真因というわけだ、と。
明治の日本軍が、それなりにくらいは成功していたのに対し、なんで、昭和の日本軍は、あらゆる点で失敗に次ぐ失敗
...続きを読む ›
13 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 兵頭氏が10年ほど前に出版した日本自動火器の歴史書が文庫版で復刻された。

 慶応3年のガトリング砲入手から日本と自動火器のつきあいは始まる。長岡藩で使用されたアレである。その後、村田、有坂、南部(ニューナンブで知られるミネベアの祖)と陸軍による自動火器開発が続くのだが、この3人の後、著名な技師が軍内部から出ることはなかった。終戦まで日本は西洋の機関銃に追いつくことが出来なかった。

 原因は精密工業製品の大量生産には、製品の精度を上回る精度の工作機械が要求される。歴史を振り返ると、戦前の日本人はそこに思い至らなかったらしい。

 兵頭氏はそれを、明治四年の西洋使節団が「有形の理学」を希求するよう進言したときに、西洋文明の「無形の理学」まで理解・表現できなかったことを原因の一つとする。今でも日本人にはイノベーションを生み出す何かが少し不足しているかもしれない。まこと、歴史は様々な角度から見るべきものである。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
状態がとてもよかったです。

もう少し値段がやすいといいね。

又宜しく
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告