通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
たまたまザイール、またコンゴ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

たまたまザイール、またコンゴ 単行本 – 2015/6/17

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/6/17
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1,730

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • たまたまザイール、またコンゴ
  • +
  • 中国が喰いモノにするアフリカを日本が救う 200兆円市場のラストフロンティアで儲ける (講談社+α新書)
総額: ¥3,391
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アフリカ最奥部のジャングルを流れるコンゴ河。著者は21年の時を隔てて2度にわたり、この大河を下る長い旅に出た。ある時は、5千人にも達する人々が船の上でひしめきあって生活しているという幻の船「オナトラ船」に乗りこみ、その混沌とした驚きの情景とパワーに圧倒される。ある時は丸木舟を漕いで河辺の村々の暮らしに触れ、雄大な自然の中に生きる人々の知恵や死生観を思う。それは「慣れ親しんだ物の見方を根底から覆してあまりある強烈な体験だった」――。予測不能で、矛盾と不条理だらけの道程に怒ったり笑ったりしながら「人間が生きるということ」を否応なしに考えた、過酷にして愉快な旅の記録。クスリと笑ってしまうびっくりエピソードから、コンゴの歴史や紛争についての考察など、硬軟とりまぜた充実の内容。豊富な写真つき。

出版社からのコメント

 恥ずかしながら私の貧しい知識では、「コンゴ(1997年までザイール)」といえば『ドラえもん のび太の大魔境』の舞台だ、ということが真っ先に頭に浮かびます。あるいは著者の若い相棒・シンゴ君がいったように、ディズニーランドの「ジャングルクルーズ」の世界! そう、「ジャングル探検」ときいて私たちが漠然とイメージする風景こそ、この旅行記の行き先なのです。  ……なんてことを言うと、著者の田中さんをがっくりさせてしまうでしょう。なにしろ田中さんは、本物の「ジャングルクルーズ」をして(それも2度にわたって!)、身も心もボロボロになりながら(!?)「慣れ親しんだ物の見方を根底から覆してあまりある強烈な体験」をしてこられたのですから。  その道程はまさかと思うような抱腹絶倒エピソードの連続です。しかしそれは同時に、思い通りにならない厳しい状況だからこそ「ここにある今をしのぎを削ってリアルに生きる」人々の死生観を感じる旅でもありました―—。「旅」や「異文化」といった言葉にピンと来る方には絶対お薦めの本。硬軟おりまぜた濃い内容に、笑いながらも考えるところの多い読書体験ができるはずです!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 偕成社 (2015/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4030034209
  • ISBN-13: 978-4030034204
  • 発売日: 2015/6/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 20 x 14 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 317,795位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ページをめくる毎に、常識がくつがえされるといっても過言ではないほど面白い。
高野秀行さんがツイッターで「一気に読んだ」と書いていた本だから間違いないとは思ったけれど、ここまでとは。
ガーン!と足元からガラガラ崩されるような衝撃あり、ほろりとくる人情あり、真剣に考えさせられるような問題提起あり・・
私が一番気に入ったのは、著者・田中さんの抜群のユーモアセンスです。
電車で何度も声出して笑っちゃったので、移動中に持ち歩くのをやめなければなりませんでした(笑)
早速、同じ著者の他の本をポチろうか考え中・・・(たぶんポチるでしょう かなり近い将来
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本は、筆者が行った中央アフリカに位置するコンゴ(旧ザイール)への旅行について書かれたものです(1991年と、それから21年後の2012年の2回行っており、それぞれが前半と後半に分けて書かれてあります)。

ふつう旅行記を読んだら、いつか行ってみたいと思うのですが、彼が行ったザイール川下りを読んでも、ちっともそうは感じません。それほど、その旅が過酷で、忍耐を要することが、本書からひしひしと伝わってくるからです。でも、そこに暗さはなく、そこぬけに明るく、どうしようもないような笑いがあります。

ザイール川は、たぶん、地球上でその場所でしか経験することができないことがあります。対岸が見えないほどの広大な川の夕焼け、猿の燻製や芋虫や椰子酒のご馳走、何千何万という蚊の大群など、いわゆる一般の日本人が持つであろう未開だが、ロマンに溢れたアフリカのイメージが、確かにそこにはあります。

しかし、本書では、そういった話しはほとんど出てきません。むしろ、作者の田中真知さんが丁寧にくみ上げ、描写しているのは、そこで出会った人々や、行われている普通の生活についてです。そして、そういった生活の中で、政治や社会、環境問題がぽつぽつと語られています。

ともすれば、観光客が行かないような所への旅行記は、冒険劇的な口調になりやす
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告