通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
たなばた (こどものとも傑作集) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 コマドリ本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に若干のきず、最後の見開きの部分に薄いシミが1ヵ所ありますが、その他の状態は良好です。  ゆうメールでの発送になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

たなばた (こどものとも傑作集) 単行本 – 1977/4/1

5つ星のうち 4.9 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 180

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • たなばた (こどものとも傑作集)
  • +
  • もず (至光社国際版絵本)
  • +
  • 初山滋―永遠のモダニスト (らんぷの本)
総額: ¥4,488
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

むかしから人びとの心をひきつけてきた、かなしい愛の物語、七夕説話を、中国の話をもとにして、初山滋の幻想的な絵でおとどけします。

読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から

出版社からのコメント

昔から人々の心をひきつけてきた七夕の説話には、文献によって伝えられた系列と、人々の口から口へと伝えられてきた伝承による話の系列との2種類があります。この絵本は後者、つまり口承によって伝えられてきたお話がもとになっています。君島久子さんは、再話にあたって、紀元前から中国に伝わる伝承資料を集めて研究し、「牛郎織女の故事」を主軸として、その他の説話を参考にして物語を構成されました。さらに、そのかなしい愛の物語の世界を、初山滋さんが幻想的な絵で表現されました。 読んであげるなら:3才から


登録情報

  • 単行本: 28ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1977/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834005127
  • ISBN-13: 978-4834005127
  • 発売日: 1977/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 26.4 x 18.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,497位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 bee VINE メンバー 投稿日 2008/1/19
形式: 単行本
表紙は初山滋の「もず」のような淡い色合いで描かれています。1963年の7月に発行され、「こどものとも」から出ています。

年長の時に子どもは読みましたが、内容が難しく初山滋のイラストにあまり魅力を感じなかったようです。大人の私が見ると非常にモダンで美しい挿絵ですが、年長さんだったせいか、はっきりとした色あいを好む時期だったようです。

我が家では小学校低学年になって初めて本書の良さがわかってきました。学校で絵の具を使う授業があるせいか、色使いの微妙さが新鮮に映ったようです。

雨が降るから会えないのではありません。雨はおりひめが流す涙で、かささぎの橋の上で、毎年7日二人は会うことが出来るのです。心温まる良書だと思います。小学校低学年のお子さんにお勧めします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
表紙画像が載っていないのが残念。初山滋はとても著名な挿絵画家だそうで、そうとは知らず子供ながらに透明でナヨナヨっとしたこの絵の不思議な魅力に強い印象を受けました。大人になってすっかり忘れていましたが、ある時ネットでこの絵本の表紙画像を見つけたとたん、本当に一ページ一ページの絵柄の記憶がよみがえってきたんです。子供の頃の記憶って本当に強く残るんですね。だからやっぱり子供にはよいものを見せなくっちゃです!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
娘に買いました。自分が小さな頃に読んでいて、内容は覚えていなかったものの、初山滋さんによる挿絵は鮮明に覚えていた本。幼いながらに、天女の羽衣はどんなに薄くて柔らかいんだろう、なんて想像していたのを思い出しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happylife VINE メンバー 投稿日 2007/7/4
形式: 単行本
よく知られている
「織姫と彦星が遊びに夢中で、仕事をサボり・・・」
と言うのとは違う、感動的なストーリーです。

織姫〈天女)と牛飼い〈人間〉は結婚して子供が2人います。
結婚に反対した天の神様に、織姫は連れ戻されます。
夫と子供2人を残して。
何とか織姫を追いかけようとする牛飼いと子供たち。
しかし・・・・。

最後に「七夕の雨は織姫の流す涙」と言う表現があります。
今年の七夕は、雨が降っても大丈夫!!
早く子供に会いたいよ〜と、母親が流している涙なのですから。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
横長のサイズの絵本で、挿絵と絵本の形がマッチしていて、読み手にとってとても使いやすい本です。絵がきれいで子どもたちや大人にも夢を与え創造を描き立ててくれます。季節の本ですので読む期間は限られますが、他の絵本より印象に残るようです。言葉使いのやさしさも素晴らしいと思います。思秋期の子どもにも薦めたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
七夕の日の小学校の放課後スクールでの読み聞かせにと購入しました。
お話も絵もとても素敵で、子どもたちも大人たちもよく聞いてくれました。
発行されてから50年ほどたっているとは思えません。
私自信の大切な一冊となりました。
読み聞かせにおすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す