通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
たった一人の反乱 (講談社文芸文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 濃いヤケ、カバーに軽いスレ、使用感がございますが、中古にしては並みです。帯はございません。丁寧に梱包させて頂き、迅速な発送を心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

たった一人の反乱 (講談社文芸文庫) 文庫 – 1997/3/10

5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 532

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • たった一人の反乱 (講談社文芸文庫)
  • +
  • 笹まくら (新潮文庫)
  • +
  • 女ざかり (文春文庫)
総額: ¥3,380
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

受賞歴

第8回(1972年) 谷崎潤一郎賞受賞

内容紹介

出向を拒否して通産省をとび出し民間社会に就職した馬淵英介は若いモデルと再婚する。殺人の刑期を終えた妻の祖母が同居し始めたことから、新家庭はとめどなく奇妙な方向へ傾き、ついに周囲の登場人物がそれぞれ勝手な「反乱」を企てるに到る。──現代的な都会の風俗を背景に、市民社会と個人の関係を知的ユーモアたっぷりに描いた現代の名作。谷崎潤一郎賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 652ページ
  • 出版社: 講談社 (1997/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061975587
  • ISBN-13: 978-4061975583
  • 発売日: 1997/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 322,236位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
登場人物たちの、ごくごく私的な言葉や行動が、
小さいながらも、それぞれ「反乱」になっていて、
これがまた、ゴシップ記事を読むようでいて、
とても、楽しく読めました。

なによりも、それぞれの人物が魅力的なのと、
絡み合うことで、とても複雑な関係ができていくところが、
本当に面白かった。

ただの感想ですが。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 主人公の「僕」こと馬淵英介は地方の旧家の生まれで、通産官僚を
経て電器メーカーの重役となる普通の「市民」で常識人だが、二まわり
年下のモデル「ユカリ」と再婚したことを皮切りに、一癖も二癖もある
個性的な人間達とのトラブルに頭を悩ませる毎日となる。村上春樹の
『ダンス・ダンス・ダンス』もかくや、と思わせるほどスピーディで
目まぐるしいストーリー展開を誇り、しかもそれぞれのキャラクターが
別のキャラクターと絡むことでより一層複雑で一筋縄では行かない
展開と化すが、「カーニバル文学者」としてのジョイスを尊敬する丸谷らしく、
一見するとカオス状態であるかのように見えて実は非常に理路整然とした
構成をしており、あたかも一曲のシンフォニーやモーツァルトの喜劇オペラを
聴くかのように感じさせられるだろう。なお、この作品に関しては、分量をものとせず
一気に読み通してしまうことを薦めたい。
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めて読んだ時は、こんなつまらない小説がなんで賞賛されたのか謎であった。今でも褒める人がいるのがよく分からない。ストーリーは散漫だし、授賞式でいきなり拒否発言をするとか、現実にほとんどありそうもないことを書いてどうするつもりなのか。
 丸谷は、舟橋聖一の小説のようなのを書きたくて、それで「妾を正妻に直す」といったあたりを書いたのだろうが、どうも『ある女の遠景』が、時代遅れながら名作である、それだけの時代の力は丸谷にはなかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/19
形式: 文庫
~「市民社会」といわれるものが立っている前提について、主人公の独白を通じて接近してゆく。その過程で、ほとんどの登場人物がそれぞれの立っている前提に対して反乱を試みるのだが、ある者は元の鞘におさまり、ある者は逸脱してゆく。個々の登場人物が面白い。主人公である企業の重役(元官僚)、大学教授、モデル、お手伝いさん、前科者。これらの人物は、~~社会のある類型を示していると言えるだろう。
国家をテーマとした『裏声で歌へ君が代』よりも文章がスムーズで、ストーリーの展開も軽妙。~
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告