中古品
¥ 732
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感ありますが、全体的に中古としては状態は概ね良好です。※発行年数によって、カバーデザインが、異なる事がございます。出品前に検品、クリーニングしております。雨に濡れないようにビニール袋+封筒で梱包し、ゆうメール(日本郵便)で発送いたします。十分な検品、クリーニングをして出品しておりますが、もし、商品の状態が説明と異なる場合や郵送でのトラブル等、ご連絡いただければ丁寧に対応いたします。(※発送より10日以内に、ご連絡お願い致します。10日以降は対応致しかねますので、ご了承お願い致します)ご安心してお取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ただ、顧客のために考えなさい プルデンシャル―営業力の秘密 単行本 – 2003/12/5

5つ星のうち 3.3 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 650
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ただ、顧客のために考えなさい
 16年前、15人でスタートした日本でのプルデンシャル生命保険は、現在社員数3000人、ライフプランナー(セールスに携わる営業社員)2300人、契約数100万件を超える規模にまで拡大を遂げた。成功に至る大きな要因の1つは、セールスレディーが主流だった日本の保険業界に、米国プルデンシャルで培われた“保険営業のプロ(ライフプランナー)”によるコンサルティング式販売を導入したことである。

 当初は内部でも「日本での定着は無理」という読みがあったにもかかわらず、ライフプランナー制度が市場に受け入れられた理由は何か。創業時から営業責任者として辣腕を振るった原年廣・元社長(現顧問)が、8人のライフプランナーのエピソードを通じてその強さの秘訣を明かす。

 阪神・淡路大震災に遭遇した神戸地区のライフプランナーとその家族らは、一時は大阪に避難した。しかし、その3日後には「神戸に戻ろう」を合言葉に、それぞれの顧客の安否確認と支援のために被災地に入った。「保険会社の人がここまでしてくれるんか…」と泣き崩れる顧客もいたと言い、「顧客との約束を果たす」という真価が試された瞬間であったと回顧する。そうした実例を通してプロセールスマンの心得を導き出す。


(日経ビジネス 2004/02/09 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

創業以来の大躍進を支えたプルデンシャル生命の最強の営業部隊。 伝説を生み出すその強さの秘密が、生き生きとしたエピソードとともに、 今、初めて明かされる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2003/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478540594
  • ISBN-13: 978-4478540596
  • 発売日: 2003/12/5
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 かえさる 投稿日 2012/10/24
形式: 単行本 Amazonで購入
最近の、安かろう悪かろうの風潮の真逆といいますか、保険という特殊な商品の真髄に触れることができた気がしました。そして理念を土台に、組織設計、報酬制度など一貫性のある仕組みが整備してあるようで、、中小企業ならまだ分かるが、この規模で実現できるのは奇跡的な気がしました。今後もライフプランナーにはこの本にある哲学を体現し続けて欲しいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人に紹介されて読みましたが、冒頭からぐいぐいと引き込まれていきました。当初、営業の本と思っていたところが、そこにでてくるのは意外にもヒューマンドラマ。プルデンシャル生命のライフプランナーというのは、ここまでのヒューマンなサービスを行っているのかと、正直驚きました。営業で最も大切なのは人とのつながりなのだと感じさせる一冊でした。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ライフプランナーの営業力ってなんなのか参考にしようと思って読みましたが、そんなノウハウ話じゃなくて、なんか映画でも見たような感じです。本を読んで泣くなんて、いままで数えるくらいしかないのに。こういうことが営業の本当の強さになるのかもしれません。打算とかを超えたところに結果がついてくるんですね。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はプルデンシャル生命の営業、ライフプランナー8人の
物語です。
私は仕事柄、読まなければならないなと思っていました。
しかし、紹介受けたのは、保険の営業ではない私の友人から
でした。
その日に、買って読みました。また、昨日読み返してみた。
本人にがんの告知をせず、がん保険の給付金を請求する話、
阪神大震災の際、ひとりひとり顧客の安否を確認する話。
あと下記の言葉は、私も常に戒めなければならないと思いました。
『考えが変れば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変
わる。習慣が変われば、性格が変わる、
性格が変われば、人格が変わる。人格が変われば、人生が
変わる。』
仕事の際にお客様に納得していただくため、例え話をする。
というのは人間は論理だけでは納得しないのである。感情に訴えないと人は納得しないのである。
生命保険の例え話はいくらでも知っているが、私はほとんどが好きではないし、実際仕事でもほとんど使わない。
なぜなら、私自身はその話に感情流入できず、ウソくさく感じられるからである。
しかしながら、この本の中の話には、私自身も感動して涙した。
リアリティーの度合いが違うのだ、真剣さが違うのだと思った
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Vision 2020 VINE メンバー 投稿日 2004/3/31
形式: 単行本
プルデンシャル生命の8人のライフプランナーにまつわるエピソードを中心に、題名にある「顧客のために考える」ことをどう実践しているのかがよく伝わってきます。
特に感動的だったのは、第一章の阪神大震災の際に神戸のライフプランナーがどういう行動をとったのか、についてのお話でした。ここで、被災したプランナーを全力で助けようとしたプルデンシャル社の姿勢と、会社に助けられ「被災者の立場」から「被災地のライフプランナー」へと切り替わっていく社員の姿勢が完全にベクトルを合わせているのが感動的です。社員と会社がお互いに全幅の信頼を置いた組織は強いだろうな、と実感できます。
星3つとしたのは、他のエピソードがちょっと物足りないな、と思ったからでして、それでも一読はお奨めです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
普通の売買は、お金の支払いと商品の受け取りが同時なのに、保険はしばらく分割払いをして商品の受取は数十年後ということになりますよね。

生命保険というのは、「人の死」があって商品を渡すので、渡し方というのは本当に難しいですよね。それらのことがこの本でわかりました。

その「渡し方」にとっても気を使って、考え抜いている誠実さが本当によく伝わります。
私も営業マンですが、読んでいて涙が出る本は久しぶりでした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本に初めて、生命保険のプロ・セールスマンを送り出したのが、プルデンシャル生命であり、LP(ライフ・プランナー)の仕事に対する姿勢、日常の仕事振りを垣間見ることができる。従来の保険営業は、営業職員(いわゆる、保険のおばさん:お姉さん)のGNP(義理、人情、プレゼント)と言う武器に成り立っていたが、住宅に次いで高い買い物にも関わらず、中身を理解しないで契約している方が多いのではないだろうか。プルデンシャルのLPは、個人によって保険におけるニーズが異なることを理解し、その人々に必要な保険を必要な時期に提案する、正に個人のライフワークを保険を通してカバーするパートナーであることを伺える書である。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー