中古品:
¥461
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【出荷作業日数・到着予定日をご確認ください】■中古品のため使用に影響ない程度の使用感・経年劣化(傷、汚れなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。Amazonからの通知のみとさせていただきます。2020/08/02 5:56:57
この商品をお持ちですか?

ただ、君を愛してる プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち4.0 184個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 1枚組 ¥2,716 ¥159
DVD 2枚組
¥461
¥356
DVD [DVD]
¥797
お届け日 (配送料: ¥500 ): 10月2日 - 9日 詳細を見る

DVD・ブルーレイ バーゲンストア
バーゲン品、在庫処分品、廉価版など、お買い得商品が盛りだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • アスペクト比 : 1.78:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 言語: : 日本語
  • 梱包サイズ : 18.03 x 13.76 x 1.48 cm; 83.16 g
  • EAN : 4988064261772
  • 監督 : 新城毅彦
  • メディア形式 : 色, ドルビー, ワイドスクリーン
  • 時間 : 1 時間 56 分
  • 発売日 : 2007/3/16
  • 出演 : 玉木宏, 宮崎あおい, 黒木メイサ, 小出恵介, 上原美佐
  • 字幕: : 日本語
  • 販売元 : エイベックス・ピクチャーズ
  • ASIN : B000KIX9BE
  • ディスク枚数 : 2
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 184個の評価

商品の説明

内容紹介

玉木 宏、宮﨑あおい主演。2006年の大ヒット純愛ムービーが待望のDVD化!
原作は「いま、会いにゆきます」の市川拓司による「恋愛寫眞 もうひとつの物語」(小学館)。
主題歌は大塚 愛「恋愛写真」。原作本は映画化決定とともに、部数を増やし、公開時には総合書籍ランキングでトップ10入り!大塚 愛による主題歌「恋愛写真」もオリコン初登場2位、と関連するもの全てがヒットをするという"ただ、君"ブームを起こした映画。
スペシャル版の特典映像には舞台挨拶の様子や、メイキング、主題歌「恋愛写真」の映画版PVなどを収録予定。貴重な映像が満載です。

【Disc1】
・本編+特報スポット・予告

【Disc2】
・メイキング映像1:
・メイキング映像2:
・舞台挨拶
・未公開映像
・「恋愛写真」映画版PV

【仕様】
・2枚組

【永続特典】
・フォトブック

Amazonレビュー

   『いま、会いにゆきます』原作者で知られる市川拓司が、広末涼子主演の『恋愛寫眞Collage of Our Life』に触発されて書いた、もうひとつの物語を映画化。主人公ふたりの役名や、写真がつなぐ関係、NYで発覚する真実など、ポイントとなる要素は広末版と同じだが、全体にロマンチックな度合いが高まっている。大学で知り合った誠人と静流は、それぞれが抱えるコンプレックスに惹かれ合うかのように仲良くなる。誠人の趣味であるカメラにも興味を示す静流。やがて、別れ別れになったふたりの運命は、NYでひとつになるのだが…。
   前半から織り込まれる6年後のNYの風景、ふたりだけの秘密の森と、映像の雰囲気がいい。玉木宏と宮崎あおいのコンビは役柄のわりに美男美女過ぎるけれど、ふたりのまっすぐな演技に好は感が持てる。大学での友情関係など、ややテレビドラマ風なのも気になるが、クライマックスに向ける流れが鮮やか。1枚の写真が、これほどまでに言い知れない感動を残すことを知らされ、しばし言葉を失う。愛する人が今ここにいなくても、心のなかで一緒にいる――。そんな安らぎと幸福感に包まれたラストシーンが、静かな余韻を残すのだ。(斉藤博昭)

続きを見る