Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田村茜]のたそがれメモランダム(1) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

たそがれメモランダム(1) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

紙の本の長さ: 159ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

女子高生の高取エリ。
彼女の放課後は、ちょっとした謎とドラマに満ちている。

・とあるカップルは何故話をしないのか?
・お堅い先生の密かな楽しみは?
・そそくさと帰る同級生の秘密
・美術室のヴィーナス像の謎
・踏切に出るというユーレイの噂etc...

誰もが持っている秘密、意外な一面を垣間見る――
甘く少しほろ苦い青春ショートストーリー!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 42214 KB
  • 出版社: 小学館 (2015/3/12)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00XMGTT9W
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
自分にとってお気に入りのマンガのひとつになりました。作者の田村 茜さん、応援してます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2015/3/12
形式: コミック
よく見るような漫画だが、
黄昏時に舞台を限定していることが、
なかなか斬新で面白い。

ショートショート作品だが内容はとても良く、どの話もちゃんとオチがついているが、
ジャンルは日常の謎といったところなので、「んんん???」という結末の話もある不思議な一作。

女の子も可愛い。特にエリ。

良作。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 村木一平 投稿日 2015/4/2
形式: コミック
一話一話は短いのでサクッと読めるが内容は深い。
ほのぼのする話もあれば胸にグサっとくる話もあって飽きない。
主人公始め女の子が可愛いのも満足。
長く続いてほしい作品です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
きわめて、さらりと軽く読め、
懐かしいとも、感傷的ともちょっと違う不思議な印象を
おぼえる物語だ。

一応しばりとして一話完結と、
シーンがたそがれ時という約束事がある。

これらのしばりのおかげで、
登場人物達の、切り取られた何気ないながらも貴重な時間と、
彼らの感情を、共有できるという感覚を得た。

逆に言えば、もう少しストーリーを見せて欲しい部分や、
時間帯のしばりを設けない方が
自然と読めるストーリーもあるのでは、と感じる
部分もあった。
(個人的には、天文部と踏切のストーリーは
もう少し見てみたい気がした。)

なにやら読んだ後にじわじわ来る、そんな第1巻だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover