Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 820
(税込)
ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[吉川圭三]のたけし、さんま、所の「すごい」仕事現場(小学館新書)
Kindle App Ad

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場(小学館新書) Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 820
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 537

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

なぜ彼らの番組は長続きするのか。

『世界まる見え!テレビ特捜部』『恋のから騒ぎ』などを立ち上げ、ビートたけし、明石家さんま、所ジョージの3人から絶大な信頼を受ける日本テレビプロデューサー・吉川圭三氏。彼が間近で目撃したテレビの3大天才の壮絶な仕事現場、プロ根性をあますことなく語る。
●極秘プロジェクト「フジテレビから明石家さんまを奪え!」
●通い詰めて1年、初めてさんまが与えてくれた「チャンス」
●高額セットを「いらん」といったさんまのプロ根性
●日本テレビの礎を作った『元気が出るテレビ』の破天荒
●テリー伊藤とビートたけしが共鳴した『元気』の壮絶現場
●苦しむテレビ屋の逆襲『世界まる見え』
●空気を作る天才・所ジョージは「カンペ」を読まない
●怒り狂う横山やすしすら操縦した所ジョージの現場力
●地下鉄サリン事件、その時ビートたけしは…
●『恋から』長寿の秘密は「卒業」にあり 
●テレビは本当に「終わコン」なのか ~ドワンゴに出向してわかったこと~
など

内容(「BOOK」データベースより)

ビートたけし、明石家さんま、所ジョージの3人は、なぜいつまでもテレビバラエティの頂点に君臨できるのか―その秘密は驚くべきプロフェッショナリズムにあった。『世界まる見え!テレビ特捜部』『恋のから騒ぎ』など数々の大ヒット番組を立ち上げた日本テレビの名物プロデューサーが、「テレビの3大天才」の知られざる仕事現場を明かす。これは胸が熱くなる「テレビ黄金時代」の記録である。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1058 KB
  • 出版社: 小学館 (2017/4/4)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XY1CM9P
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,094位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
この本は、明石家さんま、ビートたけし、所ジョージという怪物・巨人たちと切磋琢磨して作り上げた番組のエピソードと彼らの人物像、
そして著者がテレビにかける情熱と歴史が記された作品である。

ビックスリーのエピソードとして以下の内容が特に面白かった。

「明石家さんまは「二律背反」の男である(P37~)」
御存知、お笑い怪獣、明石家さんま。
著者とは30年来の公私に渡る付き合いとのことで、さんま氏について非常に鋭い視点で分析をしている。
ここでは、そのさんま氏も緊張をしてしまうという思わぬ場面が、、、

「たけしはネットでもキラーコンテンツ(P188~)」
続いて、日本が世界に誇る北野武ことビートたけし。
著者とドワンゴが接点を持つことで、ネット(ニコニコ動画)の世界でたけし氏が大暴れするエピソード。
ネットの世界での人気のみならず、たけし氏が貪欲に新しいことを吸収する姿を垣間見ることができる。

「所ジョージは「普通の人」なのか?(P95~)」
そして、知っているようでいて意外と知られていない所ジョージ。
知名度の割に上記2人よりも人となりが見えない所ジョージ氏だが、
本作品の中でその人物像について非常にユ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2017/4/5
形式: 新書
たけし、さんま、所のビッグスリーと著者の過去のエビソードとともに、テレビの凋落振りを嘆く著者のテレビ業界復権に向けた主張が綴られている。
私自身は、ビートたけしを尊敬しているため、たけしの天才的な発想を持って仕事に臨んでいる話や意外にも非常にシャイである、といった裏話が非常に興味深かった。
さんま、所の話もそれぞれがテレビ時代を作った凄い内容ばかりであり、一気に読了した。
どうかテレビ業界の方々が本書を読んで奮起していただくことを祈っている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover