中古品
¥ 2,500
中古品: 良い | 詳細
発売元 synodontis
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2003年初版。カバーにくたびれ感、目立つ傷みはありません。本文の状態は良好です。帯有。商品はAmazonから発送されます。ビニールパックに封入され、FBAの管理ラベルはその上から貼られております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

たかがバロウズ本。 単行本(ソフトカバー) – 2003/2/15

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,242
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ジャンキーでおかまで妻殺し。カットアップで文学史上に金字塔を打ち立て、アングラの帝王にして、画家、俳優、CMタレント…。どこまでも自由を追求したその先にあったものは?「真実などない。何もかも許されている」バロウズ研究の決定版。

内容(「MARC」データベースより)

ジャンキーでおかまで妻殺し。カットアップで文学史上に金字塔を打ち立て、アングラの帝王にして、画家、俳優、CMタレント…。どこまでも自由を追求したその先にあったものは? バロウズ研究の決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 450ページ
  • 出版社: 大村書店 (2003/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756330169
  • ISBN-13: 978-4756330161
  • 発売日: 2003/2/15
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 689,677位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
バロウズは主に「凹」で、ギンズバーグが「凸」だったという。本人は否定していたかもだが、大変な女嫌い。奥さんを間違えて射殺してしまったことを「悪い霊に憑かれたんだ」といい、ひどく後悔していた。
ドラッグ文学と言えばバロウズの名前が浮かぶ世代はもうを超えているのでは。実際はバロウズは麻薬を経験したが、その記述(コカインは体にいいとか書いて?いた)は極めて信ぴょう性が低い。バロウズをとりあえず読んだ「振り」すればサブカルチャー(この単語が今も通用するかはわからない)の世界で食っていけると勘違い(?)した人間がおおぜい生まれ…すべて、山形浩生(及び鮎川信夫)のおっしゃる通り。実際はバロウズはそういう世界になんとなくいただけだ。特に成し遂げたことはほとんどない。

けど、自分みたいにSFとか映画とかに若いころ熱狂した世代は、まだこの人のことを覚えているかもしれない。

自分も「凹」だ。肛門は男にとって第二の性器だろう。一度男根の味を覚えた肛門は二度と快感を忘れない。発展場でははしゃぐ人間はいない。たかが肛門性交に過ぎないので。バロウズにも同性愛の本はあるけど、たかが性交で猥褻だの何だのという時代はもう過ぎた。

山形さんのこの本は本当にすごい。すごいけど、完全に内容が過去のものになってしまっているのが悔しい。僕も「裸のラン
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今年八月二日で没後二十年が経とうと言うのに,未だにバロウズは様々な分野で散発的ながら取り沙汰され,話題を集めているようである。ことにカット・アップ技法とフォールド・イン技法を駆使して書かれたあの天下の奇書であるノヴァ三部作に関してはあれは一体なんだったのかといった問い掛けや議論がいまなお現在進行形で続けられているが,筆者の極私的見解を述べさせて頂くなら,この天下の奇書たる意味伝達完全崩壊小説の表現したものは二十世紀の文化とその産物たる作品の虚飾を剥いだ本質だったのではないかと私は解釈している。バロウズ作品の読者は皆が皆,あれらの作品の世界観の奇怪さと文体の奇っ怪さに注意を奪われ意識がほぼ完全に硬直して思考停止してしまっているが,視点を他の20世紀の読めない名作に移していただきたい。ジェームス・ジョイスの「フィネガンの通夜(目覚め)」,アントナン・アルトーの「ヘリオガバルス,或いは戴冠せしアナーキスト」,ジャン・ジュネ「葬儀」などなど。バロウズの切り繋ぎ小説のように襤褸糞にこきおろされることなく20世紀の大名作文学作品として崇め奉られ,実に大仰に尊崇されてきたがこれらの作品などもバロウズのノヴァ三部作と同様に読めない散文作品でもある。みんなとっくの昔から解りきっていることなのだが,皆が皆,この大事なことを忘れてしまっている。この読めないがゆえに高級藝術として輝かしい美の殿堂に祀ってし...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本屋で見たとき、昔口説いてきたオジサンがバロウズバロウズ言ってたのを思い出し買ってしまった。小説に興味ない人も反面教師?の伝記として読めると思う。90年代に十代だった私は、旧ソやら旧ユーゴ連やら見て自由や民主主義の素晴らしさに感動しつつ大きくなったんだけど、最近自由の使い道に困ってきたので、ちょうど色々考えさせられた。著者がバロウズの最後に少しがっかりしてるのには、一緒になってしんみりした。愛とか言い出されたらね、がくってくるね、参るねホント。本としては、厳密すぎるくらい資料も挙げられてるし、ふざけた口調で格好いい事言ってるし、主張も分かり易くてきちんと残るし、安いと思う。不自由に感じる日々を送る人、読んでみたらいかが。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 「バロウズが達成したことと出来なかったこと」を軸に、著者にとっての現代小説論や自由論(!)、経済学的に見た文化の効用といったことが語られる。この分析は非常に面白く、ミクロ経済学の基本的手法を使ってカットアップ小説の効用をモデル化し、バロウズの小説を喜ぶのは「時給が安く余暇が沢山ある人間」等と幾つか典型的な人物像に結論づけるあたりなど、笑ってしまった。(実は、「文化経済学」とかいってる凡百の経済学者より、よっぽど説得力のある分析だったりする。)

 バロウズ関連の膨大な資料をベースにした解説も勿論説得力があるのだが、そもそも著者にとってバロウズを語ることとは、ここまで色んな考察を総動員しなくてはならないことだった、ということに興味を覚えた。

 山形活生が学生時代からここまでバロウズに魅了されたのは、なぜだったのだろう?この個人的事情は、実はこの饒舌な本を読んでも端的には書かれていない。色んなことを教えられた本だったが、その疑問がたった一つ、謎として残った。でも、きっとそんな個人的な事情を著者が書かなくてはならない筋合いなんて、無いのだろうけどね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー