通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
たいようのいえ(1) (KC デザート) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

たいようのいえ(1) (KC デザート) コミック – 2010/9/13

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • たいようのいえ(1) (KC デザート)
  • +
  • たいようのいえ(2) (KC デザート)
  • +
  • たいようのいえ(3) (KC デザート)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後…父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど…!? 年の差幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー!!


子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後…父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど…!? 年の差幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー!!


登録情報

  • コミック: 168ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/9/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063656225
  • ISBN-13: 978-4063656220
  • 発売日: 2010/9/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
同居もののお話です。
ヒロインの真魚は口は悪くて強がりですが、
線が細くて儚い感じで、ほんと可愛いです。
基が真魚のことを心配する気持ちが分かります。
真魚と基それぞれ家庭の事情がありますが、
複雑すぎたり暗いってことはなく淡々と進んでいく感じが良いです。
基の優しさや、それに泣いてしまう真魚や、高校生なりに
一生懸命にしようとする真魚の姿が切なくなります。
ジャケットとジャケットをとった本の表紙を見るのが、
毎巻楽しみです。
優しい雰囲気の作品なので年齢層幅広く楽しめる作品と存じます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
家族に恵まれなかった少女と、家族に恵まれたけどそれを失ってしまった青年の物語。
やがて、少女は高校生、青年は社会人となり、互いに支えあっていくようになります。

普通の家の子供なら、親に「あれをしなさい、これをしなさい」と言われるのは嫌だと思いますが
少女にはそういった経験がないので、普通の家族に憧れを抱いています。
そんなことも全てをひっくるめて青年は少女を支えようとしてくれます。
恋に発展するのかどうかはわからないけど、他人同士でもだんだん家族愛に満ちてきている感じはしました。

1コマ1コマの表情が、その時々の感情をよく表しているので、感情移入して読むことができました。
暗くて駄目という意見もありますが、ネガティブな作品ではありません。
言い換えるなら繊細な作品でしょうか。
なので、タイトルにも書いた通り、育ってきた環境によって感想は変わると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
特殊な家庭環境の中にいる主人公と、不慮の事故で両親を失った男性とのどこか切ないストーリー。幼い頃から男性の家に出入りしていた主人公が、ある事をきっかけで男性と同居します。最初から胸をえぐられるような気持ちになり・・・そういった感情が尾を引きます。主人公の名前に魚が使われていますが、彼女の目が死んだ魚のような目をしているシーンがあったりと、彼女の心情がそういった部分にも描写されていたので余計に辛かったです。それでも、彼女と男性との言葉の掛け合いには、独特のものがあり笑いもありましたが・・・。このストーリーは、それぞれの心情が深く丁寧に描かれていて考えさせられる作品になっています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
少女漫画では定番の同居ものですが、ただの男の子がかっこいいだけのストーリーになってないのが好感がもてます。
それぞれが抱える家族にまつわる悩みを真っ正面から誠実に描けています。

しかしこんなこと言っておいてごめんなさいなんですが、☆は3つで。。
設定や目のつけどころは好みなんですが、なんとも話のテンポが合わないんです。
セリフがところどころ言葉足らずで、コマ割りも余裕がある感じ。
合う人には合うんでしょうが、自分はいまいち肌に合わず、話に没頭出来ず。。

一つ一つの話も割と淡々と進むんですが、もう少しドラマチックな展開がほしいんですよねえ。
キャラの動く動機がどうもいまいち弱いような。

でも、この漫画の雰囲気やテンポが合う人にとっては、すごく面白い漫画だと思います。
以上、個人的な感想でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 侍蛇藩 投稿日 2016/4/23
形式: コミック
いきなり作者の前書きから始まる漫画って珍しいな。
普通カバーにあるもんなんだが。
別マとかも巻末カバーにあるのだが。

そこで語られるのは主人公が中二病であることw
ケイタイ小説をいきなりこう断じてるのが笑ったw
重要な要素なのにw
絵も琴葉とことかのメンヘラ系っぽい

年の差幼馴染の一風変わった同棲モノって流れだったが、
最後にいきなり恋愛。続きが気になる。

基も真魚(17)に最初から恋愛感情ある気がするな
いきなり年月がジャンプしたから、好きになった切欠とか描いて欲しい
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
当方男で、少女コミックはたまに読んだりするのですが、この作品はすごく心暖まる物語だと思います。笑えるようなところはあまりないかもしれませんが、絵が綺麗で、一つ一つの出来事に対し、心理描写がとても丁寧に描かれています。読み終えたあとは、きっと心が暖かくなると思います。

タアモさんの作品は大体読みましたが、その中でもこの『たいようのいえ』は一番面白かったです。

男性、女性を問わず、是非一読してみることをお勧めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック