Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,800

¥ 144の割引 (7%)

ポイント : 832pt (46%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョシュ カウフマン]のたいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術
Kindle App Ad

たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術 Kindle版

5つ星のうち 3.5 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,266

商品の説明

内容紹介

素晴らしい絵を描きたい、ビジネスを立ち上げたい、ピアノを演奏したい、飛行機を飛ばしたい……

そんな思いを抱きつつも、あなたが一歩を踏み出せずためらっている最大の理由は、上達するまでにかかる時間と、うまくなるために努力をしなければならないことだ。

しかし、たった20時間の練習で、まったく何も知らない状態から、上手にこなせる状態にまでもっていくことができる方法がある。

著者のジョシュ・カウフマンは、ベストセラー『Personal MBA』(ビジネススクールに行かずに、MBAの知識を身に付ける方法を説いた)の著者。

人が何か新しいスキルを身に付ける際に、短時間で効率よく習得できる単純なアプローチ法を開発した。

そのアプローチ法を、ヨガ、コンピュータープログラミング、碁、ウクレレ、ウインドサーフィンなどの習得の実例(著者の経験)を通じて解説する。



あなたは、どんなものを学びたいだろうか? マルコム・グラッドウェルは、1万時間費やして練習すれば、誰でも習熟レベルに達すると説いた。でも、そこまで我慢できる?

たいていのことは上手になるまでおもしろくない。

普通の人がそこまで打ち込むのは難しいはずだ。もちろん、プロのレベルにはいかないが、何とか楽しめるレベルだったら、20時間あれば何とかなる。これから新しいことを

いくつも習得したい人に、学習マニアのジョシュ・カウフマンが開発した速習術をお届けしよう!

内容(「BOOK」データベースより)

忙しい人のための超速スキル獲得術。初心者が上手にこなせるようになるまでの最短の道を手ほどき。あらゆる技能の習得に応用できる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5033 KB
  • 紙の本の長さ: 290 ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2014/9/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00NGCLXX2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,234位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
一年間で6つのスキル(ヨガ、プログラミング、タッチタイピング、囲碁、ウクレレ、ウィンドサーフィン)を習得したという著者の、スキル習得のメソッドを書いた本。
習得と言ってもプロレベルを目指すのではありません。「恐ろしくへたくそでイライラするレベル」から「そこそこ上手で自分でも楽しめるレベル」に最短でたどり着くためのメソッドです。

400ページもあり分厚い本ですが、全てを読む必要はないと思います(本書にもそう書いてあります)。最初に超速スキル獲得法について解説がなされ、あとは上記の著者が習得したスキルについての体験記(その習得過程)を、スキル獲得法のメソッドと絡ませながら書いてあります。
これだけのボリュームですが、本当に大切なエッセンスは少ないと感じました。本書にある「超速スキル獲得法とは、習得したいスキルを出来るだけ小さなパーツに分解し、そのうち特に重要なものを見極め、まずそれを意識的に練習するというプロセスである」という一文に全てが凝縮されています。
しかし、需要がありそうなテーマながら類書はあまり無く、この意味だけ言っても大変価値のある本であると思います。
本書に紹介されているメソッドを知っているのと知らないのとでは、スキル獲得に費やす時間や労力に大きく差が出るだろうと感じました。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
重要なのは「第2章」と「第3章」だけ。他の章は著者の体験記。

その部分だけを読んで、さっそく20時間でスキルを習得してみよう。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
◆本書の要旨「集中して20時間を投下すれば、一つのジョブに入門できる」というものである。多くの場合、何かを始めたいと思っている人は、始める前に躓いて「入門以前」でぐだぐだしてしまう。そこを乗り切って、テニスでもチェスでもプログラムでも結構だが、自分でそのプレイを自己展開していける状態を「入門」というとして、そこに入ることが重要で、そのためにはこういうコツがあるというのを示しているのが大きなメリットである。まさに「千里の道も一歩から」だ。
◆一方、話を分かりやすくするためにジョシュが10000時間の法則を引き合いに出したのはミスリード。10000時間の法則とはグラドウェルの著書などで知られた内容で、どんなジャンルでもトップアスリートは10000時間の訓練がされている、という研究のことだ。これはこれで大体正しいのだが、本書の触れ込みを見ると、まるで10000時間の法則が嘘だとか、10000時間でできることが20時間でできるとでもいわんかのような、誇大広告めいた印象がついてしまっている。こういう宣伝上のバイアスは残念だ。
◆他方で、10000時間の法則がトップオブトップアスリートの基準だということを示した点は発想として重要である。グラドウェルの本を読んでいないのでもう少しそちらでは慎重に書かれているかもしれないが、世間では、ビル・ゲイツやタイガー・ウッズについて説明す
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
版組に問題が有ってPaper Whiteでは読めない。
章の名前が左ページにだけあって読むたびにガタガタするしフォントの大きさも変えられない。
中身が面白かっただけに残念な気分
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
テキストではなく、画像の集合体です。
極めて読みづらく、検索すら不可能です。
Kindle版で後悔したのは、これが初めてです。

出版社: 日経BP社と、ありますが
これでGoを出したのだとしたら正気を疑います。

書籍版を買えばよかった。

------------------
2014/12/30 追記
------------------
アップデートを更新しました。しばらく前に更新されていたようですね。

以前は「画像の右ページと左ページで文字の大きさが違う」など
「本とは呼べない代物」の段組みやフォントで、内容の理解まで進めませんでした。

アップデート後は、横書きの一般的なKindle本となりました。
本の内容の評価しては、私にとって非常に満足できるものですので
本来の★5と訂正させていただきます。

改善されてうれしいです。ありがとう。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover