この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


そんなマーケティングなら、やめてしまえ!―マーケターが忘れたいちばん大切なこと 単行本 – 2000/2

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2000/2
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

1980年~90年代の米国コカ・コーラにおける実務経験に即した,独自のマーケティング論
著者は,メキシコの広告会社勤務などを経て,1980~90年代の米国コカ・コーラのマーケティング戦略を担ったことで知られる人物。本書では,その30年のキャリアに基づき,独自のマーケティング論を展開している。

彼の持論は,いたってシンプル。それは,「マーケティングとは,物を売るためのものであって,芸術品ではない。会社の売上高総資産率を上げるような目標を設定し,その達成に向けた戦略を練ることなく,いわゆる『クリエイティブ』な広告を,闇雲に制作しても無意味」と,繰り返し強調する。

たとえば,ライバルのペプシが,無色透明な「クリスタルペプシ」を発売した際は,「透明なコークを発売すれば,この製品を負かすことは可能。しかし,そもそも『透明なコーラ』の市場自体が小さ過ぎる」と判断。「透明なコーラ」というカテゴリー自体を消滅させることを目的とした新商品を開発し,その目的を見事に果たしたという。

著者の主張自体は,まったくの正論だが,それが,理屈でなく,彼自身の経験を根拠としていることが,本書の面白さと言えるだろう。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社

内容紹介

コカ・コーラ社のマーケティング総責任者として、数々の画期的な戦略を実行してきた著者が、独自のマーケティング論を展開する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2000/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478501734
  • ISBN-13: 978-4478501733
  • 発売日: 2000/02
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 240,741位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2008年6月6日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年8月4日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年1月19日
形式: 単行本
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年10月18日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2001年8月24日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年12月1日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?