中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

そろそろ親のこと… (中経の文庫) 文庫 – 2009/7/26

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

親が元気なうちから押さえておきたい、介護予防の習慣と知恵。「親に元気に暮らしてもらう方法」「親を寝たきりにさせない方法」「親をがんから守る方法」など、現役医師による、すぐに役立つ情報満載の一冊。親が元気で幸せなら、あなたも元気で幸せに暮らせます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米山/公啓
1952年山梨県生まれ。作家、医学博士。専門は神経内科。診療を続けながら医療エッセイ、医学実用書など、幅広く著作活動や講演を行なっている。高齢の親をもつ40~60代の子供世代向けに、ウェブサイトやフリーペーパーで情報を発信する「オヤノコト」のアドバイザーや「オヤノコト.エキスポ」での講師を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 191ページ
  • 出版社: 中経出版 (2009/7/26)
  • ISBN-10: 4806134023
  • ISBN-13: 978-4806134022
  • 発売日: 2009/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,247,982位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書は、神経内科医の著者が2008年にダイヤモンド社から刊行した
『親を元気に育てれば、あなたの老後も安心です』を文庫収録にあ
たり改題し、新編集をしたものである。

平均寿命がのびるにつれて、介護を必要とする老人の数が増加し、
老老介護なる言葉も誕生してきた背景を鑑み、本書では、年老いた
親を持つ子どもを主たる読者対象にして、親の体と脳を、できるだけ
長く健康で元気にいさせるために、子どもが親のためにできること
をまとめている。

本書は5章構成になっていて、第1章では親が元気でいることが、
子どもの生活や精神や経済の安定にとっても重要であることがまと
められている。第2章は、親がもの忘れをするようになる仕組みや
そうなってしまった時の対応について、第3章は、親に元気に暮ら
してもらう方法について、第4章は、親を寝たきりにさせない方法
について、そして最後の第5章は、親をがんから守る方法について
まとめられている。

親の介護が必要になってからどうするか考えるのではなく、親の介護
が必要にならないように、あるいは、なるべくそれが遅くなるように
予防的観点を持って親に接することは、著者
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告