Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,200

¥ 96の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[業田良家]のそれ行け!天安悶 伝説の独裁者が現代に降臨
Kindle App Ad

それ行け!天安悶 伝説の独裁者が現代に降臨 Kindle版

5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,200

紙の本の長さ: 160ページ それ行け!天安悶 伝説の独裁者が現代に降臨と類似の本
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

毒と笑いの4コマ漫画
迷惑国家『あるある』が満載!
--------------------------

大反響漫画『独裁君』の作者が描くあの国

物語の舞台は架空の国・大華国。近年、大きな発展を遂げるも、環境汚染や格差拡大や株価暴落など、国内には問題が山積み。そんなことはお構いなしに、40年ぶりに目覚めた独裁者・天安悶は覇権国家を目指して猛進するが……。

主な登場人物
天安悶(てんあんもん)国家主席/40年の眠りから目覚めた大華国の独裁者。覇権国家を目指して暴走中。
集金平(しゅうきんぺい)総書記/天安悶に振り回され苦労が絶えない大華国のNo.2。
パクゴネ大統領/東西陣営の狭間で悩む南恨国の大統領だが反桜国の姿勢は不動。
シャルル・ド・クサイIII世/独裁国家・シャルル国の3代目。最近ミサイル実験に夢中。
ラスプーチン大統領/武闘派で熊をなぎ倒すほどの強さを誇るオソロシアの大統領。
アンベ首相/大華国や南恨国に辟易する桜国の総理大臣。
米国(こめこく)大統領/米国弱体化の象徴的人物。イマイチ影が薄い。

月刊「正論」で好評連載中の作品を単行本化、全35話・266作品収録!

内容(「BOOK」データベースより)

独裁国を笑い飛ばす!領土拡張の野望を読む!物語の舞台は架空の国・大華国。近年、大きな発展を遂げるも、環境汚染や格差拡大や株価暴落など、国内には問題が山積み。そんなことはお構いなしに、40年ぶりに目覚めた独裁者・天安悶は覇権国家を目指して猛進するが…。月刊「正論」で好評連載中の作品を単行本化!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 223240 KB
  • 出版社: 産経新聞出版 (2016/7/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01J1E5PH8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 128,009位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
中国の問題点を、よく皮肉っていて笑えます。中華思想のある国ですので、外交で交渉する際には強気で行かないと怪我をするでしょう。南シナ海問題や尖閣問題等、国論を一つにして対応する必要があります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2016/7/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
伝説の独裁者が現代中国に降臨という4コマ漫画である。
主な登場人物。
40年振りに目覚めた天安悶大華国国家主席及びその妻ミンミン。
No.2が集金平大華人民共和国総書記。そして、幽霊として現れたとう商売。
その他、一番巧く描かれているパクゴネ南恨国大統領、シャルル・ド・クサイ三世シャルル民主主義人民共和国。北恨国もあるがこの本では出てこない。
ラスプーチンオソロシア大統領。米国(こめこく)大統領。アンベ桜国首相。ピース山鳩。

習政権を評価する物差しとして毛沢東を思わせる天安悶が主役を果たし、同様とう小平がとう商売として登場する。
習近平の時代は、権力プラス金(賄賂)が蔓延し何でもありの野放図な時代となった。そして、公然と侵略するまに至った。
一番的を射ているのがパクグネ大統領だろう。シャル・ド・クサイ三世も良い出来栄えである。漫画の題材として捉え易いキャラクターなのであろう。東亜三国の欲望・破壊・捏造がモロに描かれているので大変解かり易い。
ピース山鳩は、日本的リベラルの象徴のようなものである。日本以外では、ルーピーである。
西欧人は、建前を前面に出すが本音と間違える人が多い。そして、その人たちの生きるための利権化が始まる。

因みに、フランス国歌の理
...続きを読む ›
2 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とんちん トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
ますます傍若無人に暴走を続ける「かの国」を風刺した4コマ漫画集。

毛沢東がモデルと思われる天安悶国家主席が眠りから目覚めてトップに返り咲き、国内の環境汚染問題や隣国トップとのドタバタにクスリと笑わされる。中でもさすがの天安悶も引いてしまうほど、桜国に対して執拗に恨み妬みを爆発させる南恨国のパクゴネ大統領は秀逸(笑)。
ただ、時折あるコマ欄外の「ブラックですみません」との断りが個人的には不要かなと・・・。逆に「かの国」に対してはもう少しブラックであっても良いのでは?

さて、現実に目をやれば日本国内には「かの国」ではなく、内々にばかり抗議の声を上げる連中が見受けられる。だから「現実」に目をやってくださいよ。そのエネルギー、どうせなら尖閣周辺で外へ向けて大爆発させてはいかが?!いい加減にしとかないと、この漫画を読んで笑ってる場合じゃなくなるかもしれないよ?

ねえ、翁〇知事さん?
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
『新ど忘れ日本政治』、『ガラガラポン!日本政治』、『独裁君』などの
大ヒット作に続きまして、業田良家さんから、またまたまた面白い新作が出ました!

“事実”な出来事を“フィクションということにして”、ユーモア満載で展開していきます。

第1章から、猛スパートしています。
天安悶(てんあんもん)国家主席が40年ぶりに目覚めて仰天!
「昔はこんなじゃなかったっぺ」
あの独裁者を「~だっぺ」という話し方にしているところが、ユーモアに富んでいて、
ブラック混じりの物語をとても面白いものにしています。

さてさて、どの登場人物もセンス抜群だっぺから、ぜひぜひ読んでみてっぺ~!

天安悶(てんあんもん)国家主席/大華国(仮想中国)の独裁者
明明(みんみん)/天安悶国家主席の妻
集金平(しゅうきんぺい)総書記/大華国(仮想中国)のNo.2
パクゴネ大統領/南恨国(仮想韓国)みなみはんこくと読みます
シャルル・ド・クサイIII世/独裁国家・シャルル国(仮想北朝鮮)の3代目
ラスプーチン大統領/オソロシア(仮想ロシア)
アンベ首相/桜国(仮想日本)の総理大臣
米国(こめこく)大統領/(仮想アメリカ)※な
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/7/7
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
40年前に死んだはずの天安悶主席が蘇り、再び覇権国家を目指して暴走する話。独裁者に振り回される集金平総書記や、桜国のアンベ首相の写真に火炎放射器をぶっぱなす南恨国のパクゴネ大統領など、笑える要素満載である。集金平の困ったときや驚いたときの表情がとてもいい。
「最強の敵は国内の暴徒たち」「1万匹の病死した豚が流れ、千匹の死んだアヒルが流れ、身元不明の遺体が年間何百体も流れる我が国の大河…。我が国に大河があってよかった」「『植林しても人民がすぐに引っこ抜いていくハゲ山。荒れ果てた農地に餓死した農民…。食料を奪い合う子供たちの群れ!美しい、美しい自然現象だっぺ』と言って、感動の涙を浮かべる」「南金大虐殺は、今は40万人」「『桜国内に南金大虐殺を否定する人がいるのは悲しいことです』『歴史的事実です』と言って土下座して謝罪する桜国の政治家たち(天安悶と妻の明明は虐殺を信じていない)」「『従軍慰安婦強制連行はありました』『恨国人を20万人もセックススレイブとして扱いました』と言って、土下座して謝罪する桜国の政治家たち(パクゴネは信じている)」「大大躍進政策で餓死した人は4千万人、大文化革命で粛正された人は2千万人、チベット弾圧で死んだ人は百数十万人、天安悶事件で死んだ学生は…」「アドルフ総統は1700万人、ヨシフ書記長は2300万人、天主席は7000万人、人口削減の天才です」「サイバ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す