通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
それをお金で買いますか――市場主義の限界 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

それをお金で買いますか――市場主義の限界 ハードカバー – 2012/5/16

5つ星のうち 4.0 55件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,263
¥ 2,263 ¥ 27
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • それをお金で買いますか――市場主義の限界
  • +
  • これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
  • +
  • ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
総額: ¥6,259
ポイントの合計: 190pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

国民的ベストセラー『これからの「正義」の話をしよう』のサンデル教授、
待望の最新刊登場! 現代最重要テーマに、教授はどう答えるか?


結局のところ市場の問題は、実はわれわれがいかにして共に生きたいかという問題なのだ。
(本文より)

私たちは、あらゆるものがカネで取引される時代に生きている。民間会社が戦争を請け負い、
臓器が売買され、公共施設の命名権がオークションにかけられる。
市場の論理に照らせば、こうした取引になんら問題はない。売り手と買い手が合意のうえで、
双方がメリットを得ているからだ。
だが、やはり何かがおかしい。
貧しい人が搾取されるという「公正さ」の問題? それもある。しかし、もっと大事な議論が欠
けているのではないだろうか?
あるものが「商品」に変わるとき、何か大事なものが失われることがある。これまで議論され
てこなかった、その「何か」こそ、実は私たちがよりよい社会を築くうえで欠かせないも
のなのでは――?
私たちの生活と密接にかかわる、「市場主義」をめぐる問題。この現代最重要テーマに、国民
的ベストセラー『これからの「正義」の話をしよう』のサンデル教授が鋭く切りこむ、待望の最新刊。

著者について

マイケル・サンデル(Michael Sandel)
1953年生まれ。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ブランダイス大学を卒業後、オックスフォード大学にて博士号取得。2002年から2005年にかけて大統領生命倫理評議会委員。1980年代のリベラル‐コミュニタリアン論争で脚光を浴びて以来、コミュニタリアニズムの代表的論者として知られる。類まれなる講義の名手としても著名で、中でもハーバード大学の学部科目「Justice(正義)」は、延べ14,000人を超す履修者数を記録。あまりの人気ぶりに、同大は建学以来初めて講義をテレビ番組として一般公開することを決定。この番組は日本では2010年、NHK教育テレビで『ハーバード白熱教室』(全12回)として放送されている。同講義を著者みずから書籍化した『これからの「正義」の話をしよう』は、日本をはじめとする世界各国で大ベストセラーとなった。

訳者略歴
鬼澤 忍(おにざわ・しのぶ)
翻訳家。1963年生まれ。成城大学経済学部経営学科卒。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。おもな訳書にワイズマン『人類が消えた世界』、サンデル『これからの「正義」の話をしよう』『日本で「正義」の話をしよう』(以上、早川書房刊)『公共哲学』、バーンスタイン『華麗なる交易』など多数。


登録情報

  • ハードカバー: 336ページ
  • 出版社: 早川書房 (2012/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 415209284X
  • ISBN-13: 978-4152092847
  • 発売日: 2012/5/16
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,921位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
コミュニタリアニズム(共同体主義)っていうとなにやら難しそうですが、
要は、みんなのためになることって何よ!?って本です。
資本主義の健全なあり方にもつながります。

いいなぁと思ったのは、ラリーサマーズやグレゴリーマンキューと一緒に議論して授業をしているってところ
さすがハーバード
単に自分の学問分野だけでものを考えないばかりか、他分野の一流と一緒に論点出しをする
うらやましい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
正義に関する講義で、日本でも有名になったサンデルの著作です。
市場至上主義の蔓延するアメリカの現状に対して異議を唱えます。
具体的な事例を挙げながら、倫理的な面からの批判を加えていく
というのが本書の基本的な流れです。

日本人の感覚から見ると驚くような商品が登場するので
経済に関する文化比較論として読むのも良いでしょう。

アメリカでは、あらゆるモノや行為に値段がつけられています。
遊園地で倍の価格を払えば、行列をパスして先頭に出る権利、
また「並び屋」に一定の報酬を支払うことで議会の傍聴席や
病院の整理券取得の行列に
代理で並ばせるサービスが成立しています。

市民劇団の無料上演も、ダフ屋の横行によって
チケットに高額の値段がついてしまい
文化向上に貢献したい劇団、観劇したい市民双方が損失を蒙り
ダフ屋だけが大儲けをする事態が生まれてしまいます。
しかし、これは無料チケットを手に入れるための行列に
並ぶことを嫌がる市民が、大勢いるために起こったわけです。

経済学的に見れば価値が創造され市場に利益をもたらしたのだから
良いことである、と解釈するのですが
...続きを読む ›
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
数年前にいちど買って、改めて読み直した。
今話題のメルカリの問題もそうだがこの本の問うところ
全然色褪せてない気がする。
道徳や倫理の視点で見ると日常生活の至るところに
はっとさせられる要素に満ち溢れていることを
気づかせてくれる。
道徳や哲学といったジャンルも吸収していかないと、
人生がつまらなくなりそうな気がする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 「ハーバード白熱教室」のサンデル教授が、今度は何でもお金で動く市場経済について問いかける。

 遊園地の割り込み権や勉強した生徒にお金を出すなど、びっくりするものがお金で買える様になっている実例を挙げて、市場経済が侵すべきでない領域があることを説いていく。そこには裕福でない人が不利になるというだけでなく、お金で価値を考えることがそのものの価値を貶めることになるからだ。
 刺激的で面白い本だが、この本の内容は日本の東大で行われテレビでも放送された特別授業と同じ内容であり、生徒との対話からなるそちらの方が面白い。
 
 やはりサンデル教授は授業として体感したい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 
 かつて、「人の心はお金で買える」と宣ったベンチャービジネス界の風雲児がいた。こうした拝金思想を裏打ちしていたのが、マイケル・サンデル教授の言う「市場勝利主義」であろう。とりわけ、冷戦終結後、マーケット・メカニズムの原理は、「道徳」や「倫理」の壁をあっさりと乗り越えてしまった。「公共性」という言葉すら死語同様になってしまった。「すべてが売り物」(本書)、すべてが売買の対象となってしまったのだ。すべての価値が需要と供給の支配に屈し、札束の厚さに換算され、評価されていくようになった。そうした市場至上主義の欠所を論議する枠組みや材料を提示しているのが当書である。

 「市場の役割と範囲」を議論すること、それは取りも直さず「市場の道徳的限界」を議論することだ。その鍵となるのが現代経済学の教科書には絶対に出てこない「公共善(社会的善)」という考え方である。これこそサンデル教授の「政治哲学」の核心である。それは同時に、「市場勝利主義」を支えるイデオロギーたるリバタリアニズムへの批判ともなる。私は、「負荷なき自己」をもじって「負荷なき市場」という言葉を使っているが、「負荷なき市場」が資本主義経済や自由主義社会そのものを蝕んできている、と考えている。だからこそ、本書等を通じて「市場の役割と範囲」について、大いに議論すべきだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー