この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ 【完全版】11 (朝日ノベルズ) 新書 – 2012/7/20

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「オールドタイマー」は、銀河中の恒星を超新星化しようとしているのではないか、というローソンの報告に戦慄するTERRA上層部。それが事実なら、人類は銀河系外へ脱出しなければならないからだ。すべての真相は果たして──!? 10年ぶりの書き下ろし新作!!

内容(「BOOK」データベースより)

銀河系各所で起きている超新星化現象は、その連鎖を止めることができず、最終的に銀河系は丸ごと燃え尽きてしまう―ローソンの導き出した仮説は、いずれ人類は銀河系を脱出しなければならないことを意味していた。それを止められるのは、『オールドタイマー』と唯一、コミュニケーションをとることができる山本洋子だけ―!?幻だった完結エピソードが、十年の時を経て、ついに動きだす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2012/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022739932
  • ISBN-13: 978-4022739933
  • 発売日: 2012/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 11.1 x 1.5 x 17.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 191,089位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 富士見ファンタジア文庫収録分は前巻までで終了。ついに十数年のインターバルを開けて、完結編が始まりました! でも、今までのあとがきの話では、この11巻で終わるようなことを言っておられましたが、この巻では完結しません。次の12巻で完結です。なので、11巻は完結編が始まったけど、完結はしないという巻になります。
 内容は、本来1巻で終わらす予定であったためか、盛り上がるに欠ける部分があるかもしれません。なにせ、洋子が全く活躍してませんから。かわりに、周りから評価されてるわりに、こいつ実績なにも上げてないよなとみんな思っていたフーリガーにようやく活躍の場がやってきました。これまでの巻でも、スティングレイで洋子たちを助けに来たときは、かなり輝いていたんですけどね。でも、これでようやくライバルがライバルらしくなったかと思ってたのに、次の巻ではあっさりスティングレイ盗まれるという間抜けっぷりを披露して、スティングレイ対ヤマモトヨーコというみんなが期待していた戦い結局行われなかったし。まぁ、ここまでライバル対決引っ張ってきたのですから、ぜひ納得いく戦いを見せてもらいたいものです。
 12巻の執筆も進んでいるようですので、近いうちに続き見られると思います。
 ちなみに、11巻のラストは、そこそこの区切りで終わっています。聖闘士星矢のように、最後のとこで「なにぃぃ!?」とか驚いたセリフ吐いて、読者をやきもきさせた引きで引っ張るようなことはありませんのでご安心ください。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
完結編前編。いよいよクライマックスに向けて全てが動き出す。シルヴィーはアノマロカリス型の新造艦のパイロットになる。フーリガーはわざとゼンガーの企みに乗り、巨大なジンベエザメ型のネプチューンのパイロットに・・・だが、ネプチューンには、とんでもない秘密が・・・一方、NESSを指揮した伝説の大提督の目的も判明。或いは、それはオールドタイマーの思惑に沿うものなのか。そして、その計画は、今、再び動き出す!ネプチューンの正体は、正に今の時代のSFと云ったところ。それにしてもアノマロカリス型があるのなら、オパビニア型とかマルレラ型とかサンクタカリス型も見てみたい感じが。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
もはや出ないと思っていた続きが出ました。
最終巻かと思ったら一歩手前だった。
しかし、前の文庫なりなんなりをもう一度
読み返さないと、訳がわからん。
とくにNESS側の名前とか関係がすでに忘却の彼方。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Abell1689 VINE メンバー 投稿日 2013/1/30
形式: 新書
既にレビューされている方のコメントにもあるように、10巻までが富士見ファンタジア文庫収録分の内容で本巻からは完結編となりますが、あとがきで庄司先生が述べられているように11巻では終わらなかったために次の12巻(今年2月に刊行されるようですね)でもって完結となるようです。そのため本巻に関しては「ヤマモト・ヨーコ完結編・前編」とも言えるでしょう。
さて本書の内容ですが、相対未来の銀河系各所にて発生している超新星化現象とそれと並行するかのように出現した黒色矮星である「アイアンフィスト」がTERRA連合艦隊司令部として使用されている先史文明オールドタイマーの遺産「シルフィウム」に向かって急接近しているという現象が発生し、それらには前述のオールドタイマーが関与しているのではないかとの推測と「アイアンフィスト」接近への対策が講じられる中でTERRAとNESSさらにはnoyss等諸勢力の思惑が交差し、ついには「アイアンフィスト」調査権をめぐるバトルロイヤル式の艦隊戦が敢行されるというのが大まかな流れとなっています。
内容的には本巻にて収まりきれなかった事もあってか(分量は260ページ程度)、これから盛り上がっていく前段階という所で終わってしまっていますが、これは次の12巻でどのような型で収斂していくのか期待するのみという事なのかもしれません。これも先にレビューされた方のコメン
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック