Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石黒正数]のそれでも町は廻っている(16) (ヤングキングコミックス)
Kindle App Ad

それでも町は廻っている(16) (ヤングキングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.8 126件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] それでも町は廻っている(ヤングキングコミックス)の16の第16巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 621 ¥ 245

紙の本の長さ: 189ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

いつも愉快な歩鳥が大ボケかまします!究極の天然が巻き起こす想定外なハプニング続出!個性あふれる下町商店街のメンツに爆笑必至、下町の人々の人情味も味な抱腹絶倒ギャグコメディ!11年にわたる大人気シリーズ遂に終幕!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 55414 KB
  • 紙の本の長さ: 200 ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2017/2/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06W52KPHH
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 126件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
いつもどおりの展開
いつものストーリーが続く
それはそれで嬉しく楽しく読んでました
ラストがね
本当に泣けた。
これは文句なく良い作品に結実した
今までももちろん良かったんだけど
このページは素晴らしかった
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
この作品を説明するのに長い言葉は必要無いですね。
歩鳥は私たちのそばに居るかもしれないし、居ないかもしれない。そんな事はお構いなしに町は、日常は廻っている事を感じる最終巻でした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
「良い思い出はその人を良い人にする」この言葉に小さく納得し肯定する歩鳥
思いは死と共に消えると考えていた彼女が広章の言葉に救われた瞬間ではないだろうか
人の思いは終わりが無いものでありえる
そうだ、思いは言葉に物にそして人に伝わり廻ってゆく
思いは町を、世界を廻っていく 
たとえ自分が消えてしまっても
それでも良い思いは生まれ廻っていく
これまでも、そして・・・これからも
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
石黒先生、連載お疲れ様でした。とても楽しませて頂きました。
各伏線も、適度に回収し、曖昧にすべきは曖昧にし、

・・・・

もう言葉が出ませんね。
娘が嫁に行った気分です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
探偵志望の女子高生を主人公にした、ミステリー調のコメディ漫画です。起承転結が明確なので、間口が広く読みやすいと思います。全16巻を読み終えてのレビューになりますが、前半は細かいギャグが多く、後半は1話を通して大きな謎を解いていくといったスタイルに移行していきます。物語として最初から最後まで計算されているため、予定調和を好む方に特にお勧めな気がします。

良い点は、話作りが非常に丁寧で、安定感があるところです。著者のミステリー好きがいかんなく発揮されており、話ごとに謎が用意され、それが解決されて終わります。人が死ぬようなネタでなくてもミステリーは成立するという、お話作りの教科書的な見方もできそうです。基本的には徒歩で行ける範囲の人間関係をモチーフにすることが多いですが、時にはSFになったりと、自由な発想も埋め込まれています。いずれも破たんしないで両立しているところが、この世界観の重層さを表しています。
絵も見やすく、きれいです。後半に行くほど、無駄を排した丸みのあるデフォルメされた絵柄になっていきます。

留意点としては、謎解きミステリー的な話作りが多いので、たまに途中でオチに気付いてしまうことがあり、そういう話は純粋に楽しめなくなってしまう点です。個人的には、先入観を利用したショートショート的なネタが多いように思います。前半はギャグ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hyuga 投稿日 2017/2/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
最終話に向けて伏線の回収といいますか、まとめにいろいろ忙しい話が続きますw
もう歩鳥の物語を読めないのは寂しいですが、終わらせるのにはいい頃合いだったのではないでしょうか。
最後はちょっとほろりとさせられました。

可能性は低いですが、アニメ二期があるといいな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 キャラが立っている。
歩鳥ちゃん、探偵脳がさえている。
俊子ちゃん、片思いがせつない。
ウキさん、昭和の大和撫子してる、などなど。

 最終回迎えても、
勝手に活躍するバイタリティーたち。
また、会いましょ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
コミックはアニメがきっかけで買い始めました。本当に買ってよかったと思える作品でした。笑えたり、背筋をゾクッとさせたりと読んでて飽きることはありませんでした。11巻の84話とか個人的にメチャクチャ好きでした。

終わってしまうのが寂しいですねぇ。
エピローグですやられた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この漫画を読んでいて良かった、そう思わせてくれるエピローグでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この16巻が、ではなく(それもあるけど)、この「それでも町は廻っている」という作品が、です。
最終回を読み終え、心にぽっかり穴が開いてしまった状態です。替えが効かない作品でしたよね。次に何読めばいいのよw
半テンポほどズレたキャラクターの芝居はかわいらしく、物語の運びには色気があり、時折、社会的・哲学的なメッセージを押し付けがましくなく忍ばせて、、、
食事でいったら、栄養価が高く・美味しく・身体にやさしいという夢のような料理でしたw

11年間の連載だったそうですが(私が読み始めたのは3年前から)、マンネリに陥るどころか、この最終巻の作品群は下手すると今までで一番のクォリティだったかもしれません。
エピローグも素晴らしかった!恋愛ごとや死生観のようなへヴィな部分ではなく、一番ほどよい保留案件に落とし前をつけて、「それ町」の持つ“ほどほど感”を失わずに読者を感動させるという、最も難易度の高いラストだったと思います。

ともあれ石黒センセイ、本当にお疲れ様でした!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover