この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


それでも三月は、また (日本語) ハードカバー – 2012/2/25

5つ星のうち4.5 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥12,569 ¥168
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

あの日を心に刻む、胸に迫るアンソロジー。東日本大震災により、甚大な被害を受けた日本。大きく魂を揺さぶられた作家、詩人たちは、何を感じ、何を考えたのか? 谷川俊太郎、多和田葉子、重松清、小川洋子、川上弘美、川上未映子、いしいしんじ、J.D.マクラッチ、池澤夏樹、角田光代、古川日出男、明川哲也、バリー・ユアグロー、佐伯一麦、阿部和重、村上龍、デイヴィッド・ピース。日米英同時刊行!


あの忘れられない日を心に刻む、胸に迫るアンソロジー。2011年3月11日に発生した東日本大震災により、甚大な被害を受けた日本。福島第一原発の重大事故との闘いは、今後何十年も続く。大きく魂を揺さぶられた作家、詩人たちは、何を感じ、何を考えたのか? 谷川俊太郎、多和田葉子、重松清、小川洋子、川上弘美、川上未映子、いしいしんじ、J.D.マクラッチ、池澤夏樹、角田光代、古川日出男、明川哲也、バリー・ユアグロー、佐伯一麦、阿部和重、村上龍、デイヴィッド・ピース。
日本、アメリカ、イギリス同時刊行!本書の著者印税相当額/売り上げの一部は震災復興のため寄付されます。

内容(「BOOK」データベースより)

あの忘れられない日を心に刻む、胸に迫るアンソロジー。作家・詩人17人は、3.11後の世界に何を見たのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

谷川/俊太郎
1931年東京生まれ。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』でデビュー

多和田/葉子
1960年東京生まれ。1991年「かかとを失くして」で群像新人文学賞受賞

重松/清
1963年岡山県生まれ。1991年『ビフォア・ラン』でデビュー

小川/洋子
1962年岡山県生まれ。1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞

川上/弘美
1958年東京生まれ。1994年「神様」でパスカル短篇文学新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • ハードカバー: 290ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062175231
  • ISBN-13: 978-4062175234
  • 発売日: 2012/2/25
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 131,182位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 3
星5つ
51%
星4つ
49%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2012年3月6日
形式: ハードカバーAmazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2017年4月26日
形式: ハードカバー
2012年4月16日
形式: ハードカバー
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告