¥ 2,580
通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ロクロックが販売し、Amazon.co.jp が発送します。
この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
ギフトラッピングを利用できます。
それでもボクはやってない スタンダード・エディショ... がカートに入りました
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥2,660
通常配送無料 詳細
発売元: かばいち堂 【古物営業許可証:第651010000548号】
カートに入れる
¥3,563
143pt  (4%)

通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち4.4 285件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
DVD 1枚組
¥2,580
¥2,508 ¥700
DVD 2枚組 ¥2,800 ¥800
今すぐ観る レンタル 購入

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


よく一緒に購入されている商品

  • それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 十二人の怒れる男(コレクターズ・エディション) [DVD]
総額: ¥3,535
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 加瀬亮, 瀬戸朝香, 山本耕史, もたいまさこ, 役所広司
  • 監督: 周防正行
  • 形式: 色, ドルビー, 字幕付き, ワイドスクリーン
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2007/08/10
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 283件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000QJLROI
  • JAN: 4988104043627
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 31,276位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

名作「Shall we ダンス?」以来、11年ぶりに周防正行監督が選んだテーマは「裁判」。通勤電車で痴漢に間違えられた青年の裁判を描く。あなたの知らない”ニッポンの裁判”・・・その、おそるべき現実が明らかに!
監督・脚本:周防正行
出演:加瀬亮・瀬戸朝香・山本耕史・もたいまさこ・役所広司
カラー/143分+特典映像5分/片面2層/ビスタサイズ/THX
音声)1日本語5.1chドルビーサラウンド 2周防正行監督によるオーディオコメンタリー/字幕)1日本語字幕
映像特典)特報/予告編/テレビCM/キャスト・スタッフプロフィール(静止画)

Amazonレビュー

   周防正行監督が10年のブランクを経て完成させ、これまでの作風を一変させた社会派の1作。電車内で痴漢の容疑をかけられた青年が、無実を訴え続けるも、証拠不十分のために起訴されて裁判で闘い続けることになる。監督が痴漢冤罪事件を取材して練り上げた物語だけあって、細部まで綿密にリアルな展開。これまでの裁判映画では描ききれなかったシーンがいくつも登場し、最後まで観る者を惹きつけて離さない作りになっている。
   留置場での日常は、経験していない人には驚きの連続だが、最もショックなのは「疑わしき者は有罪」という警察や裁判所側の姿勢。取り調べでの自白強要はともかく、冷静に判断しそうになった裁判官が急に左遷されてしまうエピソードが強烈だ。被告人の青年役を演じる加瀬亮を中心に、キャスト陣もそれぞれの役を好演。電車内での痴漢に関わらず、ちょっとした運命によって、その後の人生が一変してしまう怖さは、本作を観た人すべてが感じるはずだ。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
評価の数 285

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

283件のカスタマーレビュー

2018年9月8日
形式: Prime VideoAmazonで購入
77人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月5日
形式: Prime VideoAmazonで購入
67人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月22日
形式: Prime VideoAmazonで購入
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月22日
形式: Prime VideoAmazonで購入
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月7日
形式: Prime VideoAmazonで購入
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月16日
形式: Prime VideoAmazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月21日
形式: Prime VideoAmazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年9月24日
形式: Prime VideoAmazonで購入
71人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告