それでもボクはやってない スタンダード・エディショ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: ジェネレイト
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: ELECTION
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.5 141件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,700 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,404 (34%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Ace libros 【年中無休で発送中!!土日祝日も発送しています】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 2,700より 中古品の出品:23¥ 357より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でそれでもボクはやってないを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • BOX~袴田事件 命とは~ [DVD]
  • +
  • 39-刑法第三十九条- [DVD]
総額: ¥7,855
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 加瀬亮, 瀬戸朝香, 山本耕史, もたいまさこ, 役所広司
  • 監督: 周防正行
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2007/08/10
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 141件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000QJLROI
  • JAN: 4988104043627
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,338位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

名作「Shall we ダンス?」以来、11年ぶりに周防正行監督が選んだテーマは「裁判」。通勤電車で痴漢に間違えられた青年の裁判を描く。あなたの知らない”ニッポンの裁判”・・・その、おそるべき現実が明らかに!
監督・脚本:周防正行
出演:加瀬亮・瀬戸朝香・山本耕史・もたいまさこ・役所広司
カラー/143分+特典映像5分/片面2層/ビスタサイズ/THX
音声)1日本語5.1chドルビーサラウンド 2周防正行監督によるオーディオコメンタリー/字幕)1日本語字幕
映像特典)特報/予告編/テレビCM/キャスト・スタッフプロフィール(静止画)

Amazonレビュー

   周防正行監督が10年のブランクを経て完成させ、これまでの作風を一変させた社会派の1作。電車内で痴漢の容疑をかけられた青年が、無実を訴え続けるも、証拠不十分のために起訴されて裁判で闘い続けることになる。監督が痴漢冤罪事件を取材して練り上げた物語だけあって、細部まで綿密にリアルな展開。これまでの裁判映画では描ききれなかったシーンがいくつも登場し、最後まで観る者を惹きつけて離さない作りになっている。
   留置場での日常は、経験していない人には驚きの連続だが、最もショックなのは「疑わしき者は有罪」という警察や裁判所側の姿勢。取り調べでの自白強要はともかく、冷静に判断しそうになった裁判官が急に左遷されてしまうエピソードが強烈だ。被告人の青年役を演じる加瀬亮を中心に、キャスト陣もそれぞれの役を好演。電車内での痴漢に関わらず、ちょっとした運命によって、その後の人生が一変してしまう怖さは、本作を観た人すべてが感じるはずだ。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
満員電車の痴漢冤罪の法廷闘争の映画ですが、いろいろと考えされられましたね。
満員電車で痴漢をする男性がどれだけかいるという事実は許されざる事ですが、無実の者が
犯人と誤認されそのまま犯人に仕立てあげられてしまうリスクがある警察や裁判所のやり方に大いに問題がありますね。
満員電車で若い女性が男性に囲まる状況があったとして、女性が”痴漢されそう!”という先入観を持ってナーバスになったとしたとき
自分のお尻とかに他人のカバンや肘が当たっただけでも、”触られている!” と思い込んでしまうかもしれない。
そういう状況が重なって、無実の人が犯人だと間違われてしまった場合、"加害者”とされる男性は被害者である。
吊革や側棒を掴みたくても、人に先に使われて空いてなかったり、位置的にとどかなかったり、手荷物もっているから
難しかったりという状況は自分の経験でもある。
そうしたら、電車の構造と、人をどれだけ乗せてしまうかという運営上、鉄道会社にも過失はあるのではないかとさえ思う。
駅員がマニュアルに従い、報告を受けたら駅長室に連れだしてとりあえずの身柄確保をし警察を呼ぶまで行動も、冤罪ならば、
"共犯”行為である。

やってなくても、やったことにしたら、少額の罰金で直
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 moyamoya 投稿日 2016/8/14
形式: DVD
痴漢に間違われて逮捕・勾留されました。現在は釈放されており被疑者の状況です。
知人に同じような映画があると紹介され見てみました。
駅員の(無責任と思われる)対応から検察の取り調べまでは2016年になっても残念ながらまだあまり変わっていないようです。
警察と検察の言葉遣いは映画ほど乱暴ではありませんでしたが他はリアルそのものといっても差し支えない感じでした。
映画ではこの辛さは伝わりきらないと思いますが、ほんとうに一瞬にして人生が変わってしまう現実がありますので予備知識として一見の価値はあるかと思います。特に満員電車に乗る男性は。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
痴漢は卑劣な犯罪です、でも、もししてもいないのに、犯人にされてしまったら、どうして無実を証明できるのだろうか。少しだけ用心がかけていただけで、完全に人生が狂わされてしまうという、そんな恐ろしさがよくわかる映画です。警察の取り調べの乱暴さ、調書のでっち上げ、そして検察官の傲慢、弁護人の困難、裁判の残酷さ、ようするに仕組みとしての司法の冷淡さがよく描けていると思います。映画を見る前に、痴漢犯罪を巡る周防監督の意見を読んだことがあるので、およそ見当はついていましたが、犯人にされてしまった青年の狼狽と怒りがこの俳優によってよく演じられていると思います。すべての男性はこの映画をヒントにして、万が一にでも痴漢と疑われない交通機関での乗車方などを考えて置かなくてななりません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
きっとこれが現実なのだろう。
裁判所なんてもう信じられないよ。
「法治国家」なんて言ってるけど、中国や北朝鮮とそれほど変わらないじゃないか。
「被告人は終始犯行を否認し、反省の色がまったく見られない」。そりゃ反省なんてしないだろう。だってやってないんだから。
人質司法。
こんな言葉が存在すること自体、今のシステムが間違ってる証拠だ。
たとえやってなくても、さっさと罪を認めればすぐに出てこれる。
逆に、徹底的に争う姿勢を見せれば、長期間身柄を拘束され、裁判でも重い処分を課される。
なにこれ? 国家にたてつく者への見せしめ?
アメリカの法廷ドラマでも似たようなものを見たことがあるから、日本の司法システムだけが欠陥品だというわけではないのだろう。人が人を裁くことの限界か。何千年もの太古の時代から、司法システムは進歩していないようだ。
もっと科学が進歩して、早くこんな原始的な司法を終わらせてくれることを祈るばかりだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
正直者が正直に生きるのは難しい。
でも、それが現実。

結局は、金と権力が優先され要領の良い者が笑う。
でも、それが現実。

そう考えると、こんな世の中で自分なりに悩んで苦労していることが
心底バカらしく思えてくる。
当たり前の事を当たり前に主張することが難しいこんな世の中
生きていることすら虚しく感じる。

けれど、その反面
たとえ現実でどんな不利益を被ることがあろうとも
やっぱり自分の信念は貫き通して生きていきたい
自分もあの青年のようでありたい。
と、思わされた作品だった。

あと、理解者がいる心強さ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ハンター

関連商品を探す