それでもボクはやってない スタンダード・エディショ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,870
通常配送無料 詳細
発売元: ※女性スタッフのみ※■椿堂(つばきどう)■※お客様第一主義※
カートに入れる
¥ 3,871
通常配送無料 詳細
発売元: STAR-SELLER
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: ドットコム家電&ホビー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.5 140件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,873より 中古品の出品:11¥ 780より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でそれでもボクはやってないを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 39-刑法第三十九条- [DVD]
  • +
  • BOX~袴田事件 命とは~ [DVD]
総額: ¥8,324
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 加瀬亮, 瀬戸朝香, 山本耕史, もたいまさこ, 役所広司
  • 監督: 周防正行
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2007/08/10
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 140件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000QJLROI
  • JAN: 4988104043627
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,209位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

名作「Shall we ダンス?」以来、11年ぶりに周防正行監督が選んだテーマは「裁判」。通勤電車で痴漢に間違えられた青年の裁判を描く。あなたの知らない”ニッポンの裁判”・・・その、おそるべき現実が明らかに!
監督・脚本:周防正行
出演:加瀬亮・瀬戸朝香・山本耕史・もたいまさこ・役所広司
カラー/143分+特典映像5分/片面2層/ビスタサイズ/THX
音声)1日本語5.1chドルビーサラウンド 2周防正行監督によるオーディオコメンタリー/字幕)1日本語字幕
映像特典)特報/予告編/テレビCM/キャスト・スタッフプロフィール(静止画)

内容(「Oricon」データベースより)

『Shall we ダンス?』の周防正行監督の11年ぶりとなる作品『それでもボクはやってない』がDVD化!“裁判”をテーマに、通勤電車で痴漢に間違われた青年が、その後1年にわたって裁判で争っていく姿を通じ、日本の刑事裁判制度の問題点を明らかにしていく。加瀬亮、瀬戸朝香ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
痴漢は卑劣な犯罪です、でも、もししてもいないのに、犯人にされてしまったら、どうして無実を証明できるのだろうか。少しだけ用心がかけていただけで、完全に人生が狂わされてしまうという、そんな恐ろしさがよくわかる映画です。警察の取り調べの乱暴さ、調書のでっち上げ、そして検察官の傲慢、弁護人の困難、裁判の残酷さ、ようするに仕組みとしての司法の冷淡さがよく描けていると思います。映画を見る前に、痴漢犯罪を巡る周防監督の意見を読んだことがあるので、およそ見当はついていましたが、犯人にされてしまった青年の狼狽と怒りがこの俳優によってよく演じられていると思います。すべての男性はこの映画をヒントにして、万が一にでも痴漢と疑われない交通機関での乗車方などを考えて置かなくてななりません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 moyamoya 投稿日 2016/8/14
形式: DVD
痴漢に間違われて逮捕・勾留されました。現在は釈放されており被疑者の状況です。
知人に同じような映画があると紹介され見てみました。
駅員の(無責任と思われる)対応から検察の取り調べまでは2016年になっても残念ながらまだあまり変わっていないようです。
警察と検察の言葉遣いは映画ほど乱暴ではありませんでしたが他はリアルそのものといっても差し支えない感じでした。
映画ではこの辛さは伝わりきらないと思いますが、ほんとうに一瞬にして人生が変わってしまう現実がありますので予備知識として一見の価値はあるかと思います。特に満員電車に乗る男性は。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画を見てとても救いのない気持ちになりました。
たかじんの番組でもこれを取り上げていて日本の有罪率は99、9%に対してアメリカやドイツの有罪率は7割ですけど日本の司法システムが如何に異常かわかります。
但し、起訴率は7割ぐらいでアメリカやドイツの司法システムが良いかというとそうでもないです。
Wikipediaで詳しく調べて見たら男性が被害にあったり一人が痴漢行為をしている時に他の人間が周りに気付かれないように壁を造るなど手口が悪質かつ巧妙かしています。
無罪になっても離婚したり電車やバスに乗れなくなってしまうから冤罪被害は予想以上に寝深いです。
女はそれを許さないというドラマでも痴漢は駄目だけど冤罪はもっと駄目という台詞が強く印象に残っています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
正直者が正直に生きるのは難しい。
でも、それが現実。

結局は、金と権力が優先され要領の良い者が笑う。
でも、それが現実。

そう考えると、こんな世の中で自分なりに悩んで苦労していることが
心底バカらしく思えてくる。
当たり前の事を当たり前に主張することが難しいこんな世の中
生きていることすら虚しく感じる。

けれど、その反面
たとえ現実でどんな不利益を被ることがあろうとも
やっぱり自分の信念は貫き通して生きていきたい
自分もあの青年のようでありたい。
と、思わされた作品だった。

あと、理解者がいる心強さ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
一人の主人公が、痴漢冤罪にかけられ闘っていく物語。

痴漢容疑に賭けられ無理やり連れていき、警察に留置所に叩き込まれます。
始めは頭のおかしい弁護士や、他人からひどい声がかけられていきます。
痴漢被害者の会や敏腕弁護士が仲間に付き、事件の再現までします。

しかし、努力もむなしく結局有罪になってしまいます。
理由が「女子高生が痴漢をいったのは勇気をだしたことに評価する」というとんでもない答え。
裁判官は証拠と証言だけを元にしているので、映画の最後まで冷酷な人間に見えます。
本当にひどすぎる、最後に控訴しますで終わります。

留置所で狭いところでみんなでご飯を食べたり、「こんな裁判みてられるか」ってヤンキー兄ちゃんが退出したりね、印象的ですよ。
この映画にはモデルになった人がいて最高裁直前に公開されました。
しかし、敗訴し刑務所に叩き込まれました、フィクションに限りなく近い作品である以上、この人も有罪になったのでしょう。
本当にみていて苦しい、映画の中で監督がユーモラスにして事件内容を出来る限りオブラートに包んでいるとはよくわかりますよ。
しかし、ほとんどの人がこういう目にあうとは悲しいことです。
一番リアリティがないのは裁判のために金額なのですが、金が無くても裁判をせざるを得ないのが現実的な司法です。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す