• ポイント: 40pt (2%)
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
それでもパレスチナに木を植える がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ≪中古品の性質上、通読に問題ない程度の日焼け、折れ、汚れ等がある場合がございます≫見返しに購入者の名前入りのサインあり。帯付き。カバーや本文にキズ、汚れ、ヤケ、折れ等、読むのに支障のない程度の痛みはありますが、書き込みや破れはなく比較的きれいな状態です。◆アマゾン倉庫から発送。年中無休でお急ぎ便、代引き、コンビニ受け取りもご利用いただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

それでもパレスチナに木を植える 単行本 – 2016/11/28


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/11/28
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,623

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1629」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • それでもパレスチナに木を植える
  • +
  • ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 89pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 (上)(下)巻セット
私たちはどこへ向かうのか。「サピエンス全史」の著者が語る未来。 ⇒ 詳しくはこちら

商品の説明

メディア掲載レビューほか

それでもパレスチナに木を植える

アラビア語を学び、パレスチナに足を運び続ける写真家の、2011年から14年にかけてのヨルダン川西岸地区と東エルサレムの記録。「家族」の家や難民キャンプで暮らした日々をていねいに描く。

イスラエル軍に対する非暴力のデモを繰り広げていたはずのビリン村には、嫉妬と裏切り、分断のはかりごとが渦巻いていた。イスラエル側が建設した分離フェンスはコンクリートの壁に変わり、デモの参加者が減り、イスラエル軍の兵士に石を投げる若者たちも現れた。「家族」の一員は、国のためとの信念から、危険な働きをした結果、自身と家族の命を脅され、秘密を抱え込んだままお調子者を演じていると吐露。犠牲にしたものの多さに皆が疲れ切っていると漏らす。

自身のオリーブ畑を耕そうとする人々の希望を踏みにじる暴力が生々しい。

評者:西條博子

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

絶望とわずかな希望のはざまで

前著『パレスチナ・そこにある日常』から6年、分離壁・入植地の増大、不当な逮捕・拘束はさらにエスカレートしている。
“自分にできることなどなにもないのではないか”と挫けそうになりながらも彼の地の人びとに魅せられ通いつづけるカメラマンと、彼女を大きな愛で受け入れる「家族たち」との交流をとおして、「パレスチナ問題」の現実を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 230ページ
  • 出版社: 未来社 (2016/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4624411021
  • ISBN-13: 978-4624411022
  • 発売日: 2016/11/28
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 772,060位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう