Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,080

¥ 390の割引 (27%)

ポイント : 10pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[林英恵]のそれでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと(あさ出版電子書籍)
Kindle App Ad

それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと(あさ出版電子書籍) Kindle版

5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,080

商品の説明

内容紹介

フリーター生活からハーバードに行き人生を変えた著者だから伝えられる話

『大丈夫だ。君なら未来を変えられる』

教授、講師、職員、クラスメート、卒業生らと
交流する事で得た“気づき”の数々

◆著者のコメント
 この本は、私がハーバードの公衆衛生大学院に学んだ経験を1冊にまとめたものです。
 私は決して“エリート”ではありません。就職活動では内定を得ることができず、何も決まらないまま大学を卒業。フリーター生活を経て、長い長い回り道の末に、3度目の正直でハーバードに入ることができました。
 その私が、大学院の勉強と同じくらい興味を持ったことがありました。
 それは、ハーバードで輝いている人たちは、なぜそのポジションを得たのか――。
 彼らの共通点とは何か、ということでした。
 社会に出る手前で進むべき道を見失った私は、どうしても、その答えが知りたかったのです。
 では、私が見つけた答えとは何だったのか……。
 この本が、かつての私と同じように、前に進みたいと思っている人や、変わりたいと願っている人、そして、自分のこれからの生き方について本気で考えている人の心に届くことを祈っています。

■目次

●第1章 変化 CHANGE
●第2章 転機 OPPORUNITY
●第3章 仕事 WORK
●第4章 心 SPIRIT
●第5章 未来 FUTURE

■林英恵(はやし・はなえ)

1979年千葉県香取市生まれ。地元の公立幼稚園・小・中学校を経て、私立渋谷教育学園幕張高等学校、早稲田大学社会科学部を卒業。
大学在学中からテレビのリポーターなどメディア関連の仕事を行う。ジャーナリストになることを目指して就職活動を行うが、マスコミからの内定を得ることはできなかった。その後、新聞社での編集アルバイトなどを経てアメリカに留学し、ボストン大学教育大学院修了。
2006年より、国連児童基金(ユニセフ)インド事務所でHIV予防キャンペーンに携わり、2007年、ニューヨークに本社があるマッキャンヘルスコミュニケーションズに入社。
同年、3度目の受験でハーバード公衆衛生大学院修士課程に合格。同社の支援により、学業と仕事を両立させながら、2012年5月に同大学院(ヘルスコミュニケーション専攻)を修了した。
現在も、同大学公衆衛生大学院博士課程に在籍しながら、パブリックヘルス部門の戦略プランナーとして、国内外の保健医療やヘルスケア分野で、コミュニケーションに関する研究や企画の実行・評価などを行っている。使命は、ひとりでも多くの人が与えられた命を全うできる社会を実現すること。好きな言葉は「Life is full with unexpected joys. (人生は予期せぬ喜びにあふれている)」。

出版社からのコメント

【担当編集者のコメント】 “ハーバード"と聞いて、皆さんはどんなイメージを抱きますか? 優秀な人材を輩出し続ける超難関校? 一部のエリートだけに門戸が開かれた名門スクール? クラシックな校舎から、何となく近寄りがたい印象を受ける人もいるかもしれません。 確かに、「ハーバード」という学校は、あらゆる場面で注目を集めています。 では、なぜ、多くの若者がこの学校に惹かれ、世界中から集まってくるのか――。 本書をお読みいただければ、その答えが理解できるかもしれません。 ハーバードの大学院に学んだ著者が、教授や講師、職員、クラスメート、卒業生らと交流することで得た “気づき"の数々は、きっと読者の皆さんの人生をも、豊かで実りあるものにしてくれるはずです。 【著者のコメント】 この本は、私がハーバードの公衆衛生大学院に学んだ経験を1冊にまとめたものです。 私は決して“エリート"ではありません。就職活動では内定を得ることができず、何も決まらないまま大学を卒業。フリーター生活を経て、長い長い回り道の末に、3度目の正直でハーバードに入ることができました。 その私が、大学院の勉強と同じくらい興味を持ったことがありました。 それは、ハーバードで輝いている人たちは、なぜそのポジションを得たのか――。 彼らの共通点とは何か、ということでした。 社会に出る手前で進むべき道を見失った私は、どうしても、その答えが知りたかったのです。 では、私が見つけた答えとは何だったのか……。 この本が、かつての私と同じように、前に進みたいと思っている人や、変わりたいと願っている人、そして、自分のこれからの生き方について本気で考えている人の心に届くことを祈っています。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2357 KB
  • 紙の本の長さ: 138 ページ
  • 出版社: あさ出版 (2012/9/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B010SP9ZRU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 60,348位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ハーバード大と表紙の著者の写真に不釣り合いを感じたためだったか記憶にないが、
まとめ買いした本の中に本書が含まれていた。
しかし、本を読ませて頂くと、そんな不埒な考えは直ぐに吹き飛んでしまった。
まだ、お若い方であると思うが、文章も読みやすく書かれている内容も(年不相応に)
しっかりしていることに驚いた。(人は見かけによらないのだ)

この本のキーワードは、この本のタイトルでもある「それでもあきらめない」であると思うが、
私が感じたキーワードをもう一つ挙げさせて頂くと「思い立ったらすぐ行動する」(p204)
ではないかと思う。
人間は頭では行動することの大切さを分っていても、なかなかこの本の著者林さんのように
積極的に行動することは難しい。
ついつい行動しなくても良い、自分に都合の良い理由を探して行動しないことが多いのではないか。
「結果がどう出ようと、行動しなければ何も始まらない」
この本を読みながら、こんな基本的なことを問われているような気がした。

私のように齢を重ねすぎた人間には、too lateかもしれないが、
著者に習ってもう一度に何かにチャレンジしたい気持ちになった。
ましてやこれから社会人になられる
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
就職活動に失敗し、アルバイトで自信を持てなかった日々から公衆衛生という目指したいものを
見つけて3度目の挑戦でハーバードに入学した著者が共に学ぶ学生と教授、その周りの人たちから
ひとつひとつ学んで自信に溢れた人生を生きていく過程が書かれています。

“フリーターからの成功”、というような一発逆転物語ではなく、著者がどんなときもあきらめずに
周りから学び、自らの力として成長していく物語です。

印象に残った言葉は

「選ばれなかった人はほかの道に選ばれている」
「細部の美しさを追求する」
「感情のコストをコントロールする」
「与えて与えて与えて与えられる」
「信じるけれど執着しない」

です。

項目だけ読むと自己啓発書のようですが、ひとつひとつが著者が実際に身近な人たちから実体験
として学んできたことがありのまま書かれているので、物語を読んでいるように自分も著者と
一緒にハーバードに入学して成長していけるような気持ちになる不思議な力を持っています。
文体も静かで力強いけど謙虚さに溢れていて、とても読みやすいです。

ハーバードの学長の「奇跡は“起きるに値する人間”と
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ハーバードは挫折を知らないスーパエリートが
集まるところと思っていましたが、いろいろな
経歴をもった人が集まってくるんですね。
キーワードは「諦めない」。
最後の最後まで諦めない人がハーバードに
たくさんいることがこの本でわかりました。
諦めそうになったとき、挫折しそうになったとき、
読み返したくなる本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
平易に書かれていて手軽に読めるけれども、伝わってくるメッセージは、深くて熱い。
研究と仕事を両立させている著者による、社会人入門書的な内容ですが、凡百のビジネスを遥かに凌ぎ、なかなかの良書です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
月に50冊くらい本を読んでいてめんどくさいのでレビューを書いたりしないのですが、
書かずにはいられないほど良い本だったので書いてしまいました。

私にとっては気持ちが楽になりました。

でもアメリカの考え方だと思うので日本人に合うかどうかわかりません。(むしろ合わない?)

エモーショナルコストの考え方はもっと日本に広まってほしいと思いました。

私はアンソニーロビンズのセミナーに行ったり、他のお偉い方のコーチングを受けたりするのですが

それに匹敵するくらい良い本でした。費用対効果抜群です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ちょうど仕事が辛い時期に、自宅近所の本屋さんで偶然手に取り購入しました。
たまたまですが、買って良かったかな。

これといって「ものすごいこと」が書いてあるわけではない。
著者がハーバードで出会った人々がなぜ優秀であるのか等ついて
準備に全力を注ぐ、ドキュメントに一切の妥協しない、人に見返りを求めず何かを与える、など
言われてみれば有りがちな、でも人として基本的な、故に難しい当たり前のことが書いてある。

その語り口が無理に誇張されておらず、著者の等身大の言葉であったことに、個人的に好感が持てた。
端的に言えば、読んでて元気が出た。

辛い時こそ品位が問われるというのはその通り。
心がダウンしそうになったらまた読み返します。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す