通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫) 新書 – 1983/12

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 1983/12
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)
  • +
  • ぼくらはズッコケ探偵団 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)
  • +
  • あやうしズッコケ探険隊 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



夏休みの作文を書くなら課題図書を読もう
第62回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書を学年別でご紹介。 2016年 課題図書へ

商品の説明

内容紹介

花山第二小学校六年のズッコケ三人組は、きょうも男たる証明と栄光を求めて、青空の下にかけだしていきました。


登録情報

  • 新書: 202ページ
  • 出版社: ポプラ社 (1983/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591010139
  • ISBN-13: 978-4591010136
  • 発売日: 1983/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

有名なシリーズですが、「ズッコケ」というタイトルと、表紙の絵がちょっと古くさい(失礼)ことから、あまり興味がなかった作品でした。でも内容は意外と現代の子供達にも共通するものがあるようです。

本を読むのが嫌いだった小学四年生の我が子が「面白い」を連呼し、「一日で読み切るのはもったいないから」と読書スピードをセーブまでした一冊でした。内容は30ページ程度の短編5作からなっており、これも読みやすさの一因のようです。

「本当は三国志を読ませたい」「隣の○○ちゃんはハリーポッターみたいな分厚い本を月に何冊も読んでる」「国語の点数がいつも悪い」そう思って、子供に半ば無理矢理読ませそうになるのが親心。でも子供が本嫌いになっちゃ元も子もありません。まずは子供が「これなら読みたい」「これなら読めそう」って本でなくちゃ。

1ページの文字量・文字間隔も適度で、ふり仮名もふってあり、挿絵もチョコチョコ入っており、本が苦手な子がまず感じる「文字文字文字文字!プレッシャー」が非常に少なく読みやすい。ストーリーも子供の頃、誰もが思ったであろう、感じたであろう、憧れたであろう共感できる部分がたくさんあります。「冒険」的な要素が多く、日本版の「トムソーヤ」といえるかも。特に男の子には面白い作品。良作です。

この本を買い与えた後、
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 シリーズ一作目。シリーズでは唯一の短編集です。原点ですね。最初ということもあり、
登場人物の説明が多いです。でも、楽しく読ませていただきました。
 個人的にですが、五話目の「ゆめのゴールデンクイズ」が好きです。短編ながら、
ひとひねりあって、くすっと笑えます。
 長編が好きな方には、満足できないかもしれないので、
気をつけて下さい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/2/21
 ズッコケ三人組シリーズの第一弾です。彼らの今後の活躍を感じさせるものだと思います。元気がよいハチベエ、メガネをかけた知的なハカセ、太っていて体は大きいのに気の弱いモーちゃん。性格も姿もバラバラの三人がなぜか仲良く、色々な事件や出来事に巻き込まれて解決していく物語です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
三年生の息子は読書は好きなのに「何を読んでいいかわからない」という頭でっかちタイプです。そういう子だから余計に、今は読書が楽しいということを知ってほしくて、思いついたのがアメリカの「マジック・ツリーハウス」シリーズと、日本が誇る「ズッコケ三人組」シリーズです。
しかし、手にとったもののちらっと中を見るとすぐにポイ!なんでー?と思ったら、いわく
「絵がかっこわるいし、字ばっかり・・・」
確かに絵は昭和テイスト(笑)昭和人間な私からしたらそこがいいんですけれど。

そこで、寝る前に15ページだけね、といって読んであげました。・・・作戦大成功です。「今日はコレでおしまいっ」と本を閉じたところ、奪い取るようにして本を読み始めました。
翌日帰宅後も本に飛びつきあっと言う間に読了していました。
内容も昭和な空気感が漂っていますが、そこは特に気にならなかったようで続きが気になってしかたない様子。
図書室で借りてくる!と息巻いています。名作は先でも読めます。まずは読書がたのしいこと、これが一番です。

なお、上でイラストについて描きましたが挿絵はずっとこのままでお願いしたいところです。この絵以外は考えられません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック