通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
そら、そうよ ~勝つ理由、負ける理由 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

そら、そうよ ~勝つ理由、負ける理由 単行本 – 2014/3/7

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/3/7
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 137

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そら、そうよ ~勝つ理由、負ける理由
  • +
  • プロ野球 構造改革論 (宝島社新書)
  • +
  • 動くが負け―0勝144敗から考える監督論 (幻冬舎新書)
総額: ¥3,045
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

開幕前に勝敗は決している――。プロ野球チームの強弱とは、すなわちフロントと現場という「組織」による「準備力」の有無にある。自身が監督を務めていた際、なぜ阪神では優勝し、オリックスでは最下位に沈んだのか。自らその理由を、補強、育成、采配などさまざまな視点から分析し解説する、岡田理論の集大成。

内容(「BOOK」データベースより)

監督の采配で勝てるゲームなどない。フロントと現場の「準備力」がモノをいう。開幕前に勝敗は決している!阪神で優勝、オリックスで最下位は当然の結果だった!名将が初めて明かす!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 宝島社 (2014/3/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800217962
  • ISBN-13: 978-4800217967
  • 発売日: 2014/3/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 400,215位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
読んでみて、往時の「それはアレよ」の意味が少しわかった気がする。
ただ、ノムさんが阪神で果たした役割を
どんでんがオリックスでやってくれれば良かったと思うけど、アレやな。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
値段がちょっとアレ(高額)やけどな
(購読推薦に)前向き?大前よ
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
・勝負は9月よ
・FAほ強はマイナスあるで
・仰木さんのやることはちょっとワカらん

等々、どんでん持論が続々展開されるどんワールド満喫の快著です。

ところで、オリックスのコーチ・フロントの愚行として語られている内容が、今の阪神にダブって見えるんやが、疲れかな。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
阪神とオリックスで、選手と監督の両方を経験した筆者が語る、両球団の比較論と言ったところでしょうか?
なかなか興味深く読みました。
オリックスについては、自分が仰木監督の元で、現役だった時代に比べて、球界再編の影響か、自ら指揮官になった際、「オリの中の虎」で書かれていた意気込みは、どこへやら、球団組織がバラバラで、思うように行かなかった事を嘆いておられます。
対する、阪神は、球団の歴史もあり、指揮を執っていた間は、その辺はすみからすみまで、行き届いていた事を語られています。
現在は関わってないので、どうなっているかは知らんけど…と語っているあたりは、筆者らしいお言葉です。

阪神VSオリックス、組織力では、阪神の圧倒的勝利!!と語る筆者ですが、2014年オープン戦の結果では…???というのも事実です。(なので、星4つ)
最下位のイメージが払拭できるのか阪神チア復活も合わせて、今シーズンの前半戦終了後に、再度読み返したい一冊です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
そらもう(阪神ファンのオッサン分析が)満載よ。
ただ、アレ(どん語)がほとんどないのがなあ。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告