通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
そば打ちの哲学 (ちくま文庫 い 78-1) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

そば打ちの哲学 (ちくま文庫 い 78-1) 文庫 – 2013/4/10

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 478

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そば打ちの哲学 (ちくま文庫 い 78-1)
  • +
  • 蕎麦屋のしきたり (生活人新書)
  • +
  • 一茶庵流 旨いそばの打ち方 つゆの仕込み方DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)
総額: ¥2,332
ポイントの合計: 53pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

そばを打ち、食すとき、知性と身体と感覚は交錯し、人生の風景が映し出される――この魅惑的な世界を楽しむためのユニークな入門書。

内容(「BOOK」データベースより)

「哲学」と「そば打ち」、互いに広い間口を持つこのふたつが交わるとき、そこにはどんな世界が広がっているのか。―自分で種を播き、粉をひいて打つ、茹でる、そして食べる。まことに単純だが、決して容易でないそば打ちの極意を伝授し、愉楽を説く。知性と身体と感覚が交錯し、人生の風景を映し、出会いと別れの場所となる―この魅惑的な食物の世界を深く楽しみたい人のためのユニークな入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 288ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2013/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480430474
  • ISBN-13: 978-4480430472
  • 発売日: 2013/4/10
  • 梱包サイズ: 14.7 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 264,718位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
哲学と云う詞に惹かれて取り寄せてみたが、何のことはない蕎麦打ちのノーハウを豊富な語彙を多用して述べているだけ。
「哲学者が蕎麦打ちの経験談を語る」を聞くにタイトルに赤面。と完読する前に前半の内容にウンザリして以上の様なレビューを投稿して
しまいましたが、完読して自らの辛口評価に後悔していました。御免なさい。
後半はそばに対する憧憬と愛着に満ちた味のある内容でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 著者は東北学院大学の教壇でカントを語る傍ら、自らもそば打ちを実践し、幼少期からのそばとの原体験を通じて「哲学」とは間口の広い学問であることを解いている。単なる「そば打ち」の本ではない。そば打ちという行為そのものが、見方によっては、「無数にあるかもしれない哲学への入口」があるものだ、と痛感したまでである。本著を入手したのが大学生協だったか、仙台市内の本屋だったかは忘れたが、さる事情で退学届を提出しなければならなくなり、その道すがらに入手したものであるから、早く先生にお会いできていれば、という悔しさが残る著書でもある。

 後半は哲学書らしからぬそばにまつわるエッセーであるが、一応、哲学という学問をふまえている。その中で東京オリンピックでヘーシンクに敗れた神永昭夫さんの実兄とのやりとりの中で、神永さんがコンビニで購入したそばを口に含んだ末期の言葉「おいしい」が、末期の床にあったカントが、水でうすめ、砂糖をまぜたワインを飲んだときの感想「おいしい」であったこととと同じであるという点や、ドイツに旅立つ前に馴染みの手打ちそば屋で「名残そば」をむさぼっていた著者が、その店主に店仕舞した後に特別にそばを振る舞われ、帰国後の再会を約束したまではいいが、ドイツから帰国後に、その場所がどこかわからない、あれは夢だったのか、というくだりが印象に残った。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
普段行っている自分のそば打ちを別の視点から見ることができる。
結果として自分のそば打ちの幅が広がると思う。
何度も繰り返し読むことから新しい発見が生れるような気がして、
いつも鞄に入れて時間があるときに部分読みしているが、その度に新しい。
哲学に対する興味さえ沸いてくる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
千葉県そば大学(第5回)を受講しました。 これは2012年7月28日に開催されたものです。 この講座の講師をなされた著者のお名前を知り、amazon.co.jpで検索して事前に購入し、勉強しました。 徹底的にそば打ちの基本をお書きになっている「そば打ちの哲学」と、そばに関する諸々を題材とした随想集は、老後を歩む小生には欠かせない伴侶となりました。 大事にします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す