¥ 596
通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
そば屋幻庵 14 (SPコミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

そば屋幻庵 14 (SPコミックス) コミックス – 2016/7/13

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 570
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そば屋幻庵 14 (SPコミックス)
  • +
  • そば屋幻庵 13 (SPコミックス)
  • +
  • そば屋幻庵 12 (SPコミックス)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

誰もが憧れ、真似したくなる!!
隠居親爺の第二の人生!

時は寛政年間、場所はお江戸の新橋あたり、柳の下でほのかに灯る、担ぎ屋台の街行灯。
夢まぼろしの如き神出鬼没の蕎麦屋台、人呼んでその名も[幻庵]ーーー。
勘定方の重職をあっさり捨てて、早々に隠居した元旗本・牧野玄太郎。
第二の人生と思い定め、心魂こめて〝蕎麦作り〟に打ち込む屋台には、
今日も千客万来!! 時にスランプに陥った力士を励まし、
時に友人のための危機に駆けつけ、
時にホームシックにかかった蘭学医のためにフランス料理に挑戦し……
この単行本でしか読めない心躍る6編収録!


登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: リイド社 (2016/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845843846
  • ISBN-13: 978-4845843848
  • 発売日: 2016/7/13
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
玄太郎が西洋の蕎麦料理に興奮したり、おりょうの機転の利いた策や、ゲン担ぎ力士の活躍など。
スマホのアプリで気に入って、一巻を読んだ後は最新刊まで一気に大人買いしてしまったorz
王道の江戸人情物の一話完結なので、どこから見ても面白い。気軽に何巻からでも読めるので、買って後悔はしていない。
むしろ、早く次の物語を見たい。
激しいアクションやギャグと言った刺激はないけど、久しぶりにハマった漫画です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
説明通りの商品で楽しく拝読できました。どうも有難うございました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
毎号読んでいるが、江戸の人情がよく描かれている。ただ、中身がやや同じように思えるのは気のせいか?。とはいえ、最後まで一気に読んでしまう。間をおいて、何回か読み返すと物語の違う面が見えてくるようだ。主人公の出てくるところは、「住まい」「作業場」「屋台を出す場所」がほとんどでそれはそれで面白いが、たまにはのんびりとあちこちに旅行させてもいいのではないか?。それによって、「家で待つもの」「幻庵の蕎麦を待つもの」「行く先々の人々との絡み」など、物語も大きく膨らむと思うのだが・・・。いや、これはとんだ「釈迦に説法」でした。失礼しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告