通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
その街の今は (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

その街の今は (新潮文庫) 文庫 – 2009/4/25

5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • その街の今は (新潮文庫)
  • +
  • わたしがいなかった街で (新潮文庫)
  • +
  • きょうのできごと (河出文庫)
総額: ¥1,512
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2016年、最も売れた本をジャンル別でご紹介 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ここが昔どんなんやったか、知りたいねん――。28歳の歌ちゃんは、勤めていた会社が倒産し、カフェでバイトをしている。初めて参加したのに最低最悪だった合コンの帰り道、年下の良太郎と出くわした。二人は時々会って、大阪の古い写真を一緒に見たりするようになり――。過ぎ去った時間やささやかな日常を包みこみ、姿を変えていく大阪の街。今を生きる若者の日々を描く、温かな物語。

内容(「BOOK」データベースより)

ここが昔どんなんやったか、知りたいねん―。28歳の歌ちゃんは、勤めていた会社が倒産し、カフェでバイトをしている。初めて参加したのに最低最悪だった合コンの帰り道、年下の良太郎と出くわした。二人は時々会って、大阪の古い写真を一緒に見たりするようになり―。過ぎ去った時間やささやかな日常を包みこみ、姿を変えていく大阪の街。今を生きる若者の日々を描く、温かな物語。芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞の三賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 158ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101376417
  • ISBN-13: 978-4101376417
  • 発売日: 2009/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,381位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 保坂和志が、この作者を、描写のできる若手としてベタ褒めだったので、読んでみたいな、と思っていた。書店で手に取って、一頁目を読み始めたら、もうこの小説が気になって、レジに持って行った。その書き出し。「ゆっくりと、だけど決して停まらずに進むタクシーがずいぶんと道路にはみ出した看板と自転車をどうしてひっかけてしまわないのか、感心して眺めていた。羊羹みたいに黒く光る車体には、さっきまでいた店の看板の白と青のライトが映って流れていった。なんの音が、というわけではないのに騒々しくて、夜の心斎橋の感じだと思った。エアコンで冷え切った店から出てきたばかりなのに、もう肌には汗が滲みかけている」自分の行ったことのない初秋の夜の心斎橋が鮮やかに浮かび上がり、この語りにずっとついて行きたい、と思ったのだ。

 語り手は、勤めていた会社が倒産して、街のカフェでアルバイトしている女の子だ。女の子、という年でもなくなってきたので、つきあいで合コンにもよく顔を出すが、うまく行かず、帰りにつきあいで寄ったクラブで知りあった良太郎という男の子と何となくいい感じになるけれど、すぐに恋人になるわけではない。

 一方でこの女の子は、大阪の昔の写真を見るのが好きで、知っている場所が映っている写真を眺めては、現在の場所と比べ、映っている人の姿に見入り、思いを馳せる。そう、作者も語り手
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 オレンジシェード トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/8/25
形式: 単行本 Amazonで購入
レビューの評価も高く期待をしていたが、
なぜ、こんなに高いのかが、わからなかった。

昔の街の風景が大好きな28歳女性と、
その周りをとりかこむ人々のお話。

淡い恋もある、
この年齢だから不倫もある、
合コンもする、アタリハズレは出てくる。

なに気ない日常が淡々と描かれる。
大阪の雑踏が、ゴミゴミさが、全く感じられない。

作品世界を好きな方々が、
きっとレビューを書かれたのだろう。

私には、普通の作品にしか思えなかった。
ただ、他の作品も読んでみたい気はする。
なんだか、摩訶不思議な作品でした。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
柴崎さんの作品は、時々読んでいます。
皆さんのレビュー通り、「ゆるい」ですネ。
そこが、友香さんらしいんでしょう。

生まれも育ちも大阪、のワタシですが、
街の描写や雰囲気はよく伝わり、なかなかでした◎
船場辺りの感じが、特に。

で、読後感なのですが、
最後のページを読み終えた後、真っ先に頭に浮かんだのは
ダウンタウンの松本さんの、「え〜!」でした。
浜田さんでも構わないのですが、多分、松っちゃんの方が
しっくりくるでせう。

後からじんわ〜り、ふふふっと笑える、温もりある
作品ではあると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さむの 投稿日 2007/7/25
形式: 単行本
初めて柴崎友香さんの本を読んだ。
難しい書評は分からないけれど、思いついたことが一つある。
数年前に流行したニアウォーターと呼ばれる清涼飲料水、それに似ている。
水のようで無味ではなく、味があるようで殆ど水であるニアウォーターとこの本がなぜか同じように感じられた。
両方とも体にすっと染み込むからだろうか。
とりあえず、この本を読んで心が潤ったのは確かだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いろんな感情を心の底で渦巻かせている人々が行きかい、そして、ひっそりと

しながら大きく「呼吸」をしている「街」に生きる主人公を描いた傑作文学。

デビュー作『きょうのできごと』が映画化されたことでも有名な著者の最新作です。

第23回織田作之助賞を受賞しています。おめでとうございます。

惜しくも受賞はなりませんでしたが、第136回芥川賞の候補作にもなりました。

そんな話題の『その街の今は』という小説はとにかく楽しい。特に何か事件が起きる

わけではないけれど、一つ一つのシーンに込められたパワーが伝わってきて、やられ

ました。素晴らしい。

とても読みやすい簡潔な文章。一人称で書かれていますが、押し付けない客観的描写

と会話文の絶妙な関西弁が上手く絡み合って読み心地が最高です。

噛みしめるたびに「旨さ」が滲み出てくる文章であるとともに、ページをめくるたびに

「香り」を感じることのできる小説です。

紛れもなく「街」文学の傑作です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック