通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
その脚の白き誘惑 (B-PRINCE文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

その脚の白き誘惑 (B-PRINCE文庫) 文庫 – 2016/6/6

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • その脚の白き誘惑 (B-PRINCE文庫)
  • +
  • あなたの嫁にしてください! (B-PRINCE文庫)
  • +
  • さかしまな恋 (ショコラ文庫)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 49pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

深窓の令息は、夜に啼く……。

親友の依頼で、百億の負債を抱える没落寸前の旧家を訪れた梁瀬は、有名なリハビリ医師だと身分を偽り、事故で脚を動かすことができない槐人に接近する。だが、マッサージと称して触れた美しい脚に、すっかり魅了されてしまう。遊び慣れた梁瀬にとって、ほんの気まぐれのつもりの淫靡な施しに、恥じらいながら悶えていく槐人。その姿が健気で愛しく思うようになるにつれ、本気で彼の脚を治してやりたくなった梁瀬は……。

内容(「BOOK」データベースより)

親友の依頼で、百億の負債を抱える没落寸前の旧家を訪れた梁瀬は、有名なリハビリ医師だと身分を偽り、事故で脚を動かすことができない槐人に接近する。だが、マッサージと称して触れた美しい脚に、すっかり魅了されてしまう。遊び慣れた梁瀬にとって、ほんの気まぐれのつもりの淫靡な施しに、恥じらいながら悶えていく槐人。その姿が健気で愛しく思うようになるにつれ、本気で彼の脚を治してやりたくなった梁瀬は…。


登録情報

  • 文庫: 225ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016/6/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048659707
  • ISBN-13: 978-4048659703
  • 発売日: 2016/6/6
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 346,458位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 にっか・ぼっか トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/7
形式: 文庫
1ページ目の説明で、のっけから「遊び人」というイメージを背負って登場した攻の簗瀬。
この瞬間に抱いた彼への印象と、何も知らない槐人に簗瀬がする大人の嘘で固めた「あれこれ」が、どうにも好きになれませんでした。

なので、簗瀬に好印象を抱けるかどうかで評価は変わると思います。
確かに、後半の簗瀬は前半とは違った色を出してきますが、私には第一印象が悪すぎて・・・評価が上がりきる事はなかったかな?
槐人の魅力も、槐人の父や周りの人達のキャラも今一つ光るところがなかったですし。
ストーリー的にも、ただマイナーなだけで、期待したほどの面白さはなかったです。

ただ・・・あくまでも私個人の感想ですので、興味のある方は一度読んでみてご判断ください。
簗瀬が魅力的に思えれば、きっと楽しめます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
診察と称して、杜撰な治療放棄で半身不随な櫂人の足、と言うか
触診で、うぶな反能をする櫂人に魅せられてしまった梁瀬さん。

親の負債で身売りされそうなのに、育ちが良いせいか、危機感が
薄くて、スケベなヒヒ親爺に危ない目に遭えば現実に目ざめるかと
思っていたら、そうなる前に、梁瀬さんが我慢できずに囲ってしまい
ました(笑) 

自分に価値があるのか、不安ながらも恐る恐る飛び込んだ櫂人を
颯爽と自分のテリトリーに収めて、バカなお父さんから取り上げた手腕
はお見事でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告