中古品
¥8
+ ¥247 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


その罪の行方―原罪― (タナトス文庫) (日本語) 文庫 – 2010/1/25

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥8
¥1
お届け日: 7月8日 - 9日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

奪うことしか知らなかった吸血鬼ヴィンセント。
己を殺し他人のためだけに生きてきた聖人カレラ。
二人が出逢う偶然と必然。
禁断の初恋。
愛の強さと切なさが強烈に胸に迫る物語です。タナトス文庫初の前後編ものですが、切ない系BL好きの方にはぜひぜひお勧めしたい1冊です。後編「その罪の行方−贖罪−」は2010年4月発売予定ですが、どうぞこの前編からお楽しみいただければ幸いです。

内容(「BOOK」データベースより)

孤児として教会で育った神父カレラは、幼い頃に神の奇蹟を起こして以来、聖人として民衆の希望を一身に背負って生きてきた。だが、地方都市の大聖堂落成式に出席するため、生まれて初めて教国を出たカレラは、そこで運命を変える男に出逢う。迷子になり、襲われそうになった自分を助けてくれた流れ者の吸血鬼、ヴィンセントに恋をしたのだ。聖人と教会の敵。相容れぬ存在でありながら、同じ孤独を胸に宿す二人は運命的に惹かれあい駆け落ちする。カレラを探す教会、ヴィンセントを粛清せんとするエクソシストたち…すべてに背を向け愛に殉ずる二人の先に待つものは…。壮大なるロマンチシズム、愛の奇蹟を描く長編小説の前編。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2016年2月7日に日本でレビュー済み