中古品
¥ 25
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【外観】2008年10月20日第2刷発行帯つき。一部軽度のヤケなど使用感は感じられる物の、目立つ汚れイタミ等はなく概ね良好です。【内観】書き込みヤケ、折れや目立つ汚れなどもなく良好です。ご注文後は迅速丁寧に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (THEORY BOOKS) 単行本 – 2008/8/6

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 24
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なんでこの絵が1億円するのですか? 「なぜこれがアートなの?」といいたくなるような絵の分かりやすい見方、アートの価値の不思議等、初心者にも「値段」という切り口を付けて分かりやすい内容に。

内容(「BOOK」データベースより)

どうしてこの絵が1億円するのか?奈良美智、村上隆を世に送り出したギャラリストがアートとお金の関係を語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 260ページ
  • 出版社: 講談社; 第二刷版 (2008/8/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062148730
  • ISBN-13: 978-4062148733
  • 発売日: 2008/8/6
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 363,915位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mimi 投稿日 2013/6/13
形式: 単行本 Amazonで購入
アートの相場をギャラリストが判断するというよりは、ギャラリストがマネジメントし、どのように価値を作っていくかというお話です。日本国内でのアートの価値が認められにくいので海外での活動が主になり、その入口としてこの本を読むのはオススメです。
私個人的にはギャラリストの話としてとても興味深かったので読んで良かったと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SMTP 投稿日 2008/9/20
形式: 単行本
同じ著者の『現代アートビジネス』を先に読んでいたので、かなり内容が重複す
ることは否めない。オークション会社の方、他のギャラリストの各氏との対談があることが大きな違い。トークは多分に内輪話な感じでとても楽しめた。アジアのマーケットの動向が細かく補足されているのもよかった。

著者が「アートを楽しむことができない人にはアートは持てない」というのは同
感。もっといえば、「持つべきではない」のかもしれない。
著者は、投機目的だけのアート売買にはとても警戒感をもっていて、「アート好
き」のピュアな気持が見えざる神の手となってマーケットをつくり、投資もその
なかで健全におこなわれる、という状況を理想としているように読みとれる。そ
の意味では、この本のサブタイトル「現代アートの相場がわかる」はちょっと短
絡的すぎやしないか。
星が4つなのは、総合的に『現代アートビジネス』のほうが値段が安い分、お得感があるから。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直、オークションで高騰したアートの価値は分からないし、「なぜこの値段なのか」に対する答えは載っていない。
でも、読んだ後なんとなく「アートを探してみようか」という意識にさせてくれる本。

需給という基本的な経済原則に基づくマーケットの構造、世界のアートフェアやオークションのしくみ、日本にアートの文化が根付かない理由などを解説していて、詳しいことを知らない私でも理解しやすかったです。
ギャラリー(画廊)は値札の付いている美術館、というのは的を得ている言葉だと感心しました。
途中2度の対談は、ギョーカイの内輪話に終始している感があって私は馴染めませんでしたが、次の章へとうまく関連付けられています。

結論としては、アートの値段は市場やあなた本人が決めること。資本主義そのものである、と。
自分が所有したいかどうか、自分にとって必要ないなら買わなければよい。
幸いにも、日本には美術館やギャラリーが多数あるので、見聞するところから始めてみよう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/12/22
形式: 単行本
"「ちょっとリスキーかもしれないけど、好きだからこの作品を買おう」というように、冷静に自分の行為を分析して判断できることはとても重要なことだと思うし、すごくカッコいいことだなあ、とギャラリーにくるお客さんを見ていて思うのだ。僕はアートが好きで、自分の信じる道を進んでいる。自分で「いい」と思うことをやっていて、「うん、いい」と言ってくれるお客さんと出会えると、すごく嬉しくなる。彼らの勇気を見て、僕らも勇気を与えてもらっているのである。"

終章の著者の言葉です。響きました。アートに限らず、腕時計やヴィンテージカーなどセカンダリマーケットが整備されている「商品」を買う時は誰しも値動きを気にするし、将来的な投資価値だって頭のスミにないと言えば嘘になる。「現代アートビジネス」でも感じたのですが小山さんの考え方は、そういう副次的な要素と、自分が好きなものを愛でるという根源的な行為をうまくバランスさせる意味で非常に示唆に富むものです。感心しました。

アートだけでなく、全てのジャンルの「コレクター」諸兄は読めば必ず何か感じるものがあると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告