中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

その日のまえに 単行本 – 2005/8/5

5つ星のうち 4.4 217件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

僕たちは「その日」に向かって生きてきた
男女が出会い、夫婦になり、家族をつくって、幸せな一生なのか。消えゆく命の前で、妻を静かに見送る父と子。感動の重松ワールド

内容(「BOOK」データベースより)

昨日までの暮らしが、明日からも続くはずだった。それを不意に断ち切る、愛するひとの死―。生と死と、幸せの意味を見つめる最新連作短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 292ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2005/8/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163242104
  • ISBN-13: 978-4163242101
  • 発売日: 2005/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 217件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 114,895位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読んだときは「自分も今を大切に生きよう」とかいろいろ思ったけど、一ヶ月たってみると、それほど印象に残っていない。やっぱりこういう内容はフィクションでは弱すぎるのかも。実際にこうした人生を歩んでいる人たちのブログなどを見ると、たしかに筆力は作家ほどではないが、そのリアリティ、覚悟に圧倒される。もちろん、感動する人もいるだろうと思うし、それが間違っているというわけじゃない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
人間は誰でも生を受けてから死に向かって一方通行だ。すなわち身もふたもない言い方をすれば人間はいずれは死ぬ。
それは当たり前のことだが日常では意識することもなく生活している。
ただその「いずれ」が余命宣告として告げられていたらどうだろう。
本作では様々なエピソードで愛する家族が亡くなる前、亡くなる日、亡くなった後を丁寧に書かれている。

世の中には様々な感動作があるが、「死」をテーマに一番泣けたのは本書でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この人の文章はさくっと読めます。
内容が内容だけに重たくなりがちな所ですが、
どこかシンプルに、すっと流せるのでおすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あっと言う間に読んでしまいました。
大事な家族を失う。家族を残していってしまう。
切ないですね。
嫁と即胃カメラの予約しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
こんな世知辛い世の中をひたすら活き続けて疲れてしまった人に、ふと立ち止まって自分の家族を想う事が如何に大切で潤いを与えてくれるものかを感動のエピソードを驚愕の結び付きで諭してくれる
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
病や死をテーマにした小説は、基本的に苦手だ。ずるいとすら思っている。
しかし、この作品には、薄っぺら感傷や、ありきたりのお涙ちょうだいがない。
なんだかやけにリアルで、もし私なら?と何度も自分に問いながらの読了となった。そして、今も考え続けている。きっと答えにたどり着けることはないだろうと、薄々理解しながら...。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者のあとがきに、『生きること』『死ぬこと』『のこされること』『歩だすこと』をまっすぐに描いてみたかったと書いてありました。あとがきを読んで、このシンプルな言葉通りだとより実感しました。もしも~と自分を重ねると胸が熱くなるものがあります。読んで、違う観点からを知れてよかった。正解なんてないけど、考える事が答えなんですね。
違う作品を読みたいと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いい本だと思いました。
重松さんは登場人物の心の揺れ動きのことを丁寧に描写しています。
だから、出てくる人たちに深く共感できる。
人の死と対面するときの悲しみ、迷い、後悔、不安などの負の感情がとてもリアルで心の深いところまで届く、そんな気がします。
その一方で、人の優しさ、負の感情を抱えるがゆえに分かる人の良さのようなものにも触れることができる。
僕はこの本をちょっとずつちょっとずつ読んでいて、実はまだ全部を読み終わってないのにかなり時間を費やしました。つまり、それくらい深い内容なんです。
この人はどうしてこんなこと思ったのかなぁと思っているとどんどん時間が経ってしまいます。
僕はこの本を読んで、人間っていいなと思えました。優しくて、でも、弱くて、そんな存在なんだなと思えました。
たぶん、私が今まで読んだ本で一番感動した本だと思います。
本当に是非とも読んでもらいたいなと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
短編集で、「その日のまえに」という題名で、中に 「その日のまえに」・「その日」・「その日のあとに」というタイトルと、それ以外のタイトルが4つくらい並んでいて、「ああ、全然関係ない短編集が4つくらいと、連作的なものが3つあるのだなぁ」と思って読み始めたのだが、なんと関係ないと思っていた最初の短編が後から大きく関係してくるという大変面白い展開だった。

メインは奥さんが癌にかかり、余命1年とか半年と告知を受け、ご主人と男の子二人とでその死をどのように迎え、乗り越えていくか…という事がテーマになっているのだが、前半の短編でそのメインのテーマに出てくる登場実物の背景などが書かれている。

奥さんの看病を真摯にしてくれた看護婦さんは、中学時代に自分のクラスの子のお見舞いに鳩の絵を書いて「死んだら天国に行ってね」と書いたようだったというトラウマを持っている看護婦さんだったり、夫婦が新婚時代に最初に住んだアパートを見に行ったら、郵便受けの表札に二つの名字が書かれていて、それは前に出てくる同級生が家庭内暴力の反動で万引きして駆け落ちしているという二人だったり…、花火の仕事の依頼が主人公のご主人に来た相手が、前に出てきた癌を宣告された男の同級生だったり…と書いていて何を書いているのか全く分からないと思うが(笑)、とにかく人生というのは、やはり一人ではなく色々な
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー