通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
その数学が戦略を決める (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 両表紙に保管時の擦れ、微傷がありますが、本文中身良好で、中古本としては、良い状態です。★不備がございましたら、誠意を持って対応いたします。安心してご検討いただければ、幸いでございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

その数学が戦略を決める (文春文庫) 文庫 – 2010/6/10

5つ星のうち 4.1 88件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 380 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 106

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • その数学が戦略を決める (文春文庫)
  • +
  • 統計学が最強の学問である
総額: ¥2,538
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

エール大学の気鋭の計量経済学者がわかりやすく書いた知的大興奮の書!
未来のワインの値段を決め、症状から病気を予測し、最適の結婚相手まで決める「絶対計算」とは? 一兆のデータが生む新世界秩序! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ワインの将来の価値を予測する。症状の統計から病気を診断する。脚本段階で興行収入を最大化する。そしてあなたに最適な結婚相手まで決めることも、「絶対計算」が可能にする!IT時代の兆単位のデータがもたらす新世界ビジネス戦略。イェール大学気鋭の計量経済学者がわかりやすく書いた知的大興奮の書!文庫版は補章追加。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 453ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416765170X
  • ISBN-13: 978-4167651701
  • 発売日: 2010/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 88件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,393位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 やまなか VINE メンバー 投稿日 2010/11/3
形式: 単行本 Amazonで購入
専門家の判断より、
データベースから導き出した結論の方が、
正しいことが多いという本書の指摘は、
頭では理解できますが、
やはり衝撃を受けます。

データによる意思決定の事例が
様々に取り上げられています。
内容としては
それだけです。

ただ、最近話題のビックデータの
根本の考え方が分かると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 にゃんこ VINE メンバー 投稿日 2009/1/24
形式: 単行本 Amazonで購入
人間の経験や「勘」を凌駕する絶対計算の紹介。
ITの進化とコンピュータの能力の大幅アップで、以前では考えられなかったような統計計算が行えるようになり、コストや時間の面からサンプルを分析するという手法から、本当に力任せで解析を行い、そのデータを元に様々な戦略が立てられているという事例が多数紹介されており、以前なら空想科学小説だったものがノンフィクションになっているのが面白い。

個人的に面白かったのはマッチングサイトの話。現在は出会い系サイトの分野にマイクロソフトやYahoo等のIT大手も本格参入していますが、男女をマッチングさせる場合、似たもの同士が相性がいいのか、自分に持っていないものを相手が持っている方がいいのか、サイトによってまだ方針が違うという話。これはまだサンプルが少なく、絶対計算がまだ及ばない分野のようですが、これが明確になるとまた面白いのか面白くなくなるのか興味があるなぁ(笑)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
筆者というよりは訳者で衝動買い。山形・訳はあいかわらず読みやすい。
野球、ワイン、映画、出会い系、カジノ、政府、医療など豊富なケースを紹介して、データを集めて集計すれば、ほぼすべてが説明でき、予測も可能となるが、人間の残された仕事としてデータのどれとどれをクロスさせれば有効なものとなるのかの見極め、設定が重要であり、そこには直観や経験が間違いなく生かされる、との主旨には説得力あり。
ただし、原題はネットでデータをとって決定したそうだが、邦題は編集者の直感で決めたとの記述があるが、このタイトルではちょっと・・・。
統計学といえば「偏差値」ぐらいしか身近に感じない普段の生活にも接点が無数にあり、データと直感、経験のMIXが重要であることを改めて気付かせてくれる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まあまあいいよ
がんばってすうがくのよいところをみんなでみつけよう
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今流行のデータ・マイニングの話から始まって、サンプル調査の話に進みます。何となく話が時代的に逆行しているような印象がしますが、何となく集積された大量のデータを回帰分析するだけで、何でも分かってしまうと言うのは、今流行のデータ・マイニング神話ですね。
回帰分析によるデータ・マイニングのビジネスへの応用とその効果については、沢山の事例が挙げられていて、目を奪われがちですが、著者は同時にその限界についても語っています。ここから次にサンプル調査の話が始まって、最後に正規分布における標準偏差とベイズ理論の簡単な説明と統計的知識の必要性が述べられています。
本書に出てくる「絶対計算」なんて言う万能の統計的手法がある訳ではありません。ちょっとミスリーディングな言葉ですね。膨大なデータがハンドリング可能になって、統計学のベテラン選手、回帰分析とベイズ理論に出番が回ってきたと言う感じですかね。
邦題の「その数学が戦略を決める」というのもミスリーディングですね。原題を思い切り意訳すると、「データ分析屋、数字で考えることが出来る人が賢い!」みたいなものです。
これを読んで統計学の勉強をやり直そうと思いました。面白い本です。
大型コンピュータがビジネスで使用されだした30〜40年前にもこんな統計学の啓蒙書がありました。当時はギャラップの世論調査が注目されていました。時代は巡っているような気がします。
コメント 149人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトル「その数学が〜」とか「絶対計算」とかワケワカラン単語が散りばめられているけど、それらは今で言う「ビッグデータ」の話だと、内容を読めばわかる。ほぼほぼ読み替え可能だと思う。その時代としてはちゃんと先見の明がある内容が書かれてると思うけど、原書が2007年に出たものなので、きっとまだビッグデータという言葉が一般化する前だったのだろう。ビッグデータを活用して勘と経験にばかり頼った意思決定よりも効果を上げられるということが、いろいろな先行事例を上げて書かれている。当時としては新しかったのだろうと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー