その夜の侍 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,850
通常配送無料 詳細
発売元: 剛田猛商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

その夜の侍 [DVD]

5つ星のうち 3.1 23件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,849 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 255 (6%)
ポイント: 25pt  (1%)  詳細はこちら
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、玉光堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,609より 中古品の出品:14¥ 350より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • その夜の侍 [DVD]
  • +
  • 指輪をはめたい [DVD]
総額: ¥6,387
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 堺雅人, 山田孝之, 綾野剛, 谷村美月, 高橋努
  • 監督: 赤堀雅秋
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2013/05/08
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00BAGK8LO
  • JAN: 4988003817688
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 87,188位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★「お前を殺して、俺は死ぬ。」愚かに、無様に、それでも生きていく。
堺雅人×山田孝之×綾野剛×谷村美月×安藤サクラ×田口トモロヲ×新井浩文 理性を超えた極限の演技。
主演の中村役には、堺雅人。分厚いレンズ眼鏡をかけ、冴えない中年男の姿となり、今まで見たことのない新たな一面を発揮。一方、木島役には山田孝之。暴力的な行動の内側に底知れない孤独を抱える役どころを怪演。その他、新井浩文、田口トモロヲ、綾野剛、谷村美月、安藤サクラなど、揃うべくして揃った豪華キャストが、濃密な人間ドラマを紡ぎだす。監督は、劇団[THE SHAMPOO HAT]の旗揚げ以来、全作品の作・演出・出演を担当してきた赤堀雅秋。2007年に自らも主演を務めた戯曲を映画化にあたたり脚本を改稿し、自ら監督に挑戦。モントリオール世界映画祭やロンドン映画祭など、出品される海外映画祭においても演出力が高く評価されている。主題歌は名曲「星影の小径」。監督からの熱烈なオファーを受けて、名曲「星影の小径」をUAが新たにカヴァーした。2012年の邦画界の話題をさらった作品が早くもブルーレイ&DVD化!
★「ヘルタースケルター」をおさえ、新藤兼人賞金賞受賞!
<STORY>小さな鉄工所を営む中村健一(堺雅人)は五年前のひき逃げ事件で最愛の妻を亡くして以来、深い喪失感と共に虚無的な日々を過ごしている。その頃、刑期を終え出所したばかりのひき逃げ犯・木島宏(山田孝之)の元には、"復讐決行日"までをカウントダウンする匿名の脅迫状が届くようになる。二人の男と、取り巻く周囲の者たちそれぞれが抱える孤独、葛藤、願い。そして妻の五回目の命日の夜、二人は遂に対峙する。二人の魂がぶつかり合うなか、中村が木島へと向けた刃は意外なものだった。中村の想いとは・・・。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ひき逃げで最愛の妻を失い復讐を誓う男と非道な犯人の生き様を描く赤堀雅秋監督作。小さな鉄工所を営む中村健一は、ひき逃げで妻を亡くして以来、虚無的な日々を過ごしていた。犯人・木島が刑期を終えた5回目の命日の夜、中村と木島はついに対峙する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ふーむ。題名から 時代劇 だとおもったら全く違っていた。
最初 ふらふらと 堺雅人が 歩いているので,
どこで 時代劇に 切り替わるのかと思ったが切り替わらないままだった。
見終わった感想は『悲しい色やねん。』
山田孝之は 嫌みなほど 嫌な人間を演じる。
役作りの型が決まってしまうほどの悪役。
しかし、「お前を殺して、俺は死ぬ」
という言葉が 毎日繰り返されることで
怯えが見られて、小心者 という感じがうまくでている。
対等に闘えば 必ず勝つと言う 自信さえ失っている。
中途半端な 悪人で、『飽きちゃった。』で、途中放棄する性格がよくでている。
堺雅人は 執念のみの ストーカー的行為のようなもの。
殺そうと思っても 殺せるわけない と思っている。どこか たよりなく くたびれている。
山田孝之に「君は何となく生きている。」と言って納得するのである。
夜の雨での格闘。
これが、堺雅人が闘えた条件かもしれない。
でも、映像的には 昼にやってほしいな。昼に 奥さんは ころされたので。
谷村美月は よくでてきますね。平凡だけど なぜか 魅かれてしまう。
そこに、日常の中の怖さが 潜む。
安藤サクラの ラブ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何故決行日に殺すことをやめたのか。

俺が思うに、中村は木島の行動を観察していて、本質は自分自身と何も変わらないことに気づいてしまったんだと思う。
妻がひき逃げされてから空白の時間を過ごしてきた中村と、生きる目的を持たない木島。

そして決行日は来てしまったけれど、セリフにもあったようにただ他愛のない話をしたかった、というわけでもなさそう。
自分自身すごく迷っているように見えた。とりあえず復讐心のようなものは感じなかった。

自分の包丁を捨てたあと木島が包丁を取り出してきたが、木島に刺すよう促したり、でも殴られたら殴り返したり。
ここでは中村の葛藤を描いていたんかな。

こうして思い返すとこの映画は、とある男の、自分自身との戦いを描いた作品じゃないかと思う。
しかしまあスッキリしないね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
出演者の演技やカメラワークは良いのですが、とにかくつまらない。激しい便秘症みたいな。結局何もない。平凡とか、変化なき日常につかる人々が抱える苦悩とか感覚とかを含め、そういうことを描きたかったのか。しかしどうでも良いというか、何か描き切れていないというか。ただ描いているだけというか。そういう感覚が好きな人には良いかもしれないが私には解せなかった。

この映画最大の問題点の一つ。ラストシーンのプリンぐちゃぐちゃのカット。あのカットの描き方一つでこの作品の印象はもう少し変わる可能性がある。例えば黒澤明なら、内田吐夢なら、溝口健二ならどういう演出をしただろうか。パクリでも良いんだから。あのカットを重要なシーンのつもりで描いていると思うが、どうしようもなく弱い。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
中村は人生の中心が亡くなった妻それのみに依存し、それのみに人生を委ねていた。
一方、木島はその時の気分だけで生きる習慣を送っていた。
前者は目的があり、その根幹は憎しみであり、愛の欠如でいつも悲しみと苦しみに苛まれている
後者は目的がなく、その根幹は周囲が与える快感であり、その結果、怠慢で自堕落な人生を歩んでいる。

さて、ここで決行日に関し、色々と疑問があったので原因を突き止めたい。
まず中村は常に悲惨な毎日を送っていた。彼は世の中の特に優れた快感、例えば風俗などに通った。
しかし彼は「平凡」になりきれなかった。
実は中村自身、復讐したところで、何も変わらないことを予見していたのだろう。
そして決行日、復讐心と本音が葛藤する。
よくこの作品は評価が低いと判断される方が多いが、この葛藤が分からない上での意見が多い。

簡単に言えば、復讐することで、平凡な日常が再び訪れるわけがないのだ。理性と感情の葛藤がそこにある。
彼は決行日、木島に対し、食生活を詳しく記述したメモを読み上げた。
これは彼の人生、そして彼の全てがそこに記述されている。
つまり、中村が復讐し、毎日葛藤し、毎日平凡な日常が送れず、苦しんでいた「物語」とは関係なかったのであ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー