その名にちなんで (特別編) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

その名にちなんで (特別編) [DVD]

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,490 (37%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、みたらしキャンディーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,148より 中古品の出品:7¥ 334より

この商品には新しいモデルがあります:

その名にちなんで (特別編) [DVD]
¥ 991
通常7~9日以内に発送します。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でその名にちなんで (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • その名にちなんで (特別編) [DVD]
  • +
  • マイネーム・イズ・ハーン [DVD]
総額: ¥3,427
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: カル・ペン, タブー, イルファン・カーン
  • 監督: ミーラー・ナーイル
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2008/06/06
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001671JTM
  • JAN: 4988142664129
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 97,831位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ベストセラー小説の映画化!
愛する子供へ親から与えられた“名前”にまつわる涙と感動の物語


<キャスト&スタッフ>
ゴーゴリ…カル・ペン(草尾 毅)
アシマ…タブー(麻上洋子)
アショケ…イルファン・カーン(石井隆夫)
マクシーン…ジャシンダ・バレット(園崎未恵)

監督:ミーラー・ナーイル
製作:ミーラー・ナーイル/リディア・ディーン・ピルチャー
脚本:スーニー・ターラープルワーラー
原作:ジュンパ・ラヒリ

●字幕翻訳:太田直子 ●吹替翻訳:除 賀世子

<ストーリー>
1974年、インド・コルカタ(カルカッタ)の学生アショケは、列車での旅の途中、親しくなった老人から“海外に出て経験を積め”とアドバイスされる。その直後、列車は転覆、アショケは手にしていたゴーゴリの『外套』が目印となり、奇跡的に救出される。3年後、アメリカの大学で工学を学んでいたアショケは、見合いのためコルコタに戻りアシマと結婚すると、彼女を連れてニューヨークで新婚生活をスタートさせる。慣れないアメリカでの生活に戸惑うアシマだったが、やがて夫婦の間に元気な男の子が生まれる。ちょっとした行き違いもあって、その子の名前はゴーゴリに決まる。しかし、ゴーゴリは成長するに従って自分の名前を嫌がるようになり、大学生になるとニキルと改名してしまう。

<ポイント>
●あなたの名前に由来があるように、彼らの名前の物語がここにある――。
ニューヨークとインドを舞台に、異文化で生まれ育った子供に、親から与えられた“名前”にまつわる涙と感動の物語
●ベストセラー小説の映画化!
ピュリツァー賞受賞作家ジュンパ・ラヒリ原作「その名にちなんで」
●新鋭女性監督「モンスーン・ウェディング」のミーラー・ナーイル最新作!
●世界各国の映画祭で大絶賛!
インディペンデント・スピリット賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー
トロント国際映画祭
ロンドン映画祭
ローマ国際映画祭 他

<特典>
●ミーラー・ナーイル監督による音声解説
●未公開シーン集(3種)――監督による音声解説付き
●『その名にちなんで』に学ぶ映画製作
●カル・ペン:ゴーゴリ・ガングリーを演じて
●ミュージック・ビデオ:♪KOLKATA LOVE POEM
●オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『モンスーン・ウェディング』のミーラー・ナーイル監督がピューリツァー賞受賞作家のベストセラー小説を映画化。新天地アメリカに渡ったインド人夫婦の愛、そして反発し合いながらもちぎれることのない親子の絆を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
最初は 映画館で 見たんです。。。
やっぱ DVD で あらためて 見たいと思って
買ってしまった。

ちょうど ボクが 東京に出てきて 寂しかった頃の境遇と
重ね合わせて 見ていたので、 とても グッと来たのです。

若い頃の タブーの役柄が 美しく 歌声も魅力的で
何度も 見ました。

いろんなことを考えさせられる作品ですが
とにかく 流れている時間が ゆったりしているのが
特徴ですね。。。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
親っていちばん身近な存在だからこそ、その大切さになかなか気づけない。
一人暮らしを始めたり、結婚したり、もしくは両親が他界してしまったり…。
離れてみて初めてその存在の大きさ、そして自分に与えてくれた限りない愛情の大きさに気づかされる。

この映画の主人公も、そんなごくごく普通の感覚を持った青年です。
ただ、周りの人と違っていたのは、父親が付けてくれた名前が嫌で仕方がなかったこと。
その彼の名前には父親のありったけの想いが込められていたんだけど、彼はそのことを知らない。

一人暮らしをはじめて、恋人もできて、徐々に親離れしていく主人公。
恋人の両親には、気に入ってもらおうと頻繁に会いに行くのに、自分の両親は二の次。
そんな息子の姿に寂しさを感じる両親の姿を見て、胸が苦しくなりました。
ちょっと反省…。

自分がどんな状態になっても、変わらず愛情を持って受け止めてくれるのは、やっぱり両親。
これをみたら、必ず親孝行したくなりますよ!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トビアス 投稿日 2008/8/30
形式: DVD
 沢山の想いや気持ちが詰まった映画です。アメリカに渡ったインド人の家族の物語。家族の絆の強さが印象に残りました。成長し独立していく子供たち。死んでしまう父親。孤独と向き合うこととなった母親は故郷へ想いを馳せる。妹はよき伴侶を得て幸せに暮らす。しかし自分の名前の気に入らない長男は改名を考えたり恋愛もうまくいかず裏切られてしまう。親はインド育ち。子供達はアメリカ育ち。その境遇や考え方の違いの対比が悲しさを漂わせます。だけど家族は一つ。いつも悩んだときは家族のもとへ。家族が集まってる時がそのインド人たちが一番幸せそうに見えました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
アメリカに移住したインド人の家族の物語。

若い頃乗り合わせた列車で乗り合わせた人物に言われた「世界を旅せよ」との天啓のような言葉。それを受けて移住した主人公とその妻。
そして、現地で産まれた息子。両親が感じる異国での戸惑いや2世としてのアイデンティティを模索する息子の姿が描かれる。

原作者であるインド系アメリカ人の女流作家ジュンパ・ラヒリの作品は短編集だけ読んだことはある。移民したインド人の物語をシンプルな文章で細やかに描いていた。が、この映画も心情表現の細やかさでは負けていない。

人生、愛、家族、旅、色んなものがここには詰まっている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
インドの人たちは民族衣装のサリーとか来てると気が付かないですが、アメリカナイズされると変身します。インディアンビューティーというか、彼らは元々アーリア人(ゲフンゲフン)、

なのでインド人は、移民して経度の高いところへ来ると、色が抜けて肌が白くなるそうですが、本当?

アマゾンの人のように、これを家族のストーリーがどうのとかいうと、カースト制度が気になるし、難しいです。原作はジュンパ・ラリヒですが、どの辺に人気があるのか、貴族の生活を描いた、古典的な西洋文学読者か。

印度人はカーストに良心の呵責がないというか、

貧乏人に責任感じてないので、いちいち誰のせいとか怒らないし、逆に使いやすいのか。

どの国にしても、奨学金を貰ったり、資産家の家に育ったり、

欧米には実質的に上流階級しか来れないので、分かり易いですが。

カースト制度は、アメリカのポリティカルコレクトにも恐らく抵触すると思いますが。

泥水を呑みながら同胞を蹴落として這い上がったのではなくて、生まれつき資産家なのだからしょうがないじゃん、名誉白人ふうです。

似た感じのオリエンタルビューティー、アラブの王族などは、エンジニアと組んで移民しな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す