通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
そのバイト語はやめなさい―プロが教える社会人の正し... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

そのバイト語はやめなさい―プロが教える社会人の正しい話し方 単行本 – 2004/7

5つ星のうち 2.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,951 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そのバイト語はやめなさい―プロが教える社会人の正しい話し方
  • +
  • 問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
総額: ¥2,160
ポイントの合計: 38pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

バイト語は、ビジネス語を知らない若者が、丁寧な言葉を使おうとして苦し紛れに使っている言葉だ。長年、言葉遣いを教えてきたプロが教える社会人の正しい話し方。なぜそれが適切なのかを、分かりやすく解説。

著者からのコメント

 半世紀近い核家族世帯の中で、家庭から敬語が失われました。学校では外国語の文法は教わりますが、日本人として社会で使う敬語を学ぶ機会はありません。そんな若者がいまや大人社会で、バイト語と呼ばれる造語敬語を必死に駆使しています。それらの誤っている点を理論的に指摘し、今後、戸惑わず、正しい言葉を話すことができるように、豊富な実例から基礎を学べる書です。  また若者の言葉を聞いて、何か変だなぁと正体不明なわだかまりを感じる大人には、そこが変だったのかと、胸がすく本となっています。  年齢に係わりなく、ちょっと気になる日本語を聞いたときに開いていただきたい本です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532311535
  • ISBN-13: 978-4532311537
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 698,987位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

トップカスタマーレビュー

投稿者 freesia トップ500レビュアー 投稿日 2008/3/12
形式: 文庫
いまさらバイト語・コンビニ語といわれる言葉に染まるつもりはありません。
ただこれまで、方言などの言い回しは別として、私が日常使っている言葉の多くをなぜ「ほぼ良し」とするか、
うまく自分で説明できませんでした。
会話の相手の顔を見て誠意を込めて話すには、きちんとした言葉遣いができないといけないから……という
程度のことしか言えませんでした。
この本では、敬語や文法などビジネス界に必要な「言葉のたしなみ」を知ることができ、これが根拠なのだ
と目の前が明るくなりました。
間違った言葉遣いは、相手に失礼なだけでなく、自分の品位も落としてしまいますね。
恥ずかしながら、バイト語と意識しないまま、ついうっかり間違って話している言葉にも気づくことができ、
非常に参考になりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「さすがにこんなふうに話す人はいないだろう」と思えるような言葉使いもありますが、よくファミレスや居酒屋で聞く間違った言葉使いが満載で、
働く人にとってはとても参考になると思いました。
「私は大丈夫」と思っている人も読んでみるといいと思います。意外と「あ、これって間違いなんだ」と思うものがありますよ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
接客で正しい日本語を使いたいという動機から本屋で手に取った本ですが、近頃日本語検定の勉強をしていて、この本が日本語検定の敬語と文法の分野の参考書として大いに役立つことに気付きました。敬語の文章の組み立て方について、1から徹底的に説明しているからです。
学校で遣う副読本のように内容が無機質で、下手をすれば分かりにくいということはありません。とにかく分かり易く、それでいて正しい日本語について最終的には自分の頭で組み立てられるよう、徹底的に説明してある。
気楽に日本語の誤用についてお知りになりたい方は、「問題な日本語」などをお読みになった方が良いでしょう。敬語について徹底的に学びたい人にはうってつけです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文化庁が発表した「国語に関する世論調査」によると「檄を飛ばす」「姑息」という慣用句を約7割の人が本来の意味と違う意味理解しているというニュースが報道された。
最近よく言われる「バイト語」
何気なく使っている日本語が本来の意味と違っている事が多くあると知った。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告