通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫) 文庫 – 2004/5/27

5つ星のうち 3.4 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 98
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫)
  • +
  • XXゼロ 呪催眠カーズ (宝島社文庫)
  • +
  • 地獄のババぬき (宝島社文庫)
総額: ¥2,385
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

第1回『このミス』大賞、最大の話題作!

今すぐ逃げだせ!
“生き神”にされるぞ!!
戦う武器はケータイのみ

旅行で訪れた山奥の温泉地、そこは怪しい村だったー。女子大生しよりと愛子を次々に襲う恐怖の事件。今すぐ脱出しなければ片目、片腕、片脚を奪われ、“生き神”として座敷牢に一生監禁されてしまうという!? 頼りの武器はケータイのみ! 二人は生きて逃げ出すことが出来るのか。第1回『このミス』大賞で最大の話題を呼んだ、息つく暇さえない携帯電話ホラーサスペンスの最高傑作、文庫で登場

内容(「BOOK」データベースより)

旅行で訪れた山奥の温泉地、そこは怪しい村だった―。女子大生しよりと愛子を次々に襲う恐怖の事件。今すぐ脱出しなければ片目、片腕、片脚を奪われ、“生き神”として座敷牢に一生監禁されてしまうという!?頼りの武器はケータイのみ!二人は生きて逃げ出すことが出来るのか。第1回『このミス』大賞で最大の話題を呼んだ、息つく暇さえない携帯電話ホラーサスペンスの最高傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 550ページ
  • 出版社: 宝島社 (2004/5/27)
  • ISBN-10: 4796640967
  • ISBN-13: 978-4796640961
  • 発売日: 2004/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 217,092位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
映画化されるというし、有名な賞の作品だからかなり期待しました。
しかし!
文章は下手だし、過剰な説明が多いし、展開が無茶苦茶すぎるし、ご都合主義だし・・・・・・。
「リアル鬼ごっこ」再来です。
携帯から生き神にされるとかの情報が流れてくる最初の段階は良かったけど、結末まではランニング出来ていません。
無茶苦茶さを楽しむと言う点で2点で。
こういう小説を好む人も大勢いるのも事実ですし、それなりの評価も受けているのでこのレビューはあくまで参考に!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画「エクスクロス」の原作であり、タイトルのXXはエクスクロスと読みます。

ジェットコースタースリラーと題された本作を手に取り、最初に思った第一印象はこういう出版のされ方をする小説は多分、面白いものなんだろうな、といった漠然としたイメージ。
「第一回 このミステリーがすごい!大賞」の最終候補作として残り、惜しくも選には漏れたものの、原稿を読んだ編集者が捨てがたい魅力を感じたため、特例として出版されることになり、そしてすぐに映画化が決定された、というのがその経緯です。「リング」「バトル・ロワイアル」「ホワイトアウト」を見たときに感じた面白そうな匂いがこの作品にも漂っており、読んでみました。作者は20代後半、作家を目指しながら現在某ホテルのベルボーイとして勤務されている方とのことです。

一読後、感じたものは「面白いんだけど…」でした。この「…」の部分が微妙な作品で、確かにグイグイと息をつかせぬ展開で物語に引っ張り込まれ、ハラハラドキドキの連続なんですが、あまりに情報過剰というか表現過多というか、支離滅裂の数歩手前というか…。

プロット自体は凄く面白そうです。

女友達と失恋の痛手を癒すための温泉旅行に出掛けた主人公の女子大生は、偶然立ち寄った妙な違和感の漂う阿鹿里村(あしかりむら)というひな
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
途中でどんな結末になるのか?考えながら読みましたが、なんじゃそりゃ?って感じでした。
ネタバレになるので書きませんが、そんな事でここまでするか?って思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この文庫本の解説のタイトルが、「この無茶苦茶さ加減がなんともたまらない!」(杉江松恋)となっているが、この言葉でこの作品のすべてが語られているように思います。

舞台は、阿鹿里村と言うかつての「探偵小説」に登場した因習が支配する閉ざされた社会です。
そこに傷心旅行でやってくるのが、主人公のしよりとその友達の愛子です。
その土地に向かうケーブルカーから、すでに異様な雰囲気がスタートします。そこからは、一気に“生き神”の風習を巡って事件が展開します。
しよりには、様々な人からケータイを通して意見が入りますが、誰を信用して良いか解りません。その混乱が最後まで続きます。
一方、離れ離れになった愛子にも事件が持ち上がります。

二人の体験がパッチワークのように構成されて、謎が謎を呼ぶ展開で、まさにサスペンスです。
文章はともかく、ストーリーは最後までどきどきさせてくれて面白いです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
はじまりでぐっと掴まれて結局5時間ぶっつづけで読みきってしまいました。
どこまで読んでも謎だらけ、そして登場人物の怪しさに一体誰が嘘をついているのか全く予測できない展開。結構推理小説など読んでいると犯人が予測できちゃったりもしますがこの作品は最後の最後までわかりませんでした。
しかし!残念でならなかったのは、最後まで読みきっても、話しの内容が???の部分がいくつかあったこと。しかも重要なお話しの軸の部分で・・・。最後のページを読み終えて、思わず「えぇっ!?」とつっこんでしまいました。読みきっても真実があいまいって、おい。
でも深いこと考えなければおもしろかったし、続きを待てない気持ちをありがとうって感じです。それと私の場合映画の予告でこの小説を知ったので、本を読みながら映画のキャストで想像しながら読めたのでよかったです。私的には、この女優さんのためにこの役はあるのでは、というぶっとびキャラがいました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前半は後半を期待させる内容で,しよりの運命がどうなるのか気になるところでしたが
後半ではあまりにもあっけないオチでものたりなさを感じました。
愛子の身に起こる事件と愛子の秘密,この2点は良かったので星4つです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー