通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
そのときは彼によろしく (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

そのときは彼によろしく (小学館文庫) 文庫 – 2007/4/6

5つ星のうち 4.3 111件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,500 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 710
¥ 710 ¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そのときは彼によろしく (小学館文庫)
  • +
  • いま、会いにゆきます (小学館文庫)
  • +
  • 恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 104pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!
POP王の作品を拡大する POP姫の作品を拡大する

(Copyright© Web本の雑誌 POP王 POP姫)


--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

2007年夏公開の映画化原作。待望の文庫版!
とある地方都市で小さな水草ショップを営むぼくのもとに、ある夜ひとりの美しい女性が現れる。店のドアに貼ってあった求人チラシを手にして……“アルバイト募集 年齢性別不問。水辺の生き物を愛する方ならどなたでも”。この出会いが、奇跡の始まりだった。著者の愛する映画『ノッティングヒルの恋人』へのオマージュで始まるファンタジックな青春ラブストーリー。'07年6月の映画公開に向け、著者初の、そして待望の長編文庫化!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 512ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094081607
  • ISBN-13: 978-4094081602
  • 発売日: 2007/4/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 111件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 66,506位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
とても懐かしい本を読んでしまった。

僕は今年二十歳で、実は6年前中学2年生の時に「そのときは彼によろしく」を読んだ。
今でも学校帰りに本屋で買って帰り、夜中の3時まで休まず読了したのを覚えている。

気付けば僕も大学生。
大学生になれば彼女の一人や二人できるなど聞いていたが、いやはや恋愛の気配などどこにもない。

この本を再び読んだのはちょっとの気まぐれだった。
おすすめの本はないかと人に聞かれる度にこの本を紹介するようにしているのだが、久々に読んでみたくなったのだ。
花梨の言葉を借りれば原点回帰。
恋愛の「れ」の字も微塵に感じられない今の僕。その後押しをしてくれるだろうと思い、読み返した。

読み始めたら最初と同じくあっという間に読み終わってしまった。
500頁近くあるのに……。
そして読み終わって気付いた。

この物語の切なさと愛しさに僕はずっと苦しめられていたのかもしれない。
彼らの鮮やかすぎる恋に。僕の恋愛感情の根底にこの物語は息を潜めていたのだ。
智史たちと同じ14歳の時にこの物語に出会ってしまって……、僕はずっと憧れていたのだ。彼らの恋愛に。

なんとまぁ、情け
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
市川さんの作品は、いつも暖かい気持ちになれるものばかりです。
市川さんの本では登場人物の会話文が多いのが特徴ですが、
そのためとても親しみをもって読み進めることが出来ます☆
この本は私にとって、同著者さんの三作目になりました。
「いま、会いにゆきます」「恋愛写真」の次です。
どれもとても興味深いものでした。
涙を流す本…とはちょっと違った、感動的な本です。
生きることの尊さ、また、焦燥感…
読みすすめると同時に、様々なことを考えました。
読み終えたあとも、まだ本のストーリーの中にいる気分です。
今、とても清々しい気持ちで、この本を推薦します。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 29歳の主人公:智史は、最近出会った美咲といい関係を築きつつある。

だが突然にも、初恋の人であり、今でも深く想っている花梨と再会してしまう。

悩む智史であったが、花梨にはなにか複雑な事情があるようで…

 …というストーリー。

丸くなった村上春樹のような、うまい言い回しと小粋な表現。

淡々としているけど、切なくも温かい展開。

会話が多いことも特徴で、大変読み易く、読み始めの本として最適と思います。

娯楽小説としては、1番好きな作品ですね。はい。

 市川拓司氏の小説に登場する人物は皆、人から傷つけられること、

そしてそれ以上に、人を傷つけることを怖れているように思います。

しかし、今の資本主義社会は、他人の不幸をかき集め、自分の幸福に変えていく社会。

無論、そりが合わない。

そんな中、1つだけ、人から奪わないで創れる幸せがある。

それこそ『愛』である。と。

お金よりも、地位よりも、名誉よりも…

なによりあなたの隣に立って、笑いかけてくれる人を見つけなさい。と。
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
中学生の頃からずっと好きな女の子
月日は流れ30歳を目前にしようとも、主人公の心の中で彼女は一番のままだ
奇蹟がこの世にはある気持ちがこの本には充満している
その気持ちは、この世界には物理学の教科書にも載っていない強い力がひとつあると、主人公の父が言う台詞に詰まっている。
この力がこの主人公の彼女への思いを支える。
あきらめきれない何かを持つ人でありながら、純粋な主人公
彼の思いは彼女に届くのか?!
ロマンティックな気分に浸りた時にどうぞ
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ページをめくって最初のフレーズは

〜 鈴音は両手を広げ、天を仰ぎ見ながら言った。「『かくのごとき夢あれかし』って。」…「ねえ、それって、とてもすてきな夢だと思わない?すべてのひとたちがみんなそこで繋がっているのよ」〜でした。

何のことを言っているのか分からず読み進めていくと、いろいろな場所に残されたジグソーのピースが少しずつはまっていくように話がつながって行く感じで楽しく読めました。

かなり現実離れというかあり得ない話で、その手の話は苦手という方の評価は低いかもしれませんが、ファンタジーとわりきって読むにはいいかもしれません。読んでいる間はなぜか、主人公が映画の帯とは違い、妻夫木くんと長澤さんがずっとイメージされてました。先を読みたくてあっという間に読破しました。読み終わって何とも言えない、ほっとして温かい気持ちになりました。母の墓参りにも行きたくなったり、随分前に亡くなった祖父のことも思い起こされたりしました。「生きてるっていいね。」「好きな人がいるっていいね。」と誰かに言いたくなりました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー