通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 青 龍
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 簡易クリーニング済み。中古商品となりますので、スレ・傷・日焼け・汚れ・角折れ等のある場合がございますが、通読には支障のない商品となっております。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。【ゆうメール発送】【日時指定不可】【今一度、宛先の確認お願い致します。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書) 新書 – 2016/4/6

5つ星のうち 3.3 15件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 485

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書)
  • +
  • 薬で病気は治らない (PHP文庫)
  • +
  • 睡眠薬中毒 (PHP新書)
総額: ¥2,419
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「薬をやめるとどうなる! ?」
「早めの処方が効くって、本当??」
薬の常識の9割は、ウソ。
薬剤師が教える「本当の薬の常識」とは――。



「効いたよね、早めの○○♪」
薬の「常識」は製薬会社のCMによって、刷りこまれていることが多い。
それを鵜呑みにしたばかりに「よかれ」と思って飲んだ薬で、逆に体をこわし健康を遠ざけてしまう。
本書は、「薬を使わない薬剤師」として、「薬」の真実にきりこんできた著者が、
これまで正しいとされてきた「薬の常識」を疑い、その「思いこみ」を正す企画。

・早めに飲むと抵抗力を落とし、命の危険も
・「食後・食前」には意味がない
・健康診断が病気をつくる
・胃腸薬はウィルスを増殖させる
・うつ病の薬の副作用は、自殺願望

市販薬、処方箋、サプリメントの副作用など、
病気を抱える人だけでなく、小さな子どもや高齢者を持つ家族にも必読の1冊。

一家に一冊置いて、いつも参照したい、現代の家庭の医学である。

出版社からのコメント

【読者からのお便りを紹介】

●不妊・不育症を自力で克服してから、薬断ちをして生活改善しているため、内容はうなずけるものでした。
(34歳、女性)

●医学迷信、薬迷信に陥っていました。人はメンタル、肉体共に自然治癒の体験をする必要性を感じます。
(52歳、男性)

●安易に薬に頼らずに、免疫力=自然治癒力の強化、向上につながる生活改善の必要性を実感した。
(51歳、男性)

●日頃、医者ギライ、薬ギライの私は具合が悪くて病院を受診すると必ず「入院」となるので、その前段階で何か役立てばいいと思って買いました。結果、いろいろ「目からウロコ」の内容で良かったです。
(61歳、女性)

●元薬剤師としての立場からか、分かりやすく、一気に読めました。便利になったことで生活習慣もかわり、何か大切なことが置き去りにされているように思います。
(67歳、女性)

●漠然と疑問にしていたことが、簡潔に解説してあり納得がいきました。
(84歳、男性)

●花粉症なので、この時期は抗ヒスタミン剤をよく飲みます。しかしこの本を読んで、薬は体にとって異物という認識ができましたので、薬を極力飲まないようにしようと思いました。
(22歳、女性)

●医療+薬剤に対しての不信感が大なので買って読みました。患者の意をついてくれた内容でとても良かったです。年をとると不安な病気をかかえ、それを待ってましたとばかりに薬をあたえ、副作用が出ても医者も薬剤師も認めないものです。
(64歳、女性)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2016/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797384131
  • ISBN-13: 978-4797384130
  • 発売日: 2016/4/6
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
結論は同意ですが、その過程の考え方が不明である。つまり、その考えに至る根拠が明示されていない。参考文献の提示もない。刺激的な内容を口述したよう本である。
薬剤の問題点は、安易な処方による、多剤併用や副作用。薬剤には害ばかりではなく、これまでに多くの方々の疾患を治してきた利点もあるのだ。

このような根拠不明な内容を真に受けた読者によって、臨床現場では、患者とのコミュニケーションに支障が生じることがある。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
はっきり言って、この著者すこし書きすぎではないかと思う。
うなずけることは多いのだが、もうこれで同じような傾向の本が
何冊目か……。
たしかに薬は「毒」でもある。必ず副作用がある。
手っ取り早くいえば、
「この薬を飲むと血圧は下がりますが、下痢するかもしれません」
……というふうに。

今回は「脳」への悪影響だ。
たしかに向精神薬などは、脳に影響があるといわれている。
精神安定剤や睡眠薬が脳を活性化するとは、素人考えでも思えない。
しかし重篤な場合は必要な薬もある。

薬で問題なのは、軽症なのに薬に頼ることだと私は思う。
「その1錠が脳をダメにする」のではないと思う。

もっともセンセーショナルに煽るのは出版社の方針だろうが、
もう少しバランスの取れた内容の本を、
この人は書けるはずだ。
たとえばだが、「飲んでいい薬、ダメな薬」とか……。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
食品添加物に神経を尖らせている私達ですが、主治医から出された内服薬については例外のようです。ですが、薬剤の使用により、その症状は軽くなりますが、実はそれ以上の深刻な影響を身体は受けています。そのことを私達に改めて教えてくれている本だと思います。疾患の多くは私達の生活習慣、食習慣と、遺伝的な体質、身体の感受性の程度によって生じています。身体の要因は如何ともし難いのですから、私達は生活習慣、食習慣に気をつけるべきでしょう。現在、それらによって薬剤に頼らずに高血圧などの生活習慣病を克服している方々が多くいます。自分の健康は自分で守る、そういった当たり前のことを様々な事例を通じて私達に教えてくれています。自分の健康を医者任かせにして、自分に責任が持てますか?著者はこの本で薬を全て止めなさいとは言っていません。どうしても必要なものもあるでしょう。医師の命ずるままにそれらを服用するのではなくて、飲む前にもう一度考えましょうと説いているのです。この本は、もう一度改めて自分の体と対話して、最善の薬の使用方法について考え、実践する上での道しるべになる本でもあると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書) ...

心筋梗塞で3回手術。そのために商法された薬14錠を服用すると、意識が薄らぐのです。心臓側類からと思っていましたが、薬の所為ではないかと疑問が浮かび、医者の反対を押し切って、決死の覚悟で服用を止めました。
でも恐怖ばかりがあって・・・食事、薬の副作用など、勉強を始めました。そのうちの1冊です。夢中で3度も読んで、薬というものに納得。
薬の代わりに食事で健康になってやると決心しました。
薬を止めてから、意識もはっきりして、身体も丈夫になりました。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はるのあめ トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/19
形式: 新書
 胃の内容物の有無によって最大血中濃度到達時間、半持時間が大きく変わります。また、胃壁他に対する反応性も大きく変化します。

 鎮痛剤は痛みのサーキットが出来る前に使用しないと疼痛を抑えがたくなることがあります。

 何よりも、世の中には絶対使わなきゃ命の維持が出来ない薬が多々あります。

 本を読んで自己判断だだけで薬の中断をするのはまあ、自分の命なのだから自己責任でどうぞとしか言えませんが、ならば最低限処方した医師または薬剤師に相談してください。あなたの症状を診察しても居ない人の判断に全てを委ねるのは単なる思考放棄です。

 感染症で自己判断で停止したせいで耐性菌が出来、今まで効いていた薬が次には効かなくなる事も有ります。若年者の結核などに非常に多いです。これは貴方だけではなくその次の世代にも影響が及びます。メチシリン耐性菌等が実際に院内感染等で大きな脅威になっています。
 他にも、高血圧症もまず降圧剤で一時的にでも下げないと致命的な症状を引き起こしたりする可能性が有ります。腎臓なんかも高圧状態により糸球体が破壊され人工透析が必要になります。

 また、薬の重複や以前の副作用を避けるためにこそお薬手帳が有り、薬剤師さんも医師もそれを活用しています。一つの病にある薬が対応
...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック