中古品の出品:5¥ 13,890より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

そして人生はつづく [DVD]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 13,890より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ファルハッド・ケラドマンド, プーヤ・パイヴァール
  • 監督: アッバス・キアロスタミ
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: ペルシア語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2001/09/21
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005NS2T
  • JAN: 4510242162979
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 197,474位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

1990年にイラン北部を襲った大地震。この地震の震央が「友だちのうちはどこ」の撮影現場だったため、キアロスタミは息子を伴って主演の少年たちの消息をたずねて被災地に向かった。この体験をもとに完成した“ジグザグ道3部作”の第2作。

レビュー

監督・脚本: アッバス・キアロスタミ 撮影: ホマユン・パイヴァール 音楽: ヴィヴァルディ 出演: ファルハッド・ケラドマンド/プーヤ・パイヴァール
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カレーライス 投稿日 2007/3/10
この作品を見た時、衝撃が走った。ドキュメンタリーでもないのに、俳優の芝居が感じられない。芝居をしない芝居と言う究極の映画だろう。今のテレビやアメリカ映画が好きな人には、眠くなるかもしれない。だが必見だ!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジグザグ道3部作の第2弾。「友だちのうちはどこ?」の舞台になったコケルとポシュテの村が大地震に見舞われた。震災後、そこの人たちがどのように生活しているのか、そしてあの子供達は無事なのだろうか?
本当に普通に震災後の人々を淡々と描いています。と、思っていたら登場人物が、本当の私の家はつぶれてしまった、この家は映画のために私の家ということになってる、みたいなことを平然と言っています。この監督はいったい何を考えているんでしょう?劇中劇みたいなもんでしょうか?ドキュメンタリーとして見ればヤラセになってしまいます。
で、まあ映画の中の目的は一人の子供に会いに行くことなんですが、いろいろな人に道を聞いてだんだん近づきます。そして最後の最後、その子供が歩いていくのが遠くの方に見え、車でジグザグ道や急斜面を走ります。そのラストシーンは、一瞬、えっ!!、となるんですが、その直後ほのぼのハッピーエンドにつづいていきます。だから人生はつづくのか。音楽もやさしくて上品っす。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す