通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 小口にヤケ、シミあり。★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生 単行本 – 2007/8/23

5つ星のうち 4.7 51件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 543

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そうだ、葉っぱを売ろう!  過疎の町、どん底からの再生
  • +
  • ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
  • +
  • 田舎力―ヒト・夢・カネが集まる5つの法則 (生活人新書)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ニューズウィーク日本版『世界を変える社会起業家100人』に選ばれた男の壮絶な生き様!
男は朝っぱらから大酒をあおり、女は陰で他人をそしり日々を過ごすどん底の田舎町。
この町でよそ者扱いされた青年が、町民の大反発を買ったことから始まった感動の再生ストーリー。
今では70代、80代のおばあちゃんたちが、売上高2億6000万円のビジネスを支え、人口の2倍もの視察者が訪れる注目の町に変貌。
著者が二十数年かけて成し遂げた、命がけの蘇生術の全貌が明らかになる!

テレビ東京『カンブリア宮殿』で村上龍氏 絶賛!
横石知二さんは、現代の二宮尊徳だと思う。

重要なのは「町興し」「村興し」ではなく、その土地に生きる一人一人が目標と生きがいを持てるかどうかだと、見事に証明して見せた。


『葉っぱはおカネに化けん! 』より

「今度から葉っぱを売ろうと思うんですけど、どうですか?」
「葉っぱを売るってで? ハッハッハッ」
タヌキやキツネであるまいし、葉っぱがおカネに化けるんだったら、
そこいらじゅうに御殿が建つわ」

まともに取り合ってくれる人は、誰もいなかった。
それでも、これが成功すれば相当大きいと感じていた私は、
何としてでもやりたかった。
「やってみなんだら、分からんでないか」
怒りにも似たような、やる気が燃えたぎった。


第1章 とんでもない町に来たなぁ
第2章 そうだ、葉っぱを売ろう!
第3章 葉っぱがおカネに変わるまで
第4章 彩ビジネス急成長
第5章 転機の訪れ
第6章 彩とともに再生した町
第7章 成功のヒミツ
第8章 上勝いろどりからの提言

出版社からのコメント


本書「おわりに」より抜粋

まったく見ず知らずの上勝に来てから28年が経過したが、あっという間に過ぎてしまったような気がする。いろんな人たちから、「生まれ育った町でもないのに、なぜそこまでするの?」と聞かれるが、なぜだか自分でも分からない。おばあちゃんたちを主役にしたと言われるが、ほんとは自分自身が主役になっているのかもしれない。必要とされていることに、自分が喜びを感じているのかも・・・・・・。でも大事にしてきたのは、どんな人でもそれぞれに良さがあり、その場面づくりができればいいなぁと思ってきたことだ。
自分が社会の役に立つということが、どんなにうれしいことか。このことを「彩」事業を通じて、おばあちゃんたちから教えてもらった。事業の成長とともに、最近では「息子が帰ってきてくれることが何よりもうれしい」と涙を浮かべるおばあちゃんの姿が見られるようになって、これは私の人生最高の喜びである。この事業の成功は、もちろん私ひとりでできたものではなく、多くの人が応援してくださったことによるものだ。本当にありがとうと感謝の言葉を捧げたい。
最近、全国各地を回ってみると、全国の農村では心の空洞化が起きている。「もう、何をやってもダメ」とあきらめムードが漂い、自分のところを自慢する人や誇りを持った人が少なくなってしまった。あと何年この地域は持つだろうか、というところもたくさんある。一次産業の衰退、公共事業の激減、そして何よりも学校統合により地域に子供たちの声が聞かれなくなってしまったことは、いままで持っていた「気」がプツンと切れてしまう結果になった。少子高齢化社会の現実に、町が消えるか、甦るか、完全に岐路に立つときである。
なんとか、という思いを持って、全国からたくさんの方が上勝に来られるが「彩」の事業で成功したところは未だにない。なぜですかと聞かれると、私は「心の絆」だと答える。
この商品は、料理人は自分を演出するために使うものであり、おばあちゃんたちだってそうである。まさに、自分を表現する鏡のようなものなので、心のつながりがすごく大事。そのつなぎ役をしてきたのが、私の役目であったと思う。絆と絆をつなぐことは、そうたやすいものではない。絆を育むことができれば、どんな事業でも成功へ向かっていけると思う。絆は磨かれた自分が得られる最高の持ち物である。
いま私がやっていることは、後継者を育てること。このことができなければ、町は消えてしまう。その具体策は、夢の種を蒔くことである。後継者を育てるには、いまの自分自身が輝くことから始まり、夢の種を蒔かなければならない。気を育て、後押ししてあげること。おばあちゃんの言った「やってみるって、大事やな」「自分で踏み出る勇気やな」と語る言葉に、幸せをつかんだ人の喜びがあふれている。夢の種を蒔くことが、地域を再生することの出発点にもなるだろう。がんばっていくぞぉ・・・・・・。
平成19年7月 横石知二

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ; 四六版 (2007/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797340657
  • ISBN-13: 978-4797340655
  • 発売日: 2007/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,605位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 著者横石さんが、30年以上に渡って過疎の町(上勝町)を再生させることに奮闘したノンフィクションです。

 今でこそ、多くのメディアが上勝町をとりあげ、横石さんが商品化した「彩り」によって年収1000万も稼ぐおばあさんもいるが、開発当初は大変な苦労をさせていることが分かります。

 大変感動的なのは、努力が実って市場で売れるようになり、役目を果たした横石さんが農協に辞表を出した際、彩りを作っている農家から辞めないで欲しいという懇願書が届いたという実話だ。写真で農家の方の想いが綴られる。いかに上勝町で横石さんが大切な存在なのかが感じられる。

 農家の皆さんのことを考え尽力をつくし成功を収めるまでの物語は、農家をしている方だけではなく多くのビジネスマンにとってのヒントにもなると思います。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 奇跡のノンフィクションです。
「どうしようもない過疎の田舎が、料理のつまものと結びついて大変身」という単純なストーリーではないです。
 町を何とかしようと悪戦苦闘していた青年が、がんこ寿司でつまものに感動する女学生を見て、上勝の田舎に結びつけたこと。つまものを使う料理の状況を理解するために、安月給の身銭を切って高級料理店に客として通って研究したこと。おそらく、一流の料理人たちも、意気に感じたのではないだろうか。仕事に全精力を注ぎ、17年間、家計に1円も入れなかったのを咎めなかった奥さん。おばあさんたちの潜在力を信じ励まし、もんぺ姿のおばあちゃんたちを、大阪、京都の高級料理店へ引率し、つまものの使われ方を実地で見せ、おばあちゃんたちが見違えるように進化していったことなどなど。
 人は変わる。それぞれの人が、自分の出番があり、働いて評価され、社会とつながっていると感じられるようになったとき、町は生き返った。横石さんは、それを「産業福祉」という。とても爽快な響きがしました。
 横石さんの父上が「現場の人を、一番大事にせなあかん」と息子に懇々と教えられたことがなければ、この奇跡の物語は生まれなかったかもしれません。心の土壌に大事な種を蒔かれたのだと思いました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
料理に彩りを添える「つまもの」、つまり葉っぱの類。
かつては料理人たちが自らの“目利き”でつまもの(葉っぱ)を収集していた。
単に葉っぱといっても、そこには旬があり、伝統があり、薀蓄がある。
一朝一夕では分かりえないノウハウが詰まっており、それを料理人たちは代々伝えてきた。
この葉っぱを商品化し、一般市場に流通されるマーケットを開拓してきたのが、本書の著者だ。

著者は、良い商品を作るだけでは足りない、むしろ売ることのほうが大切だという。
生産者は作ることばかりに気をとられがちで、得てして売ることに無頓着。
そうならないために自ら全国的に営業をかけ、さまざまな方法で生産者であるおばあちゃんたちの意識や向上心を高めてきた。

巧みな仕組みを作りあげる戦術と人心を掌握する現場主義とのバランスこそが、成功の大前提であると学んだ。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の無欲な一生懸命さ、おばあちゃん達の頑張りに心を打たれます。
人のつながり「絆」というものの暖かさと強さを感じました。
落込んで元気がない人、前向きになりたい人にオススメです。
また、政治家、行政に携わっている人、企業家は必読でしょう。
人への思いやりが人を元気にしてイキイキと暮らすことにつながり、
イキイキと暮らすことが故郷を大切にして環境を守ることにつながって、
山奥の村全体を元気にすると教えてくれます。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 テレビや新聞など、メディアで盛んに取り上げられる「いろどり」のお年寄りの笑顔に圧倒され、去年『いろどり〜おばあちゃんたちの葉っぱビジネス』という、高齢者の笑顔満載の写真集を買って、ボロボロになるまで読みました。(資料や著名人のコラムも充実してて、お得でした!)
 その後、この事業の仕掛人の横石さん(この本の著者)の講演を聞く機会があって、涙が出るほど感動したけど、この本には、講演では聞けなかったエピソードがさらにテンコモリで、一気に読んでしまいました。ビジネス書としてもいろんなヒントがいっぱいな上に、「がばいばあちゃん」みたいな人情話もあり、とにかくストーリー(実話とは思えないほどドラマティック!)に引き込まれてしまいました。
 いまでは、田舎なのに高齢者が元気に働いて儲けている先端の成功例として紹介される上勝町だけど、20年前は朝から酒を呑んで、人の悪口や愚痴ばっかり言ってる人が多かったという話も、インパクトあります。(いまの、あのお年寄りのはじけるような笑顔からは想像できない!)
 いま日本中の田舎が、少子高齢化・過疎化・仕事がない、などの状況に気持ちがへこんで、補助金や行政の援助がないとどうにもならないと思い込んでしまってるけど、自分の身の回りを見て、何が地域の宝物なのかをしっかり考えて、20年がんばれば、この上勝町のように自分の力で再生できる
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック