通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 幸運のミカタ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 使用感の見られない非常に良い状態です!迅速に対応いたしますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル 単行本 – 2016/4/14

5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 794

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • そうだ、星を売ろう  「売れない時代」の新しいビジネスモデル
  • +
  • 戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)
  • +
  • これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

シリーズ累計60万部突破!『100円コーラ』シリーズ著者の最新刊!

長野県の阿智村で実際に起きた実話に基づくビジネス物語

温泉旅館で働く新人・諸星明は、衰退する温泉郷の立て直しに挑戦する。しかし周囲は無関心。
過去の成功体験が忘れられない反対派もいる逆風のなか、諸星と数人の仲間で始めた「ディズニーを超える」という挑戦は、「売れない時代」の新しいビジネスモデルを創りあげていく――。

ヒトなし、カネなし、モノなしの限られた状況の中、諸星は新規事業を成功できるのか?
長野県・阿智村で実際に起きた実話に基づくビジネス物語。

ジョン・P・コッターの「企業変革の8ステップ」を中心に、ダニエル・ピンク『モチベーション3.0』、ジェイ・B・バーニーの『企業戦略論』、『ゼロ・トゥ・ワン』『アダプト思考』『リーンスタートアップ』『競争優位の終焉』など最新ビジネス理論を網羅した、ストーリーで「企業変革」が学べる1冊

(目次)
第1章 温泉郷の強みは、温泉か?――大量生産・大量消費時代の終わり
第2章 そうだ、星を売ろう!――当たり前のものが強みに変わる
第3章 星の村――コッターの企業変革力
第4章 星のガイド――ヒト・モノ・カネより大切なもの
第5章 見えない星空――リスク管理と失敗の3ステップ
第6章 星のタウンミーティング――抵抗勢力を味方につける
第7章 星の絆―― 「やりたいからやる」モチベーション3・0
第8章 星の特産品――1を100に育てるリーン・スタートアップ
第9章 五平餅協力隊――ビジネスは合理的に判断できない
第10章 星の模倣――競争優位の終焉と終わらない変革力
エピローグ 成功体験を捨て去る勇気
解説 ジョン・コッターの「変革を推進するための段階のプロセス」
巻末付録 本書のもとになった経営戦略理論

内容(「BOOK」データベースより)

温泉旅館で働く新人・諸星明は、衰退する温泉郷の立て直しに挑戦する。しかし周囲は無関心。過去の成功体験が忘れられない反対派もいる逆風のなか、諸星と数人の仲間で始めた「ディズニーを超える」という挑戦は、「売れない時代」の新しいビジネスモデルを創りあげていく―。長野県阿智村で実際に起きた実話に基づくビジネス物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404601508X
  • ISBN-13: 978-4046015082
  • 発売日: 2016/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,879位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Kanako 投稿日 2016/8/5
形式: 単行本 Amazonで購入
旅行関係の仕事をしているので、地域おこしの参考になるフィクションでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
題材は良いのですが、この作者は文章がとにかく稚拙です。中学生の夏の読書感想文には良いのではないでしょうか。
小説ではなく、あくまでもマーケティングを中学生向けに紹介した書籍だと思って読む終えました。
実際に阿智村を訪れ、天空の楽園の星空観賞会に参加しました。最悪でした。二度と行きませんし、人にも行かないことを薦めています。
スタッフの衣装やマーケティング内容は実際の阿智村も当書籍の通りでした。阿智村の天空の楽園は「星空」ではなく、「星空ビジネス」を見に行く場所です。ゴンドラからは沢山見えた星も、山頂ではイベント開始まではライトを全灯してあり星空は見えず、いざイベントが始まると雲ってしまっていて星空は見えず、星空が勿体無さ過ぎました。会場には自由に出入りできずに時間交代制なので、帰りのゴンドラに乗るために2時間待ち。2部には残れないため、晴れてきたにも関わらず山頂を追い出されて、詰め込まれた帰りのゴンドラでは凄く綺麗な星が見えました。星空と立地が勿体無さ過ぎました。二度と行きません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
長野県阿智村の観光による再生物語。地方創生の重要性が叫ばれる昨今、この物語は、事実に基づいているだけに多くのヒントを与えてくれる。阿智村の成功は、これまで見逃されていた観光資源としての星空によるのではないのだろう。本書に登場する観光コンサルタントのように、星空ビジネスを横展開するという発想では、真の地方創生には結びつかないことを著者は強調しているのだと思う。阿智村の星空のような成功事例があると、そっくり真似て2匹目のドジョウを狙ってしまいがちだが、それを物語の中でも失敗例として挙げている点に著者の深い意図を感じる。

気づかなければいけないのは、その土地独自の本当に価値あるものの発見なのであろう。全国各地で、これまで見えていなかった自らの価値の発掘がなされ、多くの国民がその真価を共有することができるようになったとき、この国は新たな成熟期を迎えるような気がする。

「売れない時代」にいる私たちに、新しい成熟したライフスタイルを著者は提示しようとしていると思う。ビジネス物語でありながら、実は新しい日本の方向性を示している書なのではないかと感じた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「村興し」というビジネスとして見た場合にとても小さな規模のテーマだからこそ、非常に本質的な内容が多いです。というのも、規模が小さいからこそ現場でリアルタイムに起きることが事業に大きな影響を与え、それを試行錯誤しながらチームで乗り越える過程は商売の原点である「商い」にとても近いからではないでしょうか。

さらに物語仕立てにすることで、淡々と概念を説明されるより圧倒的に言葉の重みが伝わります。例えば「顧客志向」という言葉1つにおいても、単語だけでは漠然とした概念としてしか理解できません。しかし、物語の登場人物たちが顧客志向を忘れてしまっていたり、ないがしろにしていたことにより失敗し、そこからその言葉が本当に意味することを理解していく様を見れば、その言葉の真の意味を学ぶことができます。

一気に読めてしまうほどストーリーも面白いので、読み物としても楽しいものになっていました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
永井さんの本が大好きで、この本も予約購入させていただきました。

読んでみて、やっぱり感動してしまいました。

特にグッときたのが、登場人物のひとりが「この仕事、世の中に役立っているんだな」とつぶやくシーン。

その、世の中に役立つ仕事の仕方が、具体的にイメージできるよう、ストーリー仕立てで描かれています。

個人的にすぐ実行したいのは、一緒に仕事をしているメンバーに、「俺たちの本当の強みは会社の規模やネームバリューではなく、このチームの志だ。」と伝えること。

なぜ現代において、それが本当の強みになるのかは、この本を読むときっと分かっていただけるかと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、これまでの「競争戦略のパラダイム転換」を提言している。

久しぶりに読み応えのあるビジネス物語だった。

なぜなら、著者が提言する根拠には、自らも関わった長野県阿智村が成功させた
ビジネスモデルの実践を、ストーリーへ変えて、書き下ろしているからだ。

特に、これからの「新市場創造」には、何が必要なのか?
どの業界でも、役立つ「実践のエッセンス」がわかりやすく綴られている。

読みやすかった。

私は、タイトルに時代性を感じて、書店で手に取ってしまった一冊だが
本書を読み「星空」の本当の意味と、素晴らしいを考えさせられた。

買いの一冊だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー