通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、カバーに使用感があります。少し、小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組み(超☆わくわく) 単行本 – 2012/5/1

5つ星のうち 3.7 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/5/1
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 381
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組み(超☆わくわく)
  • +
  • フリーエネルギー版 宇宙にたった1つの神様の仕組み (超☆わくわく)
  • +
  • 自然が教える農業のお手本
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 109pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◎森羅万象の母体物質「空(くう)」の実用化、テクノロジー化に取り組み、
フリーエネルギー装置、水質浄化装置、放射線等の有害物質除去装置など様々な成果を上げてきた市井の発明家・飯島秀行の功績の一部とその「本質的なセオリー」を紹介する本
◎これが唯一持続可能な地球運営システム――超本物技術群の全貌だ!
エネルギー、食料、医療、経済・・・すべての行き詰まりを乗り越えるためには、このたった1つの宇宙のしくみを理解することが必要である!
◎虫はなぜ発生するのか
◎水とは
◎汚れとは
◎音はとはなぜ発生するのか
◎飛行機はなぜ飛ぶのか
◎なぜ、どうして、こうなるのか
◎すべてを貫く原理というものを突き詰めた時、そこにはただひとつの神=宇宙の法則というものが存在しているだけだった
◎ただひとつの神の法則が存在することをあらゆる実践と実験で検証していった
◎虫が発生しない無農薬栽培ができた
◎有害物質は消えた
◎汚れた水は綺麗になった
◎放射線も消えた
◎糞尿・悪臭の改善も風力発電を使った水の浄化もできた
◎すべてを解決できるテクノロジーは確かに存在することがわかった
◎いくつかの装置も完成した
◎しかし世の中に提供するには多くの困難が待ち受けていた
◎宇宙に遍満する無限の周波数と人々の心の周波数が一致するときに、初めてそのテクロジーはこの社会に実体となって存在できるようになるのだろう
◎そのような社会の到来が一刻も早く実現することを願ってこの本を記した

内容(「BOOK」データベースより)

これが唯一持続可能な地球運営システム―超本物技術群の全貌だ!エネルギー、食料、医療、経済…すべての行き詰まりを乗り超えるためには、このたった1つの宇宙のしくみを理解することが必要である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: ヒカルランド (2012/5/1)
  • ISBN-10: 4864710104
  • ISBN-13: 978-4864710107
  • 発売日: 2012/5/1
  • 梱包サイズ: 19.5 x 13.9 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,535位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 純嘉 8 投稿日 2016/3/27
知花敏彦さんのお弟子さんの本なので、読んでみました。
真の自分は空気です。と本にも書いてありますが、納得です。何故かと申しますと、私は大気象理学(気学)を実践しているからです。人は自分に合った空気を採ると(祐気採り)運が開けたり、又剋気を犯せば、運が下がったりするのを知っているからです。YouTubeで覚者 知花敏彦氏の動画を拝見致しまして、長年やってきた気学の教えに、深い理解と洞察を得る事が出来たからなのです。
何故、空気で運が良くなったり、悪くなったりするのか!? そうか!空気が生命エネルギーだったのかと、今更ながらに、目から鱗でした。
肉体が生きている訳ではなくて、この生命エネルギーである空気を体内に取り込む事によって生かされているだけなのだと!今頃気付いた次第で御座います。
飯島秀行さんは、つい最近知花先生がいらっしゃると思われるシャンバラに旅立たれてしまったのですね!凄く残念です。
私が知花先生を知ったのも、ホント2ケ月程前なので、遅過ぎました。
最近、生体ミネラルと微生物にハマり捲っているので生活に取り入れていきたいと思います。
テネモスの商品が大活躍してくれています。

キリストとは、霊的に「精霊の守護を得た者」と言う意味をもつそうなので、正しく微生物=精霊ですので、一人一人がキ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本質を突くことばかりです。自分は農業だから特に土の改良に苦慮してたから麹菌を採取して培養して畑に散布すると良くなると。。 131ページ 実践し体感しました。 凄い内容の連続です。 
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
以前、著者が影響を受けたという真理伝達者の話を聞きに山梨までよくでかけました。それで著者の主張がよく分かります。ただし、その真理伝達者の話そのものが、精神的なもの以外、自然現象や技術的な事柄について、よく分からない事が多かったので、この本の内容もよく分からない事が多いのももっともだと思います。それでも長い間信じ込んで矛盾を感じませんでした。たとえば真理伝達者の直感により設計したという風力発電機の写真がありますが、今だと一見して、これはダメだと思います。プロペラ式では無いのに、羽根がまばら過ぎます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全部実験で確かめた、というタイトルが何を表しているかというと、
それは、万人が同じ状況で同じことを再現できる、ということです。

ということは、私のような、
「とても懐疑的であるが、本当にそうなら是非見てみたいし、信じたい」という人間が
数多く手にすることになります。

しかし、そこで目に飛び込んでくるのは、「一般人に伝える気ゼロの文章」。
例えば最初の三行目からいきなり
「発酵とは空を呼び込んで物質を作り出す仕組みだからです」
とか言われても全く意味が分かりません。

上でも書かれている方がいますが、言葉の定義がムチャクチャです。
「象と蟻を足すと虎になります。
これが人間となります。実にシンプルです」
みたいな文章を延々読まされるので、読んでてどんどん腹が立ってきます。

今までにない概念を打ちだそうとするのだから、相当する語彙がないのは理解できますが、
もっと第三者に分かりやすい簡潔な比喩、わかりやすい表現がなかったものでしょうか。
これは著者ではなく編集者の責任です。

もともと著者の考えに日頃から接している人には良かったのかもしれませんが、
そうでない、まったく知らない人からすると、そもそも評価のしようがない本です。
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いきなり第1章から読むより第2章の日本昔話から読むほうが
良いと思います。これらは外面的には意味がわかりづらい物語であるが
内面的には、すべて統一された聖書や仏典である。

発酵とは空(くう)を呼び込んで物質を作り出すしいくみです。
宇宙力とは常にニュートラルに戻そうとしている、「こうしてよう」という
圧力がかからなければ空(くう)を呼び込めない。いわば肉体は空(くう)
に動かされている状態です。全我の意識圧をかければ絶対なる善しか
現れてこない。なにか哲学者かなとも思いました。
微生物、病気について、プラス系は酸性、マイナス系はアルカリ性、の偏り。
農作物の病気は土壌の病気。人間の病気は作られるものと解釈。
海の海水は腐らないがバケツの海水が腐るのは海では吸引サイクルが
働いているから。常識にとらわれずに根の出ない挿し木に肥料の葉面散布
をした成功実験の話。
フリーエネルギーの話は実験の結果である物質の見方から、原因である
エネルギーの見方からに変えなければ理解できない。
宇宙に存在している学問は、たったひとつのみである。しかしたったひとつの学問
なのにたくさんの法則や定義をつけて教え込まされている。
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー